プラムフィールズ27番地。

本・映画・美術・仙台89ers・フィギュアスケートについての四方山話。

◇ 梨木香歩「f植物園の巣穴」

2017-04-21 00:07:11 | ◇読んだ本の感想。
久々に読んだ梨木香歩は相変わらずの不思議ちゃんなのであった。
主人公のことを説明せずにどんどん話がファンタジーへとずれ込んでいく。
でも好きなんですけど。明治期っぽい青年の話を書かせたらピカ一ですな。

……が、ピカ一はピカ一でいいんだけども、「家守綺譚」のシリーズとあまり差別化が出来てないと思って気になる。
「家守綺譚」と「村田エフェンディ滞土録」は同じ作品世界の話ということで納得できるけど、
「f植物園の巣穴」もむしろ「家守綺譚」のシリーズのなかで処理すべきじゃなかったかと思う。
同工異曲すぎるなあ。

タイトルからは、主人公が女の子っぽいイメージを持ってたな。
そのせいで主人公をつかみきれないまま最後まで読んでしまったかも。
まあとにかく好きなんですけど。できればシリーズのなかに収めて欲しい。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

f植物園の巣穴 [ 梨木香歩 ]
価格:540円(税込、送料無料) (2017/3/24時点)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« < 千住クレージーボーイズ... | トップ | < 宮本亜門演出・ミュージ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL