「店なし雑貨屋」の店長より。

限られた蚤の市だけに現れる数奇な雑貨屋。
どんなステージでも惰性なし!いつも全力展開している そんな店です
 

★こんな小さなマルシェをみつけたら・・それは「店なし雑貨屋」です★

2020年09月30日 | 店なし雑貨屋とは?
click to second site → 「店なし雑貨屋」のアトリエより。 

click to realtime updates ⇒ 「misenasi」 Facebookページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

店なし雑貨屋 春の出店スケジュール 2017 345月 6月

2017年03月11日 | 骨董市編



※追記 ★5月後半~6月 更新しました!


寒い時期にたくさん仕入れを頑張ってきました。


それぞれのマーケットに何をお持ちするか、どう表現するか、構成、編集が楽しい悩みです。

今期、クオリティを上げ、より楽しく、より独自性の豊かなお店にするつもりです。どうぞよろしくお願いいたします! 



 


それでは春の出店スケジュールになります。 


「3月」----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------




3月25(土)26日(日)

★アンティークスinヒルトップファーム 
「antiques in hilltopfarm」
埼玉県滑川町ヒルトップファームにてアンティークマーケットが開催されます。
詳しくはこちらをご覧ください、すごいです! この開場では大きめな家具や什器もたくさんご用意します。
http://antiquesinhilltopfarm.tumblr.com/
埼玉県比企郡滑川町福田2134-2






「4月」-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------







4月1日 ↓

★桐生天満宮骨董市(土)

資料館クラスからタダでもいらないモノまで







4月16日 (日曜)↓

★アンフィーユマルシェ2017


ケーキ&ベーグルの店アンフィーユ敷地内にて開催される賑やかで温かいイベント

群馬県伊勢崎市国定町1-68-2
11時から16時まで






4月23日 (日曜)
   24日 (月曜)   両日↓ 

★ 「カントリーフェスタ熊谷」 http://www2.ocn.ne.jp/~nijitown/jcfka.html  
          全力投球!! もっとも労力を使うイベントですが、必ず欲しいものが見つかります! 半年間貯めておいたモノも!

          10:30~15:00

          熊谷市文化創造館「さくらめいと」月のホール   住所 熊谷市拾六間111-1 



23日(日曜)
★花と緑のマルシェat Tomioka ↓

花屋 ガーデニング雑貨 ワークショップ フード等30組
花と緑とガーデニングアイテムに特化した初イベントです。
錆びたモノや庭に転がってたら気分が上がる雰囲気モノ。
グリーンともグッドマッチングな古いモノばかりを集めてお持ちする予定です。

10時から16時
住所:群馬県富岡市富岡1450 おかって市場 富岡製市場近く





「 5月 」=============================================




5月6日 (土) ↓

★「桐生天満宮骨董市」  

「私を育て続けている場所、5月も中だるみなどありえません!」




5月13日 (土)
   14日(日)両日 ↓
            
★ 「第11回 東京蚤の市」  http://tokyonominoichi.com/

                  感性豊かな店主が営む素晴らしき古道具店や古書店、カフェ等が約200店以上並びます!
                  一日楽しむ覚悟で!  群馬の人、全国の人、東京でお会いしましょう♪
                  自分がこれいいなと思ったあらゆるモノだったり表現を、制限なくお見せします!


                  東京オーヴァル京王閣 東京都調布市多摩川4-31-1


21日(日曜)
★花と緑のマルシェat Tomioka ↓

花屋 ガーデニング雑貨 ワークショップ フード等30組
花と緑とガーデニングアイテムに特化した初イベントです。
錆びたモノや庭に転がってたら気分が上がる雰囲気モノ。
グリーンともグッドマッチングな古いモノばかりを集めてお持ちする予定です。

10時から16時
住所:群馬県富岡市富岡1450 おかって市場 富岡製市場近く




28日
★「深谷 ナナマルシェ」  http://ameblo.jp/fukaya-toufukoubou/
           
           80店以上のハンドメイド作家さん、飲食店さんなども充実。
           キッズ向けのワークショップや絵本の読み聞かせなどお子様向けの企画もございます♪ すばらしいイベントです!


           10:00~16:00 雨天決行

           メイン会場
           深谷市深谷町9-12 旧七ツ梅酒造跡地

            サブ会場
            深谷市深谷町10-29 深谷ベース

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


6月です!


6月3日土曜日
★桐生天満宮骨董市 
倉庫整理のためいろいろ出そうと思います




6月11日(日)↓

★「HANAYANONIKAI onedayshop vol.15」

ハナヤノニカイ? あん? てなるお気持ちがよく分かりますので、少しだけ紹介させてください。

その名の通り、「花屋の2階」という店なし雑貨屋に近いニュアンスな? 
そのまんまの店名のまじめな雑貨屋さんが主催する一日限りのイベントに参加させて頂きます!
その店名でいいんかい?(笑)と慣れるまではマジスカ?状態だったのを思い出します。(自分のことを棚にあげてる気もしますが・・)

どこの2階かというと、群馬県館林市の「花のよこつかさん」の2階にあります。
ナチュラルな雑貨やアパレル、それと面白いのが雑貨好きバイヤーさんの、こだわりステーショナリーコーナー
けっこう攻めてたりして好きですね。郊外型大型店には出来ない感じ。


開催場所は花のよこつか・花屋の2階より徒歩10秒くらいの
青梅天満宮・谷越会館になります。 午前11時から15時までです。



住所 群馬県館林市本町2丁目8 
詳細は花屋の2階ブログにて



「店なしフェイスブックページやインスタグラム」などSNSでは、
近況報告、蚤の市現場、作業場に居る時間枠で、
なんとかスマホより発信できております、よろしければ覗いてみてください♪
(登録しなくても見れます) 

https://www.facebook.com/misenasi

https://instagram.com/misenasi/




というわけでして、「行間」の日々は ほぼ間違いなく出店準備しております! 
ひとつひとつのイベントを トライ&エラーを繰り返しながら、全力で挑みます!!!

乗り越えるべく、すでに準備を始めておりますが 今期! 素晴らしいアイテムでたくさんですよ! どこかでお会いしましょう 



              
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★次回予告 桐生天満宮骨董市2017年 初市

2017年01月03日 | 骨董市編


2017年初市となる桐生天満宮骨董市は1月9日月曜日祝日になります。

いつもの第一土曜日ではないのでお気をつけください。
初売りですので景気よく飛ばしていきたいと思います!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の企画展のお知らせ

2016年12月12日 | 企画展



伊勢崎市(群馬県)にある古着屋グリムさんに
【店なし雑貨屋がinする企画展】を開催します。期間は3週間。

12月17日(土)から年越しまして来年、1月9日くらいまでになります (写真は前回の様子)
毎度のことながら、ディスプレイとして使用しているアイテム (テーブル 棚 ガラスケース 等々) 店内99パーセントはお買い上げできてしまうのも特徴!

足元から天井まで盛り沢山の予定です。

お宝探しな雰囲気も盛り込みたいので、お手に取りにくいアイテム、多いかもしれません。しかし安心してください。私たちはその作業が好きです。喜んでどかしますので、
「あれをちょっと見せてくれんかね」 とか遠慮なくグリム店長に頼んでくださいね(笑)

そのとき売れる売れないではなくて、なにより、反応してくださったそのお声が嬉しいのです。



それと今回、レトロノスタルジックジュエリーも、かなり沢山とご用意できました。

冬のパーティや年末年始、賑やかでお洒落な集い、ありますよね。(私とは無縁ですが妄想くらいはしたことあります)
攻略法としては、まず、Oldnew!な装備品で己の気分、上がってほしいです!

誉められたらセレブぶってプレゼントしてもいいですよねの、そんなお手頃価格で頑張ります!

そんなわけでして、約3週間ほど入らせて頂きますので、楽しく、ロングスパンを乗り越えたいと思うべく、ただいま支度を頑張ってます。
とどうか頭に入れといてくださいヨロシクお願いします!

開催場所【gulim】(グリム)

住所 群馬県伊勢崎市宮子町3504-2
12時から20時30分。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第10回東京蚤の市は11月19日20日 京王閣で開催です

2016年10月28日 | 店なし雑貨屋とは?
2016年5月に開催された第9回東京蚤の市の出店模様になります。

ちなみに第10回東京蚤の市は11月19日20日になります。

現在は他出店イベントも全力で駆け抜けるため、日常仕事と併せて必死に準備の日々を送っております。残業の残業!いま過労気味という感じですが、頑張りどころは今!と言い聞かせムチ売ってます。ムチ打ってます。もうちょっとだ! 



というわけで、前回の東京蚤の市の出店模様をお届けします。 
リアルタイムインスタグラムでの過去記事を編集しました。 
少しでも雰囲気が伝わりちょこっと店なし雑貨屋の予習になっていただければ嬉しいです。
ではどうぞ。






東京蚤の市、深夜早朝から全力トップギアで搬入!なんとか初日をやりとげました!! お越しくださった皆様ありがとうございました!

入場ゲート目の前のブースなので、楽しんでもらおうと思いまして、
店頭に「海の監視員ディスプレイ」をしてみました。




出店風景 その2
2日目開場3分前





出店風景 その3
二日目開場2分前 奥に見えるは長蛇の列





細く長い2列構造のレイアウトを組んでいます。2列目です。

ここは、メインストリートから奥に入った、まさに「路地裏」をイメージ。
なにか見つけたくなっちゃうこのゾーンはマニアックなモノや時間を掛けて見て欲しい通向きで深いモノ、あとよく分からない掘り出しモノも多数配置。
過去の出店ではいつも雨の影響で梱包ゾーンやバックヤード的なことも兼ねないといけなかったけど、晴天のおかげでついに堂々の解放!

おかげさまで滞在時間も長かったと思います。混雑してたと思いますが、
中に入ってここまでお立ち寄りくださった皆様、本当にありがとうございました。


出店風景 その4
二日目 開場1分前






200オーバーの出店数で、たった一店のみ、体験できることの中、やらなきゃいけないこと。

真後ろからは、無線で各所運営スタッフと確認応答らしき声が聞こえる。どこかの拡声器の声に仰がれる。焦る。焦る。焦る!! 急ぎ足でカメラを構える自分の背中から、10mに満たない位置には数百人?1000人?まともに見ることは出来ないほどの長い長い列。

しかもラーメン屋の行列とは明らかに違う、なんだろう、このムンムンとした?いやソワソワ?ワクワク?それとも蚤の市をとことん楽しんでやる!っていう意気込み?

オープン時間へのカウントダウン秒針に、比例するかの様に高鳴っていく、
この独特の雰囲気に飲みこまれそうになりながら、記録を残すために、カメラを構える。

始まってしまったらもう、店の全体像を撮ることは不可能に近い。初日はセッティングに追われ、撮れなかった。

なぜオープン目前にアワアワしてでも撮ろうとするのかっていうと、
写真はSNS投稿すること以上に、次に繋げるための反省材料として最もリアルな、改善するための大切な記録なので。

見せるためよりも、見直すために今までずっと撮り貯めてきた記憶と記録。

ここに並べたモノは、積み重ねてきたコトと、気持ちなのかもしれません。



次回決戦まであと少し! マーケットを歩き続けてきた生粋の露店商が、蚤の市の醍醐味を表現した空間へぜひお越しください!








さらにオマケです、ぜひ拡大して一読して頂きたい記事があります。
京王線沿線の情報誌あいぼりーの人気エッセイ 「沿線日記」という坂本葵さん著のコーナーに、東京蚤の市について掲載がされています。
なんと店なし雑貨屋も登場しています。 読んでいると蚤の市ってやっぱりいいなぁ~とあらためて。
お客としていきたくなりました(^^)




すごい名前の店は、皆様が特別に楽しい1日となる様、黒子に徹する覚悟です。死ぬ気でがんばります!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★企画展のお知らせ

2016年08月01日 | 企画展


8月11日より28日まで 
伊勢崎の古着屋グリムにて 店なし雑貨屋がinする企画展を開催します。

(写真は前回の様子です) 
グリーンともグッドマッチングな小さなモノから、大きめな家具や什器、オブジェや看板素材なども 使いながら陳列する予定です。

[ディスプレイとして使用しているアイテム (テーブル 棚ガラスケース 等々) 99パーセントはお買い上げできます!]



たくさん乗ってるのに申し訳ないと思われるかもしれませんが、逆です。

喜んでどかしますので、お気軽に、ちょっと見せてください と遠慮なく店長に頼んでくださいね(笑)


というわけでして、

お店を営業されておられる方も、なにか使えるモノがあると思いますので、ぜひぜひお越しくださればと思います。

約3週間ほど入らせて頂きますので、こまめに補充などもする予定です。 タイミング合うとき、思い立ったら来てください!



12時から20時30分までです。


古着屋gulim


住所 群馬県伊勢崎市宮子町3504-2
HP http://gulim.me/blog

木曜定休日となりますが、11日はオープンして頂けます。



※開催場所の古着屋グリム店内にはアクセサリーや布物、キャンドルなどもお取り扱っています。
女性お一人のご来店も大歓迎です。ぜひお気軽に覗きにいらしてください♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蚤の市って何が楽しいのか?を突き詰めます。第9回東京蚤の市は5月14 15日

2016年05月02日 | 好きを商売にするということ
第8回東京蚤の市 出店風景 



朝市で手にした野菜を後の席に。
妙に帰り道が楽しい気がするのは、買ったモノの未来を思うことはもちろんだけど、マーケットを歩いている瞬間瞬間の余韻も持って帰っているから。

袋から出すとき、店主とのやり取りも思い出します。

蚤の市ってなにが楽しいのか?なぜワクワクするのか? 
科学的に心理的に物理的に感覚的にも掘り下げて。そんなことを考えていたら朝になりそう。 
自分が歩いてきたことを、楽しい記憶を、自店にてアウトプットすることが店なし雑貨屋の永遠のテーマです。







いろんなマーケットを歩いてきました。
そんななかで、前回表現したかったのは「マルシェの八百屋」 活気ある朝市でした。

毎度心掛けている取り組みとして、蚤の市の醍醐味でもある宝探しの楽しみ。

綺麗に陳列し伝える部分と、蚤の市で見る八百屋のような陳列。
選んだり組み合わせたり、今夜の献立が思い付くような相性を考えられた並べ方。接客すらも。


それらの融合バランスのさじ加減が、最もオンリーワンの部分であり、店なし雑貨屋にとっての「らしさ」だと。

マーケットに合わせてその比率を変えていくのが生粋の露店商のちょっとした技術でもあり、勘を働かせるところでもあります。※失敗から得るのです(笑)。



相対演出の中で八百屋感が出る様な トリックや仕掛けも盛り込んでみました。



初日から雨でしたが、とにかく思いっきり、やりたいことを とことんまでやらせて頂きまして、手紙社さん、お客さん、スタッフ、応援してくださった方々には心より感謝しております。
















































さて、第9回東京蚤の市、今回も出展させていただくことになりました。

この蚤の市、小心者なりに なにかと度胸もいるところではありまして。

しかし水を得たサカナというのではないのでしょうが、なんだろう、とにかく血が騒ぎます!
そして今回も、課題が! 大きく3つ、そのなかでも 「自分の体験してきた雑貨屋像」の基本に取り組んで来ようと思います。 その路線、ナガネン日々、研究と開発しております。カルトオタク級な趣味です。

ちょくちょく言っておりますが、この度も、【自己満足の先を目指し】ます。


準備疲れな自分にプレッシャーを掛けるためにも(^^; ここらでひとつだけ公開しておこうと思います。 (この先はご興味持たれた方だけがお読みくださいね。少し長いです)
蚤の市に行く目的が家電量販店にいくのと同じで、
明確に何々が欲しいとか、何々を探しているというお客様もおられるでしょう。
また風景を写真に納めるのが目的で来る人もいる。

でも、大半の人が いま歩いてて何が欲しいのか分からないのではないか、 それもそのはず、古いモノに特化したマーケットなんだもの。生まれて初めて見るものの方が多い!

そんなご来場者さんが、「買うつもりなんか全く無かったけど、つい欲しくなっちゃった。部屋のサイズお構いなしで あれもこれも」そんで気がついたら…

その場で心ときめく出来事に出会ってしまい、予期せぬハプニングスイッチが入ってしまう。

こういう買い物こそ本当に楽しいですよね。 …コレです! 経験あるでしょ? さらには「蚤の市特有の醍醐味」ともシンクロするハズです。

しかしこんなこと、売り手側は操作できるのだろうか?
それは分からないけれど、努力する価値のある、柔軟性に富んだマーケット、とその来場者層だと思っています。

もともとお客様が持たれていた感性を呼び起こすコト。

自分のなかの「好きな感じ」というのを再発見する手助けこそが、雑貨屋っていう業態としての、最も基本で大切な任務じゃないかなって。
そもそもモノがなにより好きだから始めた商売だから、変なモノにも共感してくれるのは、とっても嬉しい瞬間です。

だから、店なし雑貨屋にはうってつけの、やりがいを感じる取り組みになっている。 血が騒ぐのはこれが原因? 準備が大変なことになってしまったけど、
あらゆる仕掛けをとことんやってみたいと思います。

まずはプライスに添えたポップ(説明書き)も100以上は書きました。大半が主観の変な文章です。

アイテム数、過去最高かもしれません。初めて値段を付ける様な物体も多いので悩みまくり中です。 値札を見てどうしても高いものがあったら言ってください。ストーリーをお話しましょう(^^; 安いと思ったら黙ってササっと逃げるように買っちゃってくださいませ(笑)

出店は次で5回目、まだまだ常連さんが出来るほどの出店回数ではないですが、

あの店、何が出るか分からないけど 見てて楽しい店。発見できる店。痒いところに手が伸びる店。

楽しい店ってこういう店なんだっていう気持ち、雑貨屋めぐりしてて感じた、あの高揚感を与えられる側になりたい!

そろそろ東京蚤の市での常連さんを作りにいきます!! 東京蚤の市 決戦は【5月の14日 15日!】
どうぞ遊びにいらしてください。
大きな丸い時計が目印です。

※長文になってしまいました。お読み頂きまして ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★次回予告 桐生天満宮骨董市 2月 2016

2016年02月02日 | 骨董市編


2月6日(土)は桐生天満宮骨董市に出店します。 2月というのは年間で最も寒い過酷な営業日になります。
ご来場される方も普段より少なめかと思いますが、古い物好き夫さんと、変なモノ好き子さんだけが変わらず自然と訪れるだけ。

手抜きはありません、ラインナップには自信ありますよ!
温かくしてお越しください! 今回ティッシュは箱でご用意しております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 桐生天満宮骨董市 初市

2016年01月05日 | 骨董市編


【初売りお知らせ】
今年初出店となります桐生天満宮骨董市、2016年初市は、いつもの 第一土曜日ではなく、1月11日(月)開催です!

幸運!好運!耕運! 初市はオーラがあります。ぜひおこしください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次回予告 桐生天満宮骨董市 12月

2015年12月02日 | 骨董市編
12月5日(土)は桐生天満宮骨董市に 出店します。
今年最後の出店となりそうです。
感謝の気持ちを込めて 営業していきたいと思います!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加