安心して受けられる医療とは? 誤診でも… 

誤診につぐ誤診、でも医療の世界では誤診とは言わないそうです。
安心して受けられる医療とは?皆様と考えていきましょう。

手術死問題で・・・医療安全学ぶ講座新設へ 群馬大

2016-11-02 | 医療過誤情報
医療安全学ぶ講座新設へ 群馬大、手術死問題で
2016年11月2日 (水)配信共同通信社

 群馬大病院で男性医師(退職、懲戒解雇相当)の手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、大学側は1日、病院改革の工程表を発表し、医学部生らが医療安全などについて学ぶ講座を来年4月にも新設する方針を明らかにした。患者目線に立った医師や医療技術者の養成を目指す。病院改革の一環で、全国でも珍しい取り組みという。
 大学側によると、名称は「医療安全・管理学講座(仮称)」で、職業倫理や、医療事故発生のメカニズムを学ぶカリキュラムを検討。国内外の大学との連携も視野に入れる。田村遵一(たむら・じゅんいち)病院長は記者会見で「教育や診療などの改革を通じて地域に貢献できる病院にし、問題の再発防止につなげたい」と話した。
 群馬大病院では男性医師の腹腔(ふくくう)鏡や開腹の手術を受けた18人の死亡が2014年に判明。その後の病院の調査でさらに12人の死亡も明らかになった。第三者調査委員会は今年7月末に「病院全体のガバナンスに不備があった」とする報告書を大学側に提出した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮城知事 教員断罪納得でき... | トップ | <広島・中3自殺>誤った進... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。