真実の情報

社会的価値の高い情報を提供します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

健康法

2017-04-05 20:18:51 | 健康
からだの熱で温められた空気は、衿の部分から外に逃げて、逆に冷たい空気が入ってきてしまいます。人間の体幹部(胸や内臓)が冷えると、手足への血液の流れを抑制して、身体の中心に集めようとします。そのため全身を冷やしてしまうのです。しかし、マフラーを使用すれば、体幹部の体温を逃がしません。体幹部が温かければ、それだけ手足に流れる血液が増えるのです

手先や足先を温める以上に、首を温めることが重要です。手の表面近くの毛細血管を通る血液は手全体のおよそ2割だそうです。残りの8割は皮下1ミリの動脈と静脈を結ぶバイパスの様な動静脈吻合(ふんごう)を通り静脈へ流れます。首を温めると動静脈吻合が開き、血が流れます。つまり手や足の冷えにも首を温めると効果があるのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 尿療法 »

コメントを投稿

健康」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。