Mrs.Uponwaterのブログ

日記です♪

のどぐろ

2017-07-26 08:47:41 | お料理
かの錦織圭が日本に帰って”のどぐろ”が食べたいと言って一躍有名になった魚です。先日市場へ行ったら三匹500円で売っていました。無名の魚が有名になった時価格が上がったのを覚えています。熱が冷めたらご覧の通り…。見た目は少々グロテスク、お鍋に入らないので頭と尾をちょん切りました。柔らかな白身が新鮮なのでころっとくずれます。白子に脂がありころっとした身と口に入ればまあ美味しい事。都会の料亭で出たら相当お高いでしょうに。有り難く田舎にいること感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ラガー・ポーチ

2017-07-25 09:27:17 | 趣味
ハワイアン・キルトがついに小物に発展しました。小さな物は難しい。ラグビーボールの形なのでラガー・ポーチと言うのでしょう。材料だけがセットのなっているものです。お店で己のスキルの程度もわきまえず、ただ可愛いので買ってしまった。どのパーツからから刺して行くかなど結構考えなければならず、自己流ですから大変でした。正規にはもっと易しくできる方法もあるのでしょう。ぷっくり膨らんで何とも愛らしい。アップリケをもう少し丁寧に針目を刺せばよかったと思っています。何せ老眼で夜でもかまわず刺していましたから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

認知機能検査

2017-07-23 14:48:45 | 日記
そろそろ運転免許証の書き換えが迫って来ました。車の運転が出来ないと今の寂しいけれど楽しい生活ができません。自由に遊びに出かけるためにも必須です。嫌な検査をして来ました。一ヶ月も入院してボケたら困ると本を読んで読んで読みまくり鍛錬しました。お陰で満点パーフェクト!。ご存知の通り20枚ぐらいの絵を記憶させ暫くたってその名前を書かせたり、用途別に分類させたり、たくさんの数字の羅列から指定された数字にチェックを入れる。すべて時間が決められている。しかし、楽ち~ん…でした。浮かれていると…ね?、身を引き締めて運転します。暫くしてから実技のチェックがある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖書と歎異抄 五木寛之、本田哲郎〔東京書籍)

2017-07-22 16:32:00 | 日記
常々”歎異抄”を読んでみたいと思いながら…。五木寛之の私訳、易しい言葉で誰にでも理解できるように訳した歎異抄を読んだ。無私無欲で”ナムアミダブツ”と念仏を唱えれば救われると言う。阿弥陀仏はわが名を呼ぶすべての人々をもれなく救おうと誓いを立てた特別な仏だそう。二人の著者は聖書と歎異抄を、キリストと親鸞を比較して似たような所が多々あると言う。善人ですら救われるのだから、増してや悪人をや…と親鸞はいい、キリストは私が来たのは罪人のため…と歎異抄と聖書は酷似している。アッシジの聖フランチェスコ(本田氏はフランチェスコ会の司祭)は己を騙せない人だったし親鸞の姿勢もぶれなかった。しかも親鸞とフランチェスコは同時代に生きているから、法然や親鸞の思想の中でキリスト教に非常に類似するもの、共通するものがあっても不思議ではないと。説いていることはシンプルで自分を偽らない、騙さないというのが二人の生き方だったそうです。100匹の羊の内1匹がいなくなったら羊飼いは当然その一匹を探しに行くべき…これが神の国の価値観であると言う。それは当然私の価値観でもあり、弱い立場の人や差別をされている人の側に立つ、夫がそうだったように私もぶれない。白州正子が言っていたが、私も何処にでも神は存在しその環境にある神を信じる。アッシジの大聖堂にはジョットの描いた聖フランチェスコの生涯の絵があると言います。いつの日かアッシジには是非行きたい。酷暑の中涼風、一服の書物であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三浦祐太朗 ”I 'm home"

2017-07-20 16:36:43 | 日記
笑ってください。三浦祐太朗のCDを買ってしまった。彼の母山口百恵が現役時代は何にも興味はなかった。(夫が歌謡曲は嫌いだったから)先日何かのテレビ番組で彼が”プレーバックパート2”を雑談の中で椅子に座ったまま歌ったのを聞いて…胸がときめいた!。爽やかな柔らかな声に色気があってね、雰囲気が凄く良い。雑学の大家の次女が「彼は歌が下手」と言った事があったので取り立てて興味はなかったが、テレビの数分の彼の歌声に出会ってこの老婆は胸をつかまれ舞い上がり、山口百恵のカバー曲のCD”I'm home"を即お買い上げ…と相成った。笑ってください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 赤い靴

2017-07-18 15:41:39 | 日記
デジタルリマスター・エディションの赤い靴をテレビで観た。確か中学一年生の頃小さな街の映画館で観て、結末は赤いバレエ・シューズに踊らされてついには橋から線路へ落ちて死んでしまう…と、そこに恋愛事情が絡んでいたなんて全く思っていなかった。カラー映画の珍しかった頃、初めての洋画でしかも田舎の小さな街の映画館でよく観たものだと我ながら感心します。誰と一緒だったか覚えていないが、母の裁量が在ったのだろうと思う。中学生の頭の中に明確に残っていた美しい場面や何故か覚えていた”モイラ・シアラー”と対面、感激のひとときでありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自家製 ところ天

2017-07-17 10:49:54 | お料理
毎年自分でところ天を作ります。やはり市販のものとは違って歯ごたえがあるように出来ます。お友達も喜んでくださる。50gの天草に2.5ℓ(2.7でも3ℓでもいいらしいが)の水と大さじ1のお酢を入れ40分煮詰めます。ところが今日はお酢を加えるのを忘れたら、驚いたことに市販より柔らかくがっかりです。やっと手でつかめるぐらい、つかんでも立たない。仕方が無い一人で始末します。体重のコントロールを丁度始めたのでいいでしょう。とホ.ホ.ホ.ホ~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ハワイアン・キルト

2017-07-15 15:18:32 | 日記
手仕事をしたくてハワイアン・キルトの材料をたくさん横浜で仕入れて来ました。しかし全くの自己流です。クッションの四個めが出来上がった。全てチクチク手のみで仕上げるので出来上がりの工程が楽しくてのめり込んだ。夢中になった時の充実感、心は満たされ本当に癒される。誰でも、どんな事でも夢中になれるものがある事は素晴らしいとつくづく思う。一個は孫娘が貰ってくれるそうです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

水着(Speedo)

2017-07-12 10:16:25 | 日記
オーソドックスな形のスピード製を愛用していたがついに臀部は薄くなり、内側の布もたらたら…と。気合を入れて水中ウオーキングしたいので新調しました。トレーンカットと言う背中が大きく開いていているものが多く、格好は良いがとても背中に傷のある身には着られない。チェックにチェックの末、フィットネス用の水着で良いのに出会った。やはりスピード製のセパレーツ、フィーシャーピンクとヴァイオレットのコンビです。…が何回撮っても紫がでません。青くなってしまう、もう少し派手です。  ばあさん、が・ん・ば・る・ぞ!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ギター・コンサート

2017-07-11 10:55:03 | 日記
H先生の門下生が集まって東日本チャリティー・コンサートが去る6月25日伊豆で開かれました。私は3ヶ月のお休みでパスしましたが残念でした。プログラムを頂いたが65人もの生徒さん、老若男女のコンサートは楽しいでしょう。”キラキラ星”から”シャレード”、バッハの”無伴奏チェロ組曲第一番プレリュード”まで素晴らしいですね。弾き語りをなさる方もいる。次回は必ずご一緒したいなあと思った。ボケ防止と言うと先生に失礼ですが全ての指の動きはとても効くと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加