プラムフィールズ27番地。

本・映画・美術・仙台89ers・フィギュアスケートについての四方山話。

< 増山超能力師事務所 >(ドラマ視聴)

2017年05月14日 | ドラマ。
ココリコ田中が主役。
でもわたしは「みんなのいえ」くらいでしか見たことがないので、本人のキャラとあんまり離れず、
善人でアワアワな人の役柄しか知らなかった。――別に「みんなのいえ」はアワアワっていうほどアワアワではないですね。
普段の性格がイメージに影響を与えている。

そしたらこのドラマは、まあ深夜滞のユル系とはいえ、けっこうシリアスめの役柄をやっていて意外。
主役なんです、一応。あんまり映っている時間は長くないけど。
ヒロインに惚れられる役をやっている。ええ~、田中が惚れられる役~?とオドロキ。
しかも田中は妻子持ちで、愛妻家という設定なので、ますますオドロキ。
でもけっこうこの役、ハマってる。それもオドロキです。

脚本はあんまり……練れてるもんじゃないんだが、深夜枠で最初からそこまでの期待はないからそんなに気にならず。
役者もどっちかいうと地味目。柄本時生が出ていることがウレシイ。
むしろこっちが主役に思える浅香航大なる人は……けっこういろんなものに出てるようだが、
まあ見事に初見。あの役柄の髪型が何とかなればもう少し印象が違ったのかもしれない。

ただ最後はまったく話が収束しないで終わるよなあ。
田中の奥さんに芦名星なんて役者を持ってきているにも関わらず、なんも収束してないどころか進展もしていない。
進展をしないものを収束なんて出来ないだろうが、だったら大風呂敷になりそうな設定はやめとけばいいのに。
シリーズ化は……しないと思うんだよ。盛り上がり的に。
まあでも2があったら見るけど。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇ 中央公論社「日本の詩歌 ... | トップ |  ◇ スティーグ・ラーソン「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL