ほじゃる日記

アラスカ、アンカレッジでの日々の暮らしの記録。

日光浴クロカン

2017年03月28日 | 冬のアウトドア
日曜日、クロカン仲間のHさんとまだ凍ってる海の方でクロカン。
住宅の間を抜け、急な崖を降りていく。




降りると広々、気持ちいい!
ここは海に続く湿原地帯なので真っ平。




ターナゲイン入り江方面。
誰もいないねえ!この景色を一人いや二人占め。ぜいたく~!




去年のガマの穂がドライフラワー状態で風になびいてる。




海沿いの家はみんな豪邸。




太陽の光をいっぱい浴びてリフレッシュ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルーガ・ポイント

2017年03月27日 | 散歩・自転車
2週間前、サマータイムになったため、急に日が長くなった。
3月25日(土)のアンカレッジの日没は午後8:28。
夕食が終わってもまだ明るいので、散歩がてらドライブに出かけた。
向かった先は、スワード・ハイウェイ沿いのベルーガ・ポイント。

この写真では見えないけれど、駐車場の後ろにハイウェイがある。
手前はアラスカ鉄道の線路。




視線をこの写真↑から右に移すと、ターナゲイン入り江に小島のような岬が2つ突き出ている。
1つはこれ↓。もう1つはこの写真を撮っている場所。
入り江には流氷がびっしり。後ろの雪山はキーナイ半島の山々。




まず駐車場から線路を越えて。この時点で19:20。




1つ目の岬へ。
近い氷は停滞しているけれど、少し沖の方の流氷はゆっくり左から右へ動いている。
引き潮の時間だ。




氷と凍った泥がオブジェの様。




不思議。どうしてこういう形になるのかな。




無数のドラゴンが沖に向かって吼えているみたい。
後ろに見える2つ目の岬へ向かう。




1つ目の岬を振り返ると、カップルが記念撮影中。




沖の方、クック湾方面までずっと流氷が埋め尽くしている。




2つ目の岬によじ登って。




いろんなポーズのほじゃるを撮影する夫、その夫を撮影する私。




ベルーガ・ポイントとは、
原住民のチュガッチ・エスキモーが入って来るベルーガを探した場所だからだとか。
今でも夏になるとベルーガの群れがやって来る。(その数はかなり減っているのだけど。)
あと1ヶ月もしたら、ベルーガに出会えるかな。。。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイ島旅行記(2016)おまけ 

2017年03月23日 | 旅行 アメリカ
先日、やっとハワイ島旅行記を終えたのだけど、実際行ったのは去年(2016年)の10月。
カラパナで溶岩ウォークをした時、日本のテレビのロケらしき人々に遭遇した。
その時の記事はコチラ

その番組いつ放送されるのかなあ…とのんきに構えていたら、
すでに去年の12月に放送されたみたい。
それは、NHK「2度目の○○ ちょっとディープな海外旅行!」シリーズで、
「2度目のハワイ~ハワイ島編~」。

これを動画サイトで見つけて見たのだけど、いやぁ、行く前に見ておきたかった~!
マウナラニのオーラの写る洞窟のこともやっていて、めちゃくちゃオーラ写ってるよ!
あそこまで行って、しかも洞窟まで入って、なんで写真撮らなかったの~、私たち!
ヒロのお餅屋さんにも行きたかったし、行きそびれたスイサンのポケも美味しそうだったし~!
あと、コナのアワビね。
そうか、自分でBBQという手があったか。
そういえば、泊まったコンドのプールサイドにBBQグリルがあって使ってた人いたよ!

うわ~、後悔先に立たず!

しかしまあ、旅行は概ね満足のいくものだったのでね。
またいつか訪れるチャンスがあったら、ということにしておこう。
これからハワイ島への旅行を考えている方には、なかなかお勧めの番組でしたよ。



あ、あと、全然ハワイ島と関係ないのだけど、あの旅行中読んでいた本が和田竜「忍びの国」で、
大野君主演で映画化されるから読んでいたのだけど、
先日長い予告編が公開されて…。

すっごく面白そうだなあ!見たいよ~!!!
キャストがみなぴったりはまってる。
しばらく日本に帰る予定がないので、見られるのはいつになることやら…。
大野無門に会いたい!

映画『忍びの国』公式サイト



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七十二候カレンダー

2017年03月22日 | 日記
「暑さ寒さも彼岸まで」とは日本の慣用句だけれど、
月曜日、今年の春分の日は、ここアンカレッジにも暖かい日がやってきた。
最高気温は0℃でも、最近強さを増してきた日射しが雪をどんどん解かし始めた。

朝ほじゃるを送った後、休み明けだからとわざわざ洗車した。
でも午後お迎えの時間には道路のあちこちに水溜りができて、あっという間に泥だらけ。
何やってんだ、もう!


さて、こちらは我が家のキッチンの細い壁。
去年はここに日めくりカレンダーをかけていた。
今年は、七十二候カレンダー。
ネットで見つけて、なんだか素敵、と思って年末年始帰国したanさんに買ってきてもらった。




今は、二十四節気「春分」の初侯、雀始巣(すずめはじめてすくう)。




七十二候ってあまり聞き馴染みがなく、なかなかピンと来なかったんだけど、
こうして暦と共にめくっていくと、すっと入って来る気がする。
たとえ日本とはちょっと季節がずれていてもね。
こちらも鳥の恋の季節始まってます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キレンジャク来たる!

2017年03月21日 | 野鳥・植物
日曜日、ほじゃるが父ちゃんのカメラを引っ張り出してきた。
アンジーも一緒に見ているその先にいるのは…、




キレンジャク!(ボヘミアン・ワックスウィング)




今年はまだ来ないなあ、いつも2月末には来るのになあ。
などと思っていたら、ついにその日がやってきた!
しかもものすごい大群!
周りの高いシラカバなどの木で待機して、うちのサクランボめがけて入れ代わり立ち代わり、
すっごい勢いで飛んでくる。
全部合わせたら200羽くらいいたんじゃないかな。




サクランボの木には一度に50羽くらいいて、みんなついばむのに忙しい。
2時間後たわわに実っていた(と言ってもほぼドライフルーツ)さくらんぼのほとんどが、
彼らの胃の中、もしくは食べ損ねられて雪の上に散乱していた。




毎年家にいる時にこの襲来を見られてラッキー。
夫は仕事で、まだ一度も遭遇していない。
だからそのすごさを知らない。
「今日ワックスウィングが来たよ!」と興奮気味に伝えても、「ふ~ん。」しか返ってこない。
う~、もどかしい!!!


キレンジャクに関して詳しいことはコチラをどうぞ。
キレンジャク・ジャック

コメント
この記事をはてなブックマークに追加