urauranus(ゆり)のあけてびっくりおもちゃ箱

「枡野浩一のかんたん短歌blog」にトラックバックで投稿するためのblogでしたが……??? 日々の記録……記憶。

Books

2017-07-17 12:01:12 | Weblog
買った本とか読んだ本とか読みかけた本とか

いつか別れる。でもそれは今日ではない F
(KADOKAWA)
本屋で見かけて買った。Fさんというツイッターやっている人が書いた本。
Fさんは男なのかな? と思って、開いたとこから読んでいたけど、女の人だったみたい。
本のカバーのそでには、「すれ違いも切なさも矛盾もすべては愛おしい」
好きな本で、いい本だと思う。

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法 Teststerone
(ユーキャン 自由国民社)
本のカバーのそでには、「世の中の99%の問題は筋トレとプロテインで解決します。本当です!」
本屋で見かけて、超ポジティブになれそうな本だなぁと思いながら立ち読みし、その日は買わなかったけど、やっぱり買おうと思って買った。
ダンベルは恋人! バーベルは裏切らない! とか、ダンベルに話しかけてるとか、笑いながら読んで、わたしもスクワットやってプロテインを飲もうと思った。
「心も筋肉と同じで傷つけんと強くならん」とか。
筋トレする男も女の人にすすめているが、どうかな???
女の人にも美しくなる為に筋トレとプロテインとフィッシュオイルとかすすめている。
プロテインはEXTENDを買おうと思い、本当にわたしもみなさんにおすすめしたい悩みも吹き飛ぶよい本だと思い、筋トレするゾ! と思ったが、血液検査の結果が届き、わずかだけど尿素窒素の数値が高く、たんぱく質の摂り過ぎはよくないみたいなんだけど、プロテインならいいの? どうなの?
ずいぶん前に受けた遺伝子検査では、たんぱく質が吸収されにくいだったか作られにくいだったか、たんぱく質しっかり摂らなきゃと思ったけど。

登山の運動生理学とトレーニング学 山本正嘉
(東京新聞)
昨日今日、天気が良かったら、伊吹山に朝日を見に夜行登山に行く予定だったけど、中止。
筋トレするなら、登山に役立つ筋トレをと思い、役立ちそうなので、買った。
スクワットはザックを背負うとか、ダンベル持って負荷をかけてもよい、とか、膝の故障に注意して片足で、とか。
下界で週に2~3回程度、筋トレを、スクワットと腹筋強化と脚上げ運動を、と。

音楽療法はどれだけ有効か 科学的根拠を検証する 佐藤正人
(科学同人 DOJIN選書)
まだ全部読めてない。

「音大卒」は武器になる 大内孝夫
(ヤマハミュージックメディア)
ざざっと読んだ。
音大生は真面目、だとあってそう思う。
本とは関係ないんだけど、思い出したことを書いてもいいかな。
十数年前、20代後半(かなぁ?)、短期バイトに行った。
年下の22歳くらいだったと思うんだけど、女の子の話。通信の大学に行っている、きれいな字を書く子だった。
従姉のお姉ちゃんが30代(半ばか後半だったか)で、音大生だったんだけど、社長の娘で別にお金にも困ってないのにホステスになってこんなにお金もらえるんだって喜んじゃって、ずっと水商売しかしたことなくて、もうあんな年で三十いくつで仕事なんかないの、とか言っていて、その子がしっかりしてるんだか、従姉のお姉ちゃん、かなり年下に知らないところでこんな風に言われちゃって、なんだか気の毒。
で、また別の人の話。
30代女性に仕事が全然見つからない、決まらないと相談を受け、
「ところでどんな履歴書書いてるの?」と見せてもらったら、水商売しかしたことなくて、それを正直に書いていて……。アドバイスしたと。

わたしにふさわしいホテル 柚木麻子
(扶桑社)
目次を見たら、わたしにふさわしいワイン、とか、わたしにふさわしいダンス、とか、全部、わたしにふさわしい○○ とあって、短編集? と好きなところから読み始めたが、短編集ではなかった。(よく見たら、目次には、第何話、ともあった。)
表紙がなんだか可愛かった♪
主人公は女小説家。
ちゃんと最初からもう一度読みます。
本とは関係ないことを書くよ。
きっと、みんなそれぞれに、自分にふさわしい物や人と出会ったり、引き寄せたりするんだと思う。

不倫純愛 新堂冬樹
(新潮社)
2時間ちょっとで読み終えた。
男小説家……ではなく、男編集者が主人公。

2017年度版 スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト 初めてでもわかる!うかる! 中村喜久夫
(TAC出版)
バラせる4+4分冊で、持ち歩けるのもよいと思い、今年二月か三月に買って、五月までは開いていた。が、全然進まなくて……。すっかり忘れていたのを思い出した。
今年はもう無理でしょう。
宝くじが当たり、不動産を買うゾ! という時に思い出してまた開いて、きっと役に立つ本に……なる予定。

中学生の頃か、決まった小さな本屋さんへ雑誌とか買いに行っていた。田舎で、そうは本屋さんもなかった。
その小さな本屋の中で、はちみつみたいな匂いがするようなふんわり薄黄色のオーラを放っている小さなコーナーがあって、ちょっとだけハーレクインロマンスが置いてあった。
その前に立ったことも本を開いたこともなかったけど、ちょっと気になってた。
で、15か16才の時に市の図書館で、1冊、ハーレクインロマンスを読んだ。
タイトルも主人公の名前も作者の名前も憶えてないけど、外国人の書いた主人公は日本とどこかのハーフの女の子だった。
読んで、なんだかとてもしあわせな気分で、とても満足して、この1冊で充分だと思った。
それ以来、ハーレクインロマンスを読んでないけど、この前、本屋でパラパラ見たけど、ペラいな、すぐ読めちゃいそう、面白いのかなー。

一昨日、おみくじを引いた。
第四六番 大吉
春風の吹けばおのずと山かげの梅も桜も花は咲くなり
この歌は、何度も引いて読んだことがある。
恋愛は、あわてず心をつかめ
どうやって? それを教えてほしいよ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出会い系 | トップ | 金の海月 銀の海月 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む