安心して受けられる医療とは? 誤診でも… 

誤診につぐ誤診、でも医療の世界では誤診とは言わないそうです。
安心して受けられる医療とは?皆様と考えていきましょう。

「検診を普及すべき」 原告側・・・子宮頸がんワクチン訴訟

2017-03-06 | ワクチン予防接種
「検診を普及すべき」 子宮頸がんワクチン訴訟で原告側
2017年3月3日 (金)配信朝日新聞

 子宮頸(けい)がんワクチン接種後の副作用を訴える東海地方の女性11人が、国や製薬会社に損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が2日、名古屋地裁であった。原告側は「検診は、適切な治療と組み合わせればワクチンより発症を予防できる。検診を普及すべきだ」と訴えた。
 原告側は、発症リスクの高いウイルスの遺伝子型15種類のうち、ワクチンが対象とするのは2種類で、「ほかのウイルス型の発症を防ぐことは予定していない」と指摘。体調が安定しない原告の10代女性は、「高校を卒業したが就職先は見つからなかった。不安な日々です」と訴えた。
 被告のMSD社とグラクソ・スミスクライン社によると、この2種類によるがんの割合は20~30代で70%以上だという。また、検診は「感染自体を発見できず、病変を必ず発見できるとも限らない」と指摘。ワクチンの安全性と有効性は医学会や国際機関で確認されており、「積極勧奨が差し控えられたことで、日本人女性がリスクにさらされている」と訴えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富山県厚生連を提訴 男性、... | トップ | カルテなしで和解 浜松の女... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワクチン予防接種」カテゴリの最新記事