安心して受けられる医療とは? 誤診でも… 

誤診につぐ誤診、でも医療の世界では誤診とは言わないそうです。
安心して受けられる医療とは?皆様と考えていきましょう。

14歳までのHPV接種、3回から2回に・・・米国疾病管理予防センター(CDC)

2016-11-08 | ワクチン予防接種
14歳までのHPV接種、3回から2回に
米CDC
米国疾病管理予防センター(CDC)2016年11月2日 (水)配信 一般内科疾患小児科疾患産婦人科疾患

 米疾病対策センター(CDC)は10月19日、11-14歳の男女に対するヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの定期接種回数を従来の3回から2回に変更すると発表した。ただし、同定期接種開始が15-26歳と遅い場合は引き続き3回の接種を勧告している。
 今回の勧告変更に当たり、CDCと予防接種諮問委員会(ACIP)は最近の研究成果を評価。複数の臨床試験で9-14歳の小児へのHPVワクチン2回接種により、比較的年齢の高い16-26歳の若年成人への3回接種と同等または高い抗体価上昇が見られたとの結果を確認したためと変更の背景を説明している。
 CDCのTom Frieden長官は勧告の変更により、接種スケジュールの管理が簡便、適時の接種による予防効果が期待できると述べている。

関連リンク
CDC recommends only two HPV shots for younger adolescents
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グループで一斉中傷も SNSい... | トップ | HPV接種、医師も消極的【米国... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ワクチン予防接種」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。