安心して受けられる医療とは? 誤診でも… 

誤診につぐ誤診、でも医療の世界では誤診とは言わないそうです。
安心して受けられる医療とは?皆様と考えていきましょう。

【高齢者交通事故】・・・署名のお願い

2016-11-18 | 署名
署名をお願いします。http://seina.jp/signature/

1.免許更新制度の改正
後期高齢者(75歳〜)の運転免許更新を毎年にし、シミュレーションの厳格化及び義務化。不適合なら運転免許を強制的に返納する制度

2.免許返納後の交通手段の確保にむけた取り組み
免許返納後の交通手段の確保にむけた取り組み(例えばタクシーの利用補助や循環バスの増便補助)

3.自動車技術開発のより一層の発展
人身事故の防止にむけた自動車のより一層の技術開発

【高齢者交通事故】16歳の娘亡くした母「娘は人生のすべて」 高齢ドライバーに怒り 禁錮2年6月求刑 


 「人生のすべてだった聖菜(せいな)に会いたい、返してほしい」。昨年12月、さいたま市浦和区の市道で公立高1年、稲垣聖菜さん=当時(15)=が車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪に問われた高齢男性の論告求刑公判が16日、さいたま地裁(古玉正紀裁判官)で開かれ、母の智恵美さん(47)は意見陳述で、娘の命が高齢ドライバーの不注意で奪われたことへの怒りをあらわにした。(宮野佳幸)

 男性は同区の無職、河内節二被告(81)。起訴状などによると、昨年12月23日午後2時35分ごろ、乗用車で渋滞待ちをしていた車に追突、さらに車道脇を歩いていた聖菜さんに衝突し、胸部大動脈破裂で死亡させたとしている。

 智恵美さんは意見陳述で「自慢の娘で、本来なら部活動、勉強、おしゃれも恋も充実した日々を送っていたはず」と無念さを語り、事故当時を「記憶にない」と話す被告について「犯した罪を実感できる環境を強制的につくってほしい」と実刑を求めた。父も「私たちの命を奪われたも同然」と現在の心情を訴えた。

 検察側は論告で、聖菜さんに向けてハンドルを切った河内被告を「歩行者に注意しようという意識自体がなかった」と指弾、禁錮2年6月を求刑した。河内被告は「自分が犯した罪の重さに申し訳ないとしか言いようがない」と謝罪した。

 公判後に取材に応じた智恵美さんは「能力がないのに運転していることがおかしい、という世の中になってほしい。そうじゃないと聖菜が浮かばれない」と、高齢ドライバーによる事故が相次ぐ現状に涙をこらえながら語った。

 聖菜さんの友人らは事故後、75歳以上の高齢者に運転免許証更新を毎年課すことなどを求める署名活動をインターネットで行っている。詳細は智恵美さんのブログ(seina.jp)で紹介されている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (15)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発信箱 親の願い・・・竹田... | トップ | 点滴穴開き、院長、関係者関... »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-11-19 22:19:33
誤字のお知らせ
シュミレーションじゃなくて"Simulation"シミュレーションです
修正しましょう
Unknown (Unknown)
2016-11-19 22:24:10
『運転能力が無い』のに運転できてしまうすべての元凶は『ATオートマ車』です!!!
ATオートマ車を法律で禁止していれば、聖菜さんは今も生きています
真実から眼を反らさないで下さい!!!!
MTなら彼らは運転できず、運転を辞めますよ
もっと厳しく (もり)
2016-11-19 22:26:54
75歳からではなく、70歳からでいいと思います。
そもそも後期高齢者講習の内容も簡単すぎるので、教習所内だけではなく実際の道路でもやらなくては意味がないかと。
シミュレーションテストだけでなく、免許取得時並みの筆記試験もするべき。

私も親として、声を上げていきたいと思います。
頑張りましょう。
有難うございます。 (urara-30)
2016-11-20 09:14:11
朝起きてビックリ。訪問者数1227Ip です。開設して以来最高です。みんながこういう署名を待っていたのですね、、、悲しいことだけど。聖菜さんのご家族に感謝申し上げます。

私の父も83歳まで免許所持、自らの意思で返上しました。認知症が顕著になったのは4年後、返上していなかったらと思うとぞっとします。被害に合われた方も高齢者を抱える身としても切実でな問題です。皆さんが関心を持って下さったことが嬉しいです。

コメントを有難うございました。

Unknown (Unknown)様
シミュレーション 修正しました。
ご指摘を有難うございました。

Unknown (Unknown)様
免許がないので、わかりませんが、ATオートマ車は制御が難しくなるときがあるのですね。そういえば父は最後までATオートマ車は危ないからと、マニュアル車(MT)に乗っていました。安易に高齢者にATを進めることも問題ですね。

もっと厳しく (もり)様
ありがとうございます。そうですね。人の命に関わることですもの。

スマホでの署名も出来る様にしてください (平松)
2016-12-15 21:37:15
スマホでの署名も出来る様にしてください
同感 (スガマサキ)
2016-12-15 21:41:02
高齢者の自動車の運転免許廃止を、求める
ニュース見ました。 (匿名)
2016-12-15 21:43:06
私の父も若い時から70代までずっとドライバーでした。
70を過ぎて突然ドライバーを引退。
一切運転しません。理由は車と運転が好きだから、だそうです。 いつまでも往生際悪く運転するのもどうか?と思います。先日老齢のタクシーに乗った時、急ブレーキを踏まれびっくりしました。ひたすら謝ってくれましたが、いくら家計のためかもしれませんが転職してほしいと思いました。本当に危なっかしい。
Unknown (izumi)
2016-12-15 21:58:15
署名のサイトに行けません。ですが、私も高齢運転者の父を持つのでコメントさせてください。車がなければ、買い物にも行けません。行きたいところにも行けません。ですが、事故を起こしたらそれまでの豊かな人生が、一瞬に無くなってしまいます。免許返上できない方のために法律というルールを作るしかないと思います。不自由さの解消は、そこからまた考えればよいのではないでしょうか。
有難うございます。 (urara-30)
2016-12-16 00:31:53
今署名のサイトを見てきました。
25,000人まで残り4,211人の賛同者が必要です!
とあります。トップに示したサイトで署名ができます。
よろしくお願いします。

平松様
有難うございます。
私は中継ぎですので、スマホ開設はできないのですが、できればいいですね。

スガマサキ様
ありがとうございます。
車は凶器、安全な運行に注意を払うことは、あたりまえですよね。

匿名様
有難うございます。
タクシーでの急ブレーキ、驚かれたでしょうね。
何事もなくて幸いでした。

タクシーの運転手さんはベテランで安心と思ってしまいがちです。実は娘も外堀通りを自転車で走っていて、曲がってきたタクシーにぶつけられました。娘は咄嗟にハンドルを切って飛び降りましたので、無事でしたが、壊れた自転車を見て、タクシーの運転手は1万円を握らして走り去りました。見ていた方達の通報によって、警察で話ができました。若い子だから無事だったけど、中高年の女性だったら頭から落ちてたいへんなことになることもあるよ。と聞かされてゾッとしました。
70過ぎの運転手でしたが、それまでもいろいろあったらしく、付き添ってきたタクシー会社の責任者は、運転をさせませんと頭を下げていました。タクシーの事故を見聞きするたびに、プロなのだから安全の確保は絶対条件だと思います。

お父様はしっかりなさっているから、決断も出来たのでしょう。

izumi様
有難うございます。
本当に仰るとおりです。高齢だからこそ、車が必要なんですよね。
父もまだ歩いてくれますし、都内だから何とかなると思っています。いざとなったら、父の貯金を切り崩してタクシーに頼ろうと思っています。
だからこそ、タクシーの補助やタクシーの安全を確保してほしいと思ってしまいます。

特に地方は車社会、何らかの整備をしないと運転を辞める決断は難しいものがあるでしょうね。

署名はこの一番上に示したサイトから入れます。
よろしくお願いします。

--------------------
皆様
本当にありがとうございます。
コメントを読ましていただいて、父の決断が正解だったとつくづく思います。認知症がすすんだいま、運転免許は大きな財産だったらしく、まだ、車があるように話しているときがあります。昭和20、30年代に免許を取得した方達にとって、車の運転は誇りでもあるのでしょうね。

高齢者の話になっていますが、車は走る凶器になります。若い人でも適性のない人や安全の自覚のない人は厳しく選別したり、再教育の判断する制度も合わせて必要かと思います。

安全な社会を目指しましょう。
すでに崩壊している我が国の交通教育 (哲丸)
2016-12-17 00:09:00
元自動車学校技能検定員です。甘い高齢者講習でほとんどの高齢者が免許を更新できてしまう制度を早く厳格化しなければ、悲惨な事故は今後も増え続けていく。また、高齢者のみならず、検定合格率100%、卒業生の99%が規定時間で教習を終えている自動車学校の調査に国が入らないのが不思議でならない。ありえない話しです。誰でも免許が簡単に取得できてしまう制度改革を!
高齢者、免許証返納 (ナッシュ)
2016-12-17 00:09:58
高齢者の運転事故が、この頃、多いけど、返納する年齢が遅すぎると思う。
少しでも、認知症の疑いのある人、あと、周りを気にせず、法定速度以下で走ってる、高齢者は、返納すべきやと思ってます。
すでに崩壊している我が国の交通教育 補足 (哲丸)
2016-12-17 00:16:43
ちにみに私は、厳正な検定を行っていたにも関わらず、管理者から不合格者を出すな!教習所の評判が落ちる!と言われ、不合格者に甘い点数をつけて合格させる検定に嫌気がさして辞めました。国は本腰を入れて、高齢者講習や検定試験の調査に入るべきです。
署名をしたいのたが (saints)
2016-12-17 00:33:04
そもそも、論点をどこに落し所をしているか。
高齢者ドライバーと云う括りで、論点をしているのは、
大きな問題が残るだけ。

例えば、高齢者にはAT車とマニュアルがある。
問題を深堀し、浮彫にしていかなければならない。

免許更新機関を高齢者に限っては、
試乗を構内で行う。

筆記は勿論、不可欠。

更新期間を1年無いし、半年スパンで行う。

それらの料金改定。
半年目は、無料にする。

年々、更新をする度に感じるがゴールドでも
自転車講習があり、メディア等で情報を得ているが
高齢者には、ネット社会が縁遠い。

問題点は、多々ある事を詳しく調べて
高齢者、65歳もしくは、60歳でマニュアル車しか
保有出来なくする。

そもそも、免許を保有していないから
アクセルペダル、ブレーキペダルが右足だけで
運転出来てしまう。という創りに問題がある。

マニュアル免許を保有しているが、
自分で運転している感覚がAT車とでは、異なる。

2万5千人の署名活動では、世の中変わらない。

自転車の運転マナーも悪い事を多々感じる。

歩行者も横断歩道では無く車道を堂々と渡る。

車、バイク、自転車を運転するが危ない目に合う事や目にすることがある現状である事をふまえての広い活動をするのであれば、私で宜しければ知恵や一緒に議論を交える事は、出来るので、宜しくお願い致す。
追記 (saints)
2016-12-17 00:55:32
アクセル、ブレーキペダルの大きさも違うのを
良くご理解頂きたい。

高齢者で無くても、AT車の方は、
パニックを起こすと
目の前、腕、脚の連動する行為自体が
バラバラになる。
人間、目視、腕、脚、頭を連動させる事が
どれだけ大変なのか?

色々な方から、実際お会いして
耳やデータ分析等、一つの問題であっても
多角的な見解をして、それらを署名として
活動する事に有意義がある事をご理解頂きたい。

世の中、若者たちである方が思っている以上に
壁は、分厚いので。

弁護士や有識者の方にも耳を傾ける時間が
大いに必要な問題なだけに。

まだまだ、未来のある一人の命が奪われた事には
間違い無いが、公安局、警察関係の省庁に意見を
纏めて、どれだけ濃密に出来るか?
まだ、若いお二人には、厳しい壁がある事を念頭に置いてください。

ネットで情報を得るのは、リスクが高い事もお忘れなく。

ちゃんと、後ろ盾をしっかりする事を身に付けておらぬのだから、危険な橋を渡る為の下準備を怠らない私には、協力致しますよ。
有難うございます。 (urara-30)
2016-12-22 00:27:45
哲丸様
教習所の内部事情を教えて下さって有難うございます。

ナッシュ様
周囲に配慮できなくなったら、運転は控えた方が無難ですよね。

saints様
マニュアル車を制御できなくなったら、運転返上。確かにそうですね。
今、自動運転の車の開発とか出てきていますけど、そうなると、人はますます運転の技術が必要なくなります。
例えばパソコンを使っていて思うのですけれども、一つ一つ設定していた時代と違って、今は初心者には扱いやすいかもしれないけれども、何か問題が生じたときに対応が難しくなっています。あまりにオートマ化が進むと対処できなくなる、暴走する可能性はありますね。

障害のある方達にとって自動運転は必要と思いますけれども、体を使える人たちには自分で判断できる運転の方が鈍くならなくていいのかも、、、と思ったりします。

皆様
本当に有難うございます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。