お母さんと読む英語の絵本

読み聞かせにぴったりな英語絵本から、米国の子どもたちの世界をご紹介
子どもをバイリンガルに…とお考えのお母さんに

アメリカ中のお母さんが泣いた絵本

2009-02-26 | about 英語の絵本

Love You Forever

子どもってすぐに大きくなってしまいます!朝から晩まで忙しく育てているときは毎日毎日「早く大きくなぁれ」と思っていました。でも、いざ育ちあがってみると「もう少しゆっくり大きくなってくれてもよかったなぁ・・・。」親なんて身勝手なものです。

お母さんに抱っこされるだけだった、生まれたばかりのかわいいかわいい男の赤ちゃん!でも、彼もすぐにいたずらざかりの2歳になり、ぐだぐだと何もしない9歳になり、騒々しくて汚いティーンエイジャーになり・・・、やがて大人になって、家を出て一人立ちしてしまいます。

でも、このお母さんは、男の子がどんなに言うことを聞かないときでも、汚くてちらかしてばかりいるときでも、騒々しくても、大人になってお母さんの腕には余るような大きな男の人になっても、いつも夜中にそおっと彼のもとに行き、眠っている彼を膝に抱きあげて、静かに歌ってきかせたのでした。

永遠にあなたを愛してる・・・
私の命ある限り、
あなたはいつまでも私の赤ちゃんよ・・・

一人立ちした男の子に(いえ、もう立派な大人!ですが)、ある日、お母さんが電話してきました。「私は年をとってしまって、もうあなたに会いに行かれないの。だから、あなたが私を訪ねてきてちょうだいな。」

男の子が訪ねていくと、お母さんはいつもの歌を歌ってきかせようとしました。

永遠にあなたを愛してる・・・
私の命ある限り、
あなたはいつまでも私の赤ちゃんよ・・・

でも、年をとったお母さんは、もう最後まで歌いきることができませんでした。

今度は、男の子がお母さんを膝に抱きあげました。そして、お母さんが彼に歌ってくれた歌を、彼がお母さんに歌ってきかせました。

永遠にあなたを愛してる・・・
私の命ある限り、
あなたはいつまでも私の赤ちゃんよ・・・

歌を聞きながら眠ったお母さんをそおっとベッドに戻した後、今は立派に成人したその男の子は、ながいこと、じっとお母さんの寝室の外に立たずんでいました。それから男の子は家に帰り、彼の幼い娘を抱き上げて、お母さんが歌ってくれたのと同じ歌を歌って聞かせました。

永遠にあなたを愛してる・・・
私の命ある限り、
あなたはいつまでも私の赤ちゃんよ・・・

"Love You Forever"(邦訳「ラヴユーフォーエバー」)は、読み聞かせのむずかしい絵本です。そうなんです、読む方の親が、涙があふれて文字が見えなくなり、嗚咽をこらえて声がでなくなり、どうしても泣けてしまって、最後まで読めないのです。

1千万人を超えるアメリカのお母さんが泣いた!というのが、この絵本のセールスコピーですが、どなたも納得されることと思います、

ですから、初めて読み聞かせる方、どうぞ、ご注意ください。




ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校のダンスパーティ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

about 英語の絵本」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事