倉庫の日誌

http://digi-gene.shogakukan.co.jp/
でじじぇねにて『ロンドにゃあ』配信中です!

ロンドにゃあ〜〜〜〜♪

2017年03月18日 | Weblog
玖保さんの雑記からコピー(さぼりではありませんっ)。
『ロンドにゃあ』の新作をごらんいただけます。


配信始まりました。試し読みもできまする。

『いぬまみれ』Vol.5→http://sgkcamp.tameshiyo.me/D03935SGCAMP
『ねこまみれ』Vol.5→http://sgkcamp.tameshiyo.me/D03944SGCAMP

玖保さんが初めて挑戦した分野(?)の今回をアシスタントしていた時の事。
衝撃でした。
だって。衣装とか……………これモロに……………ダブルオーセ(げほげほゴホゴホ)

という事で、この漫画の回の主人公は脳内でダニ●ル・ク●イグに変換しながらお楽しみください♡







この記事をはてなブックマークに追加

実物

2017年03月13日 | Weblog
玖保さんから何やら国際メール便が。わっ。なんだろ、こないだ原稿は終わったし…?
と訝りつつ開封。


あれ?あ!ああああああっ!!!


限定発売のボウイの記念切手セットおおおお



ありがとう玖保さん!
玖保さんありがとう!

風邪が拗れて鼻で息ができませんが、心の鼻息が全開です。



この記事をはてなブックマークに追加

オスカーと全然関係の無いエマ&ライアン

2017年03月02日 | めりけん
油断してたら3月に入っちゃってた。いやぁねえ、もう。

そして、いろいろ大変だったらしいですね、アカデミー賞。ははは。

そんなわけで?オスカーの主演女優賞のエマ・ストーンとライアン・ゴ…じゃない方、ライアン・レイノルズさん出演しておる『ペーパーマン』(2009)観ました。
監督は『シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム』で脚本に参加したミシェル&キーラン・マローニー。
サンダンスがらみのインディペンデント映画のようです。

主人公の悩めるセンシティブ小説家リチャード(ジェフ・ダニエルズ)&キャプテン・エクセレント(レイノルズさん)


映画の内容説明はこの画像で充分かと思われますので割愛します(えっ)。
ドタバタギャグ映画かと思って見始めたら、意外な事に……とてもしみじみと良い映画でした。
画像からはあまり想像できないと思いますけど(^^;)
キャストもストーリーも大変好ましく、ちょっと80年代的な何かを思い出させたのですが、なんでだろ。

ライアン・レイノルズは普通の真面目なヒーローを演じない方が断然光り輝く逸材なのだという事を再確認。
『グリーンランタン』のナニはちょっとアレだったけど、この映画の彼はまさに完璧です。アホさが最高に可愛いです。
小説家のリチャードと友情を築いていくアビー役のエマ・ストーンはまだ十代、これまた可愛く、そしてグッとくる演技力です。
主人公はジェフ・ダニエル……間違いない演技なので、大船に乗った気持ちで存分に楽しめました。

レイノルズさんの素敵なぴっちりコスチュームにほんのり心が癒される事間違い無し!
是非、御覧ください。是非是非。おすすめでございます。
















この記事をはてなブックマークに追加

『ウルフ・ホール』の食事と皿拭くアメリカ人

2017年02月10日 | えげれし
イギリス歴史ドラマでヘンリーといえば、八世。
『チューダー』とか『ブーリン家の姉妹』とかいろいろありましがた、先日『ウルフ・ホール』という小説原作の英国連ドラ(全4回)を視聴しました。
ヘンリー八世お抱えの政治家で、宗教的革命(例のあの離婚問題に関連して)を指導したトマス・クロムウェルという人が主人公。

1.主なキャストがかなりオヤジでございますが、名優揃いです。他も八世をダミアン・ルイス、クロムウェルの侍従をトーマス・サングスター(ゲームオブスローンズにも出てますね)、クロムウェルの息子役をトム・ホランド(最新版のスパイダーマン)が演じてますのでご安心ください(?)
2.政治の話がめんどっこいです。まあ、それが主題だから仕方ないけど(ブツくさ)
3.チューダー時代の上半身のみ超ビッグファッションと、ずれて重ねたパンケーキみたいな帽子がちょっとつらい(なぜこんな面妖な…まあ日本も人の国の事言えないけど)

たとえキャストが目に厳しくとも、地味だけどエキサイティング?なドラマでした。


楽しい相関図♡(axn公式よりhttp://mystery.co.jp/programs/wolf_hall)

そして全然どうでもいい事がどうにもこうにも気になった。コレです。



真ん中の女性に関してはおいておいて(ごめんね)、おじさん達が皆、肩に何か布を掛けておりますね。
これ、ナプキンです。食事は手づかみで、指の汚れをこの肩に掛けたナプキンでいちいち拭き取るわけです。
時々スプーンが登場しますが、基本的にご飯は手で取ってモグモグ。手をフキフキ。こういう時代だったわけだ。勉強になる。
なるほど、便利………っていうか、なぜ肩に担いでるのか?テーブルの上でいいじゃないの?って思わなくもありませんが、
ちょうど胸の前に布が垂れ下がっている状態は大変手を拭きやすく便利ではある。合理的、という。
膝の上に置いてある風な人もいましたが、男性は肩から掛けてる。けど女性は掛けてない。

で、このようなシーンが登場するたびにデジャビュを感じておりました。

突然ですが、アメリカのドラマとかで、男の人が料理したり皿吹いたりする時、なぜかフキンを肩に掛ける!しかもなぜか男性が多い。
それって、コレの名残なのか?!どうなんですかっ!?っていうどうでもいい事が凄く気になりました。
本当にどうでもいい事なので、多分世界中で気になったのは私だけでしょう。うん。いいの、いつもの事だから。



それは兎も角、マーク・ライランスが本当に素晴らしかった(渋い………!!『ブリッジ・オブ・スパイ』でも渋かったが)ですし、八世がらみの話としては今までで一番面白かったのです。
いつか原作も読みたいものです。

てことで、真冬の週末の夜に酒でも飲みながらご覧いただく、というのは如何でしょう。
ついでにナプキンを確認してくださいね♡



この記事をはてなブックマークに追加

『ドクター・ストレンジ』観てきた

2017年02月08日 | Weblog
マッツのけなげな宣伝姿に敬意を表して、生まれて初めて!アイマックスというものでこの映画を観てきました。
いやー凄かった。慣れぬ3D画像と素晴らしい音響のおかげで、座席の中でずっと固まりっぱなしに。
もうへとへとだった(笑)。


お経を取って帰ってきてから本当にいろいろあった三蔵法師風、ティルダ師匠

ストーリーはこの際置いておきまして(えっ)、この映画のどこが最高かと言いますと、

1.ティルダ・スウィントンvsマッツ・ミケルセンの魔術対決。かっこよすぎる……ああ神さまありがとう。
2.マッツ・ミケルセンとカンバーバッチの魔術混じりのどつき合いアクション対決。素敵。
3.キウェテル・イジョフォーがマーベルものに出よった……。マーベルの吸引力凄いな。
4.『インセプション』風の空間グニャグニャがとんでもなく気持ち良く、いつまでも見ていたい。

以上でございます。

別にストーリーでは感動しませんが(えっっ)、是非3Dでご覧になる事を強くお勧めします!!
素晴らしいです!!スタン・リーも相変わらず可愛いし!


印象的なギャグシーン貼っとこ。






この記事をはてなブックマークに追加

マッツがこたつ

2017年02月05日 | めりけん
『ドクター・ストレンジ』のプロモーションでマッツ・ミケルセンが来日。
公式ツイッターの宣伝動画がえらいことに…


「こたつにはいっています」って………なぜ入ったの至宝(涙)。
本邦はどんなスターにもこのような事をさせる傾向にある。はっぴ着せたり。
そうじゃなくて、どうせなら花魁の隣で着流し着せて煙管持たせろ!いやがられるかもしれないけど豪華さを目指して!

映画の宣伝サービスが選りによって、こたつと豆なわけか!?
おかしい。絶対におかしいから。断固宣伝デフレ脱却希望します。

ま、可愛かったですけどね。なんだかんだ言いましたけど。いいんだけど。いいのかよ。







この記事をはてなブックマークに追加

横に広い可愛さ

2017年02月01日 | Weblog
どうしてこんなに広いのか。この柴犬よ。



この記事をはてなブックマークに追加

ラインスタンプに関してお問い合わせのメール頂きました件ですが

2017年02月01日 | お知らせ
えーとですね、この件に関しましては大変奥歯にものの挟まったようなお答えしかできかねると言いますか、ギリギリのせんで「少々お待ちいただけますと幸いです」という感じになっております。

ハッキリしなくてごめんなさい!!


……というような事を掲示板にてお返事のかわりとさせていただきました。
メールに返信をお送りしたいのはやまやまだったのですが、なかなか微妙な問題でして、本当に申し訳ございません。
このブログをお読み頂けている事を祈りつつ…。

ともあれ、お問い合わせいただき、また、使いたいと思っていただけた事に心より御礼申し上げます。
再度発売する際には当サイトトップでお知らせいたしますので、時々覗いていただけたら嬉しい。
どうかよろしくお願い申し上げまする。




この記事をはてなブックマークに追加

ジョン・ハート追悼

2017年01月28日 | えげれし

若き日のジョン・ハート。かっこよすぎる。

テリー・ギリアムの『ドン・キホーテ』役を降板した頃から覚悟はしておりました。。。どうかあの世でおたっしゃにお過ごしくださいませ。

出会いが『エレファント・マン』、素の顔を初めて観たのが『パートナーズ』の若干オネエっぽいゲイの刑事役。
ここで完全にはまった。すごく面白い映画なのでオススメです。
次に観たのは『エイリアン』で卵を産みつけられて死んじゃう役。まあ、リプリー以外みんな死ぬんだけど、一番最初に死んじゃって大ショックだったなぁ(笑)。
多分追悼の連続放映などがいろんな配信サービスで開始されるはずなので(絶対そうに決まってる)、お見逃しなく!


この記事をはてなブックマークに追加

ほっこり とは

2017年01月24日 | Weblog
遠きにありて想うもの。

皆様ごきげんよう。ぞんざいな暮らし系中年女子、石渡です。

私にとって、ほっこりとは…可愛いファンタジー絵本みたいな、ホビット村?みたいな憧れの地だったのに。行かないけど有って欲しいみたいな。いつか行きたいムーミン谷っていうか。
あっ、私また訳わからん事書いてますね。

要するに久しぶりに本屋の雑誌売り場に行って、クウネルの表紙に驚いたという。世の中はどんどん変化しているんだね。うんうん。わかりますん。






この記事をはてなブックマークに追加