実況パワフルナゴヤドームライスタ 2017

勝つことが最大のファンサービス!

マイルストーンホルダー・岩瀬仁紀

2017年07月06日 | ドラネタ
前人未到の大記録がすぐそこまで来てます。

達成は時間と共にやって来ると言っても過言でないくらい復活した今シーズン。開幕から主に入団当初の職場であったセットアッパーとして起用。特に6月の成績はまさに“天下無双”14試合に登板し防御率は驚異の「0.00」。被安打もたったの4本と文句のつけようがない結果を残した。
しかし、なぜ中日球団はもっともっとこの大偉業をアピールしないのか?
最多登板まで『9』‼カウントダウン始まってますよ!
事の重大さを分かってるのか!この球団は?
今年も平日ゲームのナゴヤドームは閑古鳥が鳴いている・・・
ファンをドームに呼び込むチャンスではないのか。
指をくわえて見てる場合ではない。
ファンが喜ぶサービス考えよ。



【プロ野球創設】
1920年、早稲田大学野球部OBらによって日本初のプロ野球チーム日本運動協会(芝浦協会)が、1921年には天勝野球団が創設されたが両球団とも後に解散。1934年、読売新聞社の正力松太郎によって大日本東京野球倶楽部が創設され、1936年には日本初のプロ野球リーグ日本職業野球連盟が設立された。

【最多登板記録】
1936年設立依頼81年の長きに渡る歴史が今年2017年に動きそうだ。
米田哲也の949試合登板は、王貞治の本塁打・868本、福本豊の盗塁・1065、金田正一の400勝などと並び”絶対破れない記録“の1つとされてきたものの1つだ。それを岩瀬がクリアしようとしている。今のままのペースなら今月中に達成が見込まれる。
岩瀬は現在940試合登板。(7/5現在)
達成するだろう950試合登板とは、どれだけ凄い登板数なのか!
現在、最多登板は米田哲也さん949試合登板。
現役では歴代10位にソフトバンクの五十嵐亮太投手が739試合登板してるが、200試合程の差がある。
また、シーズン最多登板記録は久保田智之さんの、何と90試合登板は驚異の数だ。
しかし、岩瀬の記録はこの年間90試合登板を10年連続で続けても及ばない登板数は、まさに鉄人。
【米田・金田との比較】
先発、完投が当たり前だった米田、金田と比べ、リリーフ専門の岩瀬の「登板数」はあまり評価されないかもしれない。実際、岩瀬が投げた投球回数は1000イニングに満たないが、米田、金田は、5倍以上投げている。とは言え、毎日ブルペンで肩をつくるリリーフ投手は重労働で、往々にして短命で終わることが多い。大学、社会人を経てプロに入団した遅咲きの岩瀬が、最高記録を打ち立てようとしていることは、評価されるべきではないか。
【セーブ記録】
先月6/23日、讀賣戦1-0とリードした9回2死一、二塁で登板し、代打亀井を二ゴロに仕留めた。これにより、2014年7月31日の広島戦以来、3年ぶりのセーブを挙げた。
42歳のベテランにとっては通算403セーブ目で、自身の持つNPB史上1位の記録を更新した。
NPBの通算セーブ数5傑
1.岩瀬仁紀(中)403
2.高津臣吾   286
3.佐々木主浩  252
4.小林雅英   228
5.藤川球児(神)223
岩瀬が入団時の役割は7.8回を任せられる中継ぎ投手だった。抑えになったのは30歳の2004年のシーズンの途中から。翌05年以降は9年連30セーブ以上という金字塔を打ち立てた。抑えになってからわずか7年目の10年に250セーブをクリアして名球会入りを果たしてる。
【隠れたホールドポイント】
岩瀬はもう1つ、隠れた記録ホルダーである“可能性”がある。「可能性がある」と書いたのは、正式なデータがないからだ。
ホールドポイント(HP)だ。
岩瀬はこれまで「79」のHPを得ている。これはさほど驚く数字ではない。最高記録は巨人・山口鉄也の「324」。
しかし、HPという記録は、岩瀬が抑え1本となっている05年からカウントされるようになったことを忘れてはないらない。岩瀬は1999年から04年の途中まで中継ぎ投手だった。
主に接戦や勝ちゲームで60試合程度の登板を重ねてきた岩瀬。もし入団した時からHP制度が導入されていれば年間40程度を稼いでいたことだろう。6年間、40ずつHPを稼いでいたら「240」。05年以降が「79」だからトータルすると「319」。実質的に歴代最高記録級の活躍ということになる。岩瀬は、抑えとしてだけでなく、中継ぎ投手としても日本有数の実績を残してきたのだ。
【さらなるタイトルホルダー】
歴代最多登板だけでなく、40代のシーズン最多登板にも近づいている。記録は48年若林忠志さん(神=40歳シーズン)の48試合、更新の可能性は十分だ。また、20ホールドに救援の2勝を合わせた22ホールドポイントは、マテオ(神)の26に次ぐセ2位。43歳を迎える年にタイトル奪取となれば、97年大野豊さん(広=防御率1位)の42歳を上回る最年長タイトルホルダーとなる。
さらに、投球内容で見逃せないのが被本塁打0。今季35試合以上に登板した両リーグ12投手の中では岩瀬しかいない。このまま、50試合以上に登板し被本塁打0で通せば、05年の自身も含め延べ21人目で、12年ウィリアムス(西)の37歳を上回る40代初の快挙となる。

などなど・・・などなど、こんな凄い投手がマウンドで投げる姿見たくないですか?
ドラファンだけでなくプロ野球ファンなら歴史の重みを感じてみて下さい!
って!何で私が中日球団がやらなあかん営業アピールしてんの?
昇竜dayとか言ってユニフォーム配ってりゃ良しと思ってる職員さん、仕事しな!
ドーム、ガラガラだよ・・・。
岩瀬コールで拍手喝采、やんやの大声援をナゴヤドームで作りましょ!

そして来年は1000試合登板を目指すことになる。
『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラゴンズの弱点 | トップ | 35億!京田がドラゴンズを引... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラネタ」カテゴリの最新記事