うらうら楽しい日

花々楽しい日の妹ブログです。
トイプードル☆アンディ&チェリーの育児日記でもあります

同級生8人で母校訪問@兵庫県川西市

2016-04-09 | フォト日記

高校の美術部メイン(元JK8人)でプチ同窓会をしました

週間天気予報では
降水確率90%だった4月4日でしたが
傘をさすこともなく
予定通り 予想以上の
楽しい1日を過ごすことができました

集合場所は能勢電の多田駅

阪急宝塚線の川西能勢口で
能勢電に乗り換えます

お〜猪名川!懐かしい景色!

猪名の清流〜さながらに〜♪ と
頭の中を校歌が流れます 

能勢電は駅名が美しいんですよ
現実とのギャップは否めませんが(^^;)

絹延橋 滝山 鶯の森

そして

トンネルを抜けると
が滝〜♪

そして次が多田駅!
急に地味な駅名になります(笑)

田んぼが多いから「多田」なんでしょ?
なんて思ったらいけません

多田には関西日光の称ある「多田神社」があるのです

御祭神は、将軍源満仲公をはじめ
頼光、頼信、頼義、義家の五公
をお祀りしていることから
源氏発祥の地と言われています

多田駅から約1キロ歩いて
多田神社へ行きました

 

桜が満開でした
猪名川に掛かる赤橋は、高校2年の時の文化祭で
私たちのクラスが製作した映画のロケ地でした 

 懐かしい あぁ懐かしい 懐かしい

多田神社の次は多田中学へ行き
校門の前で記念撮影してきました

私の住んでいた街はとにかく急な坂が多く
その1番高いところに 私の母校である
県立川西緑台高校と市立緑台小学校があります

多田神社からてっぺんの高校に行くには
えっさほっさと、かなりの坂を登らなければなりません

途中でランチをして
懐かしいタコ公園で少年に頼んで写真を撮ってもらったりしながら
てっぺんの母校にたどり着いたときは、もう2時を過ぎていました
※ 高校周辺訪問は5年前にもしているのですが(5年前はコチラ
タコ公園のタコに目が付いていたことにはビックリしました

 このあと私の希望で
母の友達のKさんちにお邪魔しました

今年87歳で一人暮らしされている方のお家へ
8人で押しかけるなんて
普通では考えられないことなのですが

どうしてもお会いしたかったし
どうしてもあのおうちでみんなと一緒にお花見がしたかったので
無理を承知でお願いしたところ

「なんのおかまいもできひんけど、どうぞいらっしゃい」
と言ってくださったので、8人でゾロゾロとお邪魔したのです

なんて素敵なお家なの〜!
みんなが絶賛していました

デッキはまるで別荘みたい!
桜の向こうに母校も見えます

お部屋の中は博物館みたいに
色々な調度品がセンス良く飾られています

そして、そこかしこに母の作品もあるんです
下段の4点もそうです
キッチンにおいてあるテーブルは
30年以上前に私たちがダイニングで使っていたテーブルですし…

物を大切にする心を
しっとりと感じさせてくれるお家です
5年前の夏 去年の春 ←過去記事

ここに連れてきてくれてありがとうって
みんなに言ってもらえました

帰る時間も迫ってきていたので
Kさん宅を後にして
親子2代で川西緑台高校というIちゃんちへ行きました

お土産交換大会(笑)

こんなにいっぱい!

お手紙を付けてくれたり
ご当地物だったり
みんないろいろ考えてくれていてうれしかったぁ・・・
※私が持って行ったのはコレです

今回のメンバーは元美術部8人+2人なのですが
美術部仲間のMちゃんは
実はマステで有名なあの会社の社長夫人なのです

 

お土産にマステセット!
好きなのを選んでね〜って・・・
いやぁ〜ん うれしすぎる〜なお土産でした

Iちゃんちでは4人のウクレレ演奏を聞かせてもらいました
上手に弾けるようになっててビックリ!
※私のウクレレはオブジェ状態なのに・・・
まだまだいっぱい話したかったのですが
私はここでおいとまし、帰路へ着いたのでした


たのしかった3日間
長いレポにお付き合いくださり
ありがとうございました

1日目と2日目は花々楽しい日の方に投稿しています
1日目 大阪  2日目 京都

 

次はいつ関西に行けるかなぁ
京都や奈良で行きたいところがいっぱいあるし
また違う季節でもKさんちに行きたいし

家族の皆様(特に殿)
また行かせてね
よろしくお願いいたします
(家族は誰もブログを読んでないけど)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思いがけない3ショット

2016-01-11 | ワンコ

Instagramにrikaさんが投稿した写真(←JETくん)と場所を見て
近い!まだいる!と心が躍りました

日曜日、rikaさん夫妻とJETくんは
ハイパーフライトに出場しているお友達の応援で
さいたま市内の秋ヶ瀬公園に来ていたのです

会いたいなぁと思っていたJETくんに会えるチャンス到来!
大急ぎで準備して、アンチェリを連れて行ってきました

 

あなた だれ?  by ちぇりー

アンディは穏やか犬で有名ですが
ジェットくんもとても穏やかな癒し系くん
とても落ち着いているので モデル犬にもピッタリね!

 

イヌPHOTO (ホビージャパンMOOK 671)

その江さんの本の表紙にも登場
中のページにもいっぱい載っているそうです

 

とってもかわいい3匹でした

ちょっとだけ一緒にお散歩もできたし
天気も心もポカポカの午後でした

 

ハイパーフライトと言えばアンディのママも出場した
投げたディスクをキャッチする大会(詳しくは過去記事で)

過去記事
2009年1月 その1  2009年1月 その2  2009年3月

いつかこの大会で
JETくんがディスクを追いかけて走っている姿が
見れるかな?見れるといいな!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた不思議な話

2016-01-05 | フォト日記

すっかりご無沙汰しているこちらのブログですが
新しく「着物」のカテゴリーを作ったので
時々備忘録に使いたいと思っています

さて表題の「またまた不思議な話」ですが

まず1つめは「おみくじ」

去年と同じ神社に行きおみくじを引いたのですが…

最初の短歌に見覚えあり


箇条書きの方にも見覚えあり

あれ?去年も打ち出の小槌じゃなかったっけ?

帰宅してブログをさかのぼってみると

 

これは去年のブログに使った写真ですが
全く一緒でした

去年のブログを読んでみると 

書かれている内容と短歌が
以前どこかで引いたおみくじと
全く同じだったような気がしてならないのですが…

結論だけ言うと
「他人のために尽くしなさい」
とのことです

なんども他人に尽くしなさいと言われている私です
返す言葉もございません。。。

 


不思議な話の2つ目

元旦に実家へ行った時のこと
今度は殿が一人でマンション(オートロック)の自動ドアの前に立った途端
す〜〜〜っとドアが開いたのだそうです

開けたのは間違いなく母だと思います

 夏は殿以外の3人の時に同じ現象が起きました
その時殿は「なんで俺の時は開けてくれなかったんだろう?」と言ってたので
お正月は殿の時だけ開けたんだと思います・・・

 亡くなっても存在感のある母です(笑)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

また、不思議な話

2015-08-14 | 母のこと

母の新盆でもあるので、うちの家族4人と2匹で実家に行き
父と一緒に食事をしてきました

実家はマンションの1階です
オートロック式なので、いつも玄関のインターホンで
「開けて〜」と言って解錠してもらっています

殿は車を停めに行ったので
私と子ども2人と犬2匹でマンションの入口から入り
自動ドアの前に立ち、インターホンを押そうとした時

誰もいないのに!
私たち以外の人が誰もいないのに!

す〜っと自動ドアが開いたのです


父が解錠したのかな?とかも考えましたが
父は奥の部屋にいたし
私たちが家に入ってきてから着いたことを知ったぐらいなので
自動ドアの解錠なんて、そんなことはできません


たぶん

おそらく

母が開けてくれたんだと思います

 

母が元気だったころは
インターホンを押すと母が出て
「いらっしゃい!」と解錠し
玄関のドアから数歩出てきて
私たちを迎えてくれていました

よく来たね〜 大きくなったね〜
って。。。


なので、今日のドアも
絶対母が開けてくれたんだと思います

よく来たね〜 大きくなったね〜って

 

お花を飾り
(仏花はいやだったので黄色やピンクのかわいい花束を作ってもらいました)
お供えをして お線香をあげながら 母に言いました

今ここにいるでしょ? って(笑)

お盆の間はきっと
母も実家に住んでいると思います

 

TOP画像は母が白木のテーブルに
アクリル絵の具で描いたお人形の絵です
テーブルの脚の部分は
こういう風になっています

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不思議な話

2015-07-23 | 母のこと

私の実家はマンションの1階なのですが、小さな庭があります

このマンションを(母が)買った理由は
関西から連れてきたマルチーズ2匹と
ゆっくり暮らせるお家がほしかったから

当時は犬2匹と一緒に住める賃貸マンションなどほとんどなく
内緒で飼っているのが見つかり、追い出されたこともあったので
母が決意して、縁もゆかりもない埼玉県に
「ここで暮らそう!」と、マンションを買ったのです

私は住み始めて数か月後に
結婚してそのマンションを出ました

若がお腹に入り、胎動を感じ始めたころ
麻衣ちゃん(マルチーズ・13歳)が亡くなりました
紫陽花の咲く6月でした

麻衣ちゃんのことを話すと長い長い話になるので
今回は書きませんが
私は「麻衣ちゃんごめんね」って謝ることがいっぱいありました
でも、最後はいっぱい抱っこして
いっぱい謝って いっぱいお礼を言って
母の腕の中で息を引き取る瞬間まで
麻衣ちゃんを見つめていることができました

小さな庭の隅っこに植えたガクアジサイの下で
麻衣ちゃんがよくおしっこをしていたから…と
母はそのガクアジサイのことを
「麻衣ちゃんの木」と呼ぶことにしました

毎年花をいっぱい咲かせてくれる紫陽花の木
「今年もいっぱい麻衣ちゃんの紫陽花が咲いたよ」って
母が切って持たせてくれていました

2010年6月のブログにも
その紫陽花を窓辺に飾っている写真(TOP画像)があります

先日父に会いに実家に行った時
麻衣ちゃんの紫陽花を思い出し
「今年も紫陽花咲いた〜?」と聞きました

すると父が
「それが一つも咲かなかってん。。。」

え?どういうこと?

急いで庭に出てみました
葉っぱの緑は青々としていて
新芽もたくさん出ていて
元気そのものの紫陽花の木なのですが

花らしきものも つぼみらしきものも
ひとつもありませんでした

枯れてしまっているわけではないのに
毎年毎年咲いていたガクアジサイなのに
どうして今年は全く咲かなかったのでしょうか?

紫陽花も母がいなくなって寂しかったのでしょうか?
主を亡くした紫陽花が喪に服して
花を咲かせることを控えたのでしょうか?

でもきっと天国で
母と麻衣ちゃんは楽しく暮らしていると思います
紫陽花の花がいっぱい咲く庭で

*******

もう1匹のマルチーズの夏ちゃんは
若が歩き始めたころに亡くなりました
麻衣ちゃんが亡くなってから1年後でした

とても不思議なのですが
アンディは性格が麻衣ちゃんにそっくりです
アンディの中に麻衣ちゃんが入っているんじゃないかな?って思うほど
本当によく似ています(これは殿も言っています)

そして、チェリーは夏ちゃんによく似ています
チェリーの中に夏ちゃんが入っているんじゃないか?って思うほど
本当によく似ています(これも殿が認めています)
しかも、チェリーのお母さんの名前が「夏」
なっちゃんなのです!

アンディとチェリーをかわいがることは
麻衣ちゃんと夏ちゃんの供養にもなると思っています

科学では証明されない不思議な話ってありますよね

あなたは信じますか?

私は結構信じています

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

交通事故

2015-07-13 | 子ネタ

昨日の早朝、若本人から
「交通事故を起こした。今救急車乗ってる」
という電話がありました

自転車(ロードバイク)に乗っていて、1100ccのバイクとぶつかり
ぶっ飛んだそうです

全治3か月の重傷ですが
幸い上半身(右手以外)は無傷で
意識もはっきりしています

即死でもおかしくなかった状況を考えると
本当に怖いです


骨は数か所、もののミゴトに!折れています
数回に分けて手術が必要とのことで、しばらく入院することになりました

まだかなり痛そうですが、本人は反省していて
いつになく素直です(笑)

事故のこと(警察とのやりとり)や入院や手術のこと
相手の方とのやりとり(相手の方も怪我をしています)
保険屋さんとの戦い(?)等々
すべて殿がやってくれています

あ〜殿がいてくれてよかったと思いました

今後のことを考えると、途方に暮れてしまいますが
これもなにか意味があって起きたことと受けとめ
若には明るく接したいと思っています

昨日は「長谷部の本が読みたい」と言うので
「心を整える。」を買って持って行きました

今日は一般病棟に移りました
明日は両足の手術です

本人はとても冷静で
じっと痛みに耐えています
大きな試練ですが頑張って乗り越えてほしいです 


以下は事故当日、若がSNSに載せていた文章です

7/12朝、国道17号でバイト先へ行く途中
自分の不注意からバイクと衝突し病院へ緊急搬送されました。
命に別条はないものの、
左足の骨2本開放骨折、右手の中指薬指小指骨折、
右足のくるぶしの骨骨折と診断されました。

手術が必要であるらしく今入院をしています。
全治は詳しくはわかりませんが骨がくっつくのに一カ月くらいかかるそうです。
親をはじめ。バイト先や大学、サークルの人たちなどいろんな人に迷惑かけます。
本当に申し訳ないです。

ですが、全身全霊をかけて復活して、
元に戻ってみせます。

よろしくお願いします。

 

 

両足骨折って…


まるで3年半前のアンディじゃないか!!!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

サクランボの季節

2015-06-15 | 母のこと

今年 初のサクランボ

スーパーで見つけた時
母が好きだったなぁと思い
涙が流れてしまいました

1パック買って帰り、3つだけガラスの器に入れて
母の写真の前にお供えしました

美味しいねって食べてくれたかな?

去年の今頃はこんなに早く別れるとは思ってなかったのに
寂しいなぁ。。。


亡くなる1年くらい前から物が食べられなくなっていました
でも、お豆腐と温泉卵とさくらんぼだけは
おいしいねって食べることができていました

そのサクランボも季節が終わるとどこにも売っていなくて…
缶詰のサクランボ等も買ってみたりはしたけれど
甘いからって食べてくれなかったし

桜が咲いて、桜が散って
早くサクランボの季節になるといいねぇ〜って
亡くなる直前まで話していたのを思い出し

今ならいっぱい持って行ってあげられるのにって
涙が流れてしまったのです 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

美しき工場の夜〜川崎工場夜景

2015-06-01 | フォト日記

前半の話はコチラ(記事の最後)で

人生初のはとバスツアーの主目的は
船の上から川崎の工場夜景を観ることでした

川崎工場夜景と言えば
大好きだったドラマ「きょうは会社休みます。」で
綾瀬はるかさんと福士くんが

船上で自撮りしていた背景の工場
ココ ↑ が


この『東亜石油さん(東亜石油京浜製油所)』ですね!
川崎工場夜景の名物スポットだそうです


夜の川崎工場は
とても幻想的な異空間した



「K」というマークが目立つように立っています
これは川崎の「K」
横浜の工場と近いために(空からでも)
識別しやすいように立てられているそうです
横浜には「Y」が立っている
かと思えば、違いました(何も立ってないそうです)

 
私たちは羽田にある天空橋から乗船し
多摩川を通り運河をクルージングしつつ見学したのですが
一人ずつベンチコートを貸していただけて(けっこう寒いんです)
ゆったりした時間を過ごしました
運河だったのでちょ〜っと臭かったけどね(笑)

夜の川崎工場といえばもう一人!
セカオワの深瀬くんがこのあたりを
6時間くらい自転車で回って作曲するとかって
聞いたことがあります

セカオワの歌のファンタジーな世界が
ここから生まれているのかもしれませんね


ちなみに、この日の大きな地震
 私は船に揺られていたので
全く気付きませんでした

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母のこと(記録として)

2015-03-17 | 母のこと

早いもので、亡くなってから四十九日が経とうとしています
空を見上げると、なぜか母のことを思い出し
夕焼けの空に向かって
もうスイスイ歩けるようになった?
おいしいものいっぱい食べられるようになった?
天国ではお姉ちゃん(私の姉)と一緒にいるの?
などと、話しかけたりしてしまいます

私宛に、父宛に
母と友好のあった方たちからお手紙やメールを頂いているので
記録として、ここに書き写しておこうと思います
※文章は抜粋したり、一部変えたりしているところがあります


母の知人のTさんからの手紙(一部)
ご生前にお交わり頂きました折の
しなやかなお考え方と美しい笑顔
そして、朗らかなお話し声が偲ばれ
地上が寂しくなった思いを深くしております
紙面ではありますが慎んでご逝去をお悔やみ申し上げます

 

母の友人のYさん(中国人)からのメール(抜粋)
今度こそ時間を取って会いに行こうと思っていましたが、
心のゆとりがなく実現できなかったことを
いまになって後悔しています
寂しさで悔しくて悔しくてたまりません

お母様はいつも背筋がまっすぐで
踊り子のようにしなやかに歩き
いつも明るさいっぱいの笑顔で
ご相談に頼むたびに心と心の会話ができ
人生のアドバイスをしてくれました

音楽や芸術の感受性が高く
またいつもロマン溢れる夢を持っている
少女のような方でしたね
お母様は大連が大好きで
「私の第二の故郷だよ」という声が
今も私の耳に残っています

お母様は私が付き合っている友人の中で
一番尊敬でき、一番羨ましく、大好きな方でした
彼女のプラス思考を習って、彼女のように優しく
陽気満々の人生を送りたいです

 

以前同じマンションに住んでいたYさんの娘のHちゃん
父からのメール
ピンポンが鳴りました
出て見ると、子供2人を連れたHちゃん(ご主人も)が
「あーちゃん(=母)いますか?」と立っていました
その後、Hちゃんから送られてきたメールを転送します
 
 久々に会えるとワクワクしながら ビンポンしました
子供2人を連れては、なかなか遠出をすることもなくなっていました
あーちゃんから「元気してた?」と電話をもらっていて
「こっちに来たら 顔出してね」と言われていたのに
なかなか行く機会がありませんでした
 
昨日は近くで結婚式に呼ばれていて
その帰りに、時間も遅くないので
今だったらと思い 寄らせてもらいました
 
あーちゃんが描いてくれた 蝶やピンクのぞうさんの瓶
今でも 使わせてもらっています
とても残念で仕方ありません
お泊まりさせてもらったこともあり
私が遅く起きたら もう家に あーちゃんが来ていたりしたこと
まだ この間の事のようです
 
おじちゃん1人で寂しくなりますね
大丈夫ですか?
かなさんが近くにいるから来てくれますよね?
私もいますからね!
また連絡します

 

 


今月末に家族+父とで関西に行き
納骨してきます

20年以上会っていない父方の親戚(関西在住)の方々も
たくさん来てくださる予定です
皆様と私の家族とは初対面です
こんなことでもないと
なかなか会えないもんなんですね

母が残してくれた有形のもの 無形のものを
ひしひしと感じています

四十九日の法要で住職さんが言っておられました
亡くなった方はどこに行くのでしょうか?
浄土真宗では、
自分を生んでくださったご両親の元へ帰ると言われています

母は祖父母の元へ
姉は母の元へ
みんなで仲良く暮らしていることと思います 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

愛の挨拶

2015-02-07 | 母のこと

式で流す曲のご希望はありますか?と聞かれたので
エルガーの「愛の挨拶」と
アルビノーニの「アダージョ」をリクエストしました

聞かれたのがお通夜の直前だったにもかかわらず
奏者の方が弾いてくださり
静かで美しいメロディーを流してくださっていました

出棺の時はエルガーの「愛の挨拶」でした
甘く美しいメロディーが
母の旅立ちにぴったりの曲だったと思います

祭壇はピンク色の花でいっぱいでした

式に来てくださった方に見て頂こうと
前日に母の作品を持って行き部屋の片隅に置いていたのですが
当日式場に入ると


母の作品を展示してくださっていました


お人形がお花を持って座っています


刺繍の作品はイーゼルに立ててくださっていました
これ以外にも油絵やアルバムやパスポートなど
まるで母の個展の様


母の遺影はとびきりの笑顔の写真

※これは遺影の元写真(一部)です
まだ赤ちゃんの若を抱いている写真でした
かれこれ19年前(笑)

告別式では
色々な方からいただいたメッセージや弔電を抜粋して
読んでいただきました

素敵な言葉をたくさんいただいたので
ここに記させていただきます

* * * * * * * * * * *

 

かなちゃんちでお会いしたお母様の優しい笑顔を、       
今でもくっきり覚えています。       
私の拙い恋の終わりを見守ってくれたお母様は       
かなちゃんとともに、私の人生の中で重要人物のおひとりなのです。       
たくさんの愛につつまれて旅立たれたお母様は、       
大空でご家族皆様を見守ってくださっていると思います。       
Hさん(私の高校の同級生)


いろいろお世話になりました。       
人生の節目節目でかけてもらった言葉を思い出しています       
その時は深く考えなかったけれど、今にして思えば私の心の中を       
見透かしての励ましの言葉だったのだなぁと胸が熱くなります。       
母もたくさんのことをお母様から学んだと感謝していました。       
ご冥福をお祈りいたします。       
Sさん(私の小中高の同級生)    
       
       
感性の鋭い華やかな方       
学ぶことが多くすばらしい方       
さみしくなります       
ご冥福をお祈りします       
Fさん(母の友人)
       
       
家庭訪問でお目に掛かった若い日の素敵なお姿が思い浮かびます 
岩倉のお部屋もとてもいいセンスが行き届いていて
感心したのも忘れません。      
私が26歳の時でしたから、41年前です       
なるほど「おっかなえ(先生が私につけた愛称)」のご家庭だと思ったものです       
ご冥福を心よりお祈りします       
F先生(小学校の時の担任の先生)
    
       
       
驚きと悲しみでいっぱいです。       
いつも明るく、バイタリティ溢れた方で、       
太陽のような叔母ちゃん。       
信じられない思いです。       
お通夜も告別式も行けず、叔母ちゃんとお別れできなくて       
申し訳ありません       
京都の地で叔母ちゃんのご冥福をお祈りしております       
Cさん(母の姪)      
       
       
晩年のお付き合いはありませんでしたが       
はつらつとしたお姿しか浮かびません       
ただただ寂しい限りです       
Mさん(母の姪)


いつまでもピュアな気持ちを持ち続けたあーちゃん。       
私の心に沢山の思い出を残してくださいました。       
お話した膨大な時間を決して忘れません。       
本当にありがとうございました。       
Hさん(私の小中高の同級生)  
       
       
お母さんの茄子の煮物が美味しくておかわりしました。       
たくさんほめてもらえたことも忘れません。ありがとう。       
Nさん(私の大学の同級生)


驚きました。電話でお話ししたのはいつだったでしょうか
また電話頂戴と言っていただいていたのにそのままになって
その時はとてもパワフルな感じでしたのに
私が知っていたころは岸恵子に似た華やかなきれいな方で凛として
お父様とお似合いだといつもうらやましく思っていました
なんでもおできになって…
お母様のご冥福お祈りいたします
K.Mさん



他にもたくさんの優しいお言葉を頂きました
本当に本当にありがとうございました

母のことですので
きっと天国でも大好きな人たちのことを
全力で守ってくれると思います

コメント
この記事をはてなブックマークに追加