音楽劇 H27-10-31 土 小雨

2015-10-31 20:51:02 | アート・文化

   倉田松濤作品展 

 会場 文化施設。

 会期 H27-10-24~11-01。入場無料。

 作品紹介 俳画禅帖(地12)。

          

            

            

   第9回全校音楽劇 

 学校 地域の小学校 生徒41名。

 テーマ 絆を深めよう ~支えてくれるすべての人と~。

 演目 不思議な国の物語 ~アリスとトランプの国のプリンセス~

 会場 近くの市民会館。

 フェナーレから

       

     

 感想 ほぼ毎年観ているが環境良し。

     キャスト・スタッフ良し。申し分なし。

   

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本画展 H27-10-30 金 雨

2015-10-30 21:28:53 | アート・文化

   倉田松濤作品展から

 俳画禅帖(天 6/12) 期間10-24~11-01 会場 文化施設 

      

            

            

              

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美術展三昧 H27-10-29 木 雨

2015-10-29 22:01:49 | アート・文化

   読者文芸から

 盆休み 一週間を 持て余し 職退く後の 日々に怯(おび)ゆる。

  

 金具ずれ 足のぐらつく 卓袱台を 孫と別れる 朝捨てに行く。

  

   美術鑑賞

 頒布展 プロの作品展鑑賞。主に花の日本画。¥15万~30数万。

 再会 画家本人と会えた。久し振りで旧交を少し温めた。

 主催展 郷土ゆかりの日本画展。盛況。

 新聞効果 昨日の新聞掲載は効果抜群。入場者倍増??。

   役員会

 原案 原案のない会合。大嫌い。

 30分 前後合せて30分。中味は昨年同様。

     この短時間の為に10数名が車で集まる、帰る。空しい。

     何と無駄な時間の浪費?。費用対効果??は(-)かも?。

 文書 原案を文書で通知して意見を聞く。

     こんな役員会出来ないかな?。出来るよ? 出来る?。

  釘 ほんと?、うそ?。出る釘は打たれる。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

表彰式 H27-10-28 水 晴

2015-10-29 21:20:05 | 花いっぱい運動

   第51回全県花だんコンクール

 会場 秋田市 遊学舎。

 主催 秋田県、秋田県花いっぱい運動の会。

 主な表彰 知事賞2、教育賞4、ほか20団体個人。

      花のまちづくり賞1、功労者賞1。

 講評 審査委員長。

 発表 事例発表2. その他。

 贈呈・再会 懐かしい人と会える喜びあり。贈呈品の交換あり。

   記念誌

 団体 地域の花いっぱい運動の会。20周年。

 寄稿者 全県花いっぱい運動の会関係者の今日の寄稿者4名(4/15)。

 薄謝 寄稿者及び寄稿予定者。¥500、(11/15)。

     寄稿前の薄謝には抵抗があったらしいが手間は省けた。

     知り合いのよしみ。失礼 失礼。

   外泊

 泊地 秋田市、二女宅。

 編集 主に写真の処理とアルバム編集。北海道への家族写真。

 晩酌 日本酒で乾杯運動に協力。バカモノ バカモノ。

 

 

     

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

作詩 H27-10-27 火 晴

2015-10-27 18:29:32 | アート・文化

   読者文芸 詩壇から

     日の入り   作誌 町内のTM

  まなこがつぶれてしまうような

  ぎらぎらとにえたぎるような

  赤と朱色と白のまじりあった

  ふくらみのある

  つるされたようような夕日の糸が

  切れたように沈んでいく

  いたたきを染めて

 

  なまこをつぶすようなひかりが

  おもそうにたれる稲穂を

  撫でるようにひろがり

  稔のきいろが赤みをおびて

  こまかな陰影をえがき

  青草と干し草のまじりあった匂いが

  ひたいの奥をくすぐる

 

  明日をたしかなものとして

  めぐりくることをうたがわず

  すずむしの鳴き声をききながら

  いちごのランナーを植え終えて

  土手を歩く歩幅が

  いつもよりおおきく

  夕日をせおって映る

  影の長さ

 

  今に在り

  明日にも存在しているはずの

  自覚と自信が

  しっかりと胸に張りつく

  稲が刈られることも

  たしかなことであるし

  手にする稲穂のおもさと

  粒の黄みには

  まようことなく

  来し方を投影して

  今日の微熱を忘れさせ

  夕日が沈んだあとの

  からだの軽さに自分を信頼している

   H27-09-27 スーパームーン  (H27-10-27 満月)

  

  

 

  

  

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加