「ほんの木」柴田敬三のUpdateブログマガジン 

出版社「ほんの木」が発行していた月刊オピニオン誌「Update」が四半世紀ぶりにブログで復活!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小島敏郎さん 「脱原発で衆議院選で過半数を!」

2012-08-26 15:00:00 | コラム
「脱原発」勢力で衆議院の議席で過半数を!?
「第3極」は維新の会ではなく「緑の政党」?

年内解散の可能性が高まっています。首相官邸前の数万人のデモに代表される「脱原発&再稼働反対」の声は、野田政権には届いていません。

民主党と自民党のどちらも過半数を取れない可能性の高い総選挙で、緑の意識を持った「20名」ほどの議員を通して、キャスティングボードを握って脱原発政策を実現させよう!そのための「政党要件」とは?環境省の元地球環境審議官で霞が関のことを知り尽くした小島さんの原稿は、とても面白いと玄人筋からの評判も上々です。

以下は、小島さんならではのご意見です。

「結局、民主党も自民党も、外交政策はアメリカに依存し、経済政策は経団連に依存し、政策作りは官僚に依存して政権を維持する道を選択してしまった。そこに国民はいません…。」

「緑の党は左翼ではありません。日本では保守だと思います。放射能汚染から日本の美しい国土と人々を守る。それこそ日本の保守主義でしょう。」

もっと詳しく知りたい方はこちらの本を。
『社会』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「緑の日本」 マエキタミヤ... | トップ | 銀座パレード発案者は石原都... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL