安心して受けられる医療とは? 誤診でも… 

誤診につぐ誤診、でも医療の世界では誤診とは言わないそうです。
安心して受けられる医療とは?皆様と考えていきましょう。

内視鏡検査でホルマリン液を誤注入・・・兵庫・姫路の病院

2016-10-14 | 医療過誤情報

ホルマリン液を誤投与 患者56人、男性に後遺症 兵庫・姫路の病院
2016年10月14日 (金)配信共同通信社

 兵庫県姫路市の製鉄記念広畑病院の医師らが昨年7月、内視鏡検査の患者に精製水と誤り、ホルマリン液を投与したことが13日、病院などへの取材で分かった。誤投与したのは10~80代の最大56人。同市の70代の男性患者1人が健康被害を訴え、現在も全身の神経痛などの後遺症がある。

 男性患者は13日、業務上過失傷害容疑で、担当した同病院内科部長の男性医師に対する告訴状を県警網干署に提出した。受理される見通し。

 病院は取材に「院内で運ぶ場所を間違え、医師も中身を確認しなかった。気付くタイミングがあり、きちんとチェックしていれば避けられた」と釈明。昨年12月に「医療事故調査報告書」を姫路市保健所に提出したが、公表はしなかった。「患者56人全員に説明しており、必要ないと判断した」としている。

 病院などによると、院内の薬剤部で調合したホルマリン液を手術室に運ばず、契約職員が間違って内視鏡センターに搬送。検査で使用した医師も中身を確認していなかった。ホルマリン液が入った箱には「精製水」の表記があり、上からペンで「×」と書かれていた。

 昨年7月22、23日に内視鏡検査を受診した56人に誤投与の可能性があり、男性患者は同22日、超音波内視鏡検査のため十二指腸に10%ホルマリン液を120ミリリットル注入され、嘔吐(おうと)や下血の症状が出た。後遺症や治療薬の副作用で行動範囲が狭まるなど日常生活に支障が出ているという。他55人の注入量はいずれも数ミリリットルとされ健康被害はない。

 男性患者の弁護士は13日、姫路市内で記者会見し「病院は投与する液体の中身を確認する義務を怠った。男性が痛みを訴えたのに誤投与を疑わず、検査を中止しなかった」と批判した。

 広畑病院は1940年、日本製鉄広畑製鉄所病院として開設、兵庫県の民間病院で唯一救命救急センターを併設する。

 ※ホルマリン

 刺激臭のある無色の気体「ホルムアルデヒド」の水溶液。生物標本を作る際の防腐処理や化学薬品の製造、消毒などに使用され、用途は広い。発がん性が指摘され、毒劇物法で劇物に指定されている



最大56人にホルマリン誤投与…姫路の病院
2016年10月14日 (金)配信読売新聞

 兵庫県姫路市の総合病院「製鉄記念広畑病院」(392床、橘史朗病院長)で昨年7月、内視鏡検査を受けた患者の体内に誤って劇物のホルマリン液(濃度10%)を投与していたことが分かった。

 患者は最大56人で、このうち市内の70歳代の男性が、誤投与で小腸がただれるなどしたとして13日、同病院の検査担当医に対し業務上過失致傷容疑で県警網干署に告訴状を提出した。

 同病院によると、昨年7月22、23日、胃などの内視鏡検査を行った際、内視鏡のレンズ洗浄用に、普段使う精製水ではなく、内臓の組織などを保存するのに使うホルマリン液を誤って使用。23日夕に技士が誤りに気づいたが、患者56人(当時17~83歳)に投与された可能性があるという。



内視鏡検査でホルマリン液を誤注入 患者は重傷 兵庫

2016年10月14日 (金)配信朝日新聞

 兵庫県姫路市の製鉄記念広畑病院の医師が昨年7月、内視鏡検査を受けた同市の70代の男性患者の十二指腸に、誤って劇物のホルムアルデヒドを含むホルマリン液を注入していたことがわかった。男性は13日、十二指腸の粘膜がただれたり、はれたりして重傷を負ったなどとして、当時の内科部長について業務上過失致傷の疑いで告訴状を県警網干署に提出した。

 告訴状によると、男性は昨年7月22日に内視鏡検査を受けた際、10%濃度のホルマリン液120ミリリットルを十二指腸に注入されたという。男性は内科部長らが使用液の確認を怠ったと主張。神経痛などの後遺症が出たとしている。

 病院によると、ホルマリン液は病理検査のために使うもので、精製水の容器に高濃度のホルマリンを混ぜて作っている。超音波を使った内視鏡検査で、本来は精製水を十二指腸に注入するが、今回は誤ってホルマリン液を使ったという。

 男性のほか、このホルマリン液でレンズを洗浄した内視鏡が使われた患者が55人いるとみられるが、健康被害は確認されていないという。病院は医療事故として市保健所に届けたが、公表していなかった。告訴状について「内容を確認次第、対応したい」とコメントしている。

 13日に会見した男性の息子は「病院側の対応に不信感がある。個人の責任を問わないあいまいな姿勢に強い憤りを持つ」と訴えた。


---------------------------------------------------
他にも同様な事故があります。
ホルマリンを誤投与 長野・松本市立病院
http://blog.goo.ne.jp/urara-30/e/657f6d2265584211702b22f2ab846665
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺族交えた事故調査を・・・... | トップ | 未使用点滴にも活性剤、容疑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。