魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

魚沼地区生コン組合と地元自治体が協定

2017-07-08 | 17'魚沼市のニュー...
火災時の水利ミキサー車で


 魚沼地区生コンクリート協同組合と、南魚沼市、魚沼市、湯沢町が「災害時及び火災発生時の応援業務に関する協定」を締結することになり6月30日、南魚沼市役所で締結式が行われた。
 この協定は、災害・火災発生時に、災害対策・消火活動用資材の運搬などの応援業務を同組合から行ってもらうもの。糸魚川大火の際、消火用水が不足したため、延べ400台を超える生コンクリートミキサー車が現場に水を運んで消火活動に貢献したことから糸魚川市、柏崎市でも同様の協定が結ばれている。
 締結式では南魚沼市の林茂男市長、魚沼市の佐藤雅一市長、湯沢町の田村正幸町長と魚沼地区生コンクリート協同組合の上村一布理事長が協定書に署名し握手した。
 林市長は「山火事の際に沢の水を汲み上げるのは大変であり、平場でも冬は水が不足するので、今回の協定は大変ありがたい」、佐藤市長は「当地は山林を多く抱えており、消防だけで為しえないことがあることが糸魚川の大火で感じられた。市民の安全を担保する上で欠かすことのできない対応策です」、田村町長は「火災に備えることは極めて重要。また、災害時の素早い復旧にはコンクリートが重要になる」と述べ、上村理事長は「地域の企業人として地元に貢献できないかと考えていた。課題を克服しながら微力ながら地域に協力したい」と話した。
 同組合は魚沼地区の16社により構成され、組合全体で約60台の大型コンクリートミキサー車を所有。大型ミキサー車では一度におよそ4立方㍍の水を運ぶことができる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しねり弁天たたき地蔵まつり

2017-07-08 | 17'魚沼市のニュー...
梅雨空の下、奇祭賑わう


 魚沼市小出の奇祭「しねり弁天たたき地蔵まつり」が今年も6月30日、諏訪町の弁天堂と小出稲荷町の地蔵様を中心ににぎやかに行なわれた。
一夜限りの無礼講。この夜だけは「しねり弁天!」と声をかければ、男性が女性をしねって(つねる)よく、「たたき地蔵!」と叫べば女性が男性を叩くことができる奇祭。毎年梅雨時に行われることから天候が心配され、今年も時折雨が降る天候ではあったが、通りは大勢の人たちで賑わいを見せた。
本町通りなどは15時から車両通行止めとなり、サカキヤ前交差点では小出小学校2年生やキッズミュージカル「魚沼産☆夢ひかり」のパフォーマンス、よさこいソーラン、ヒップホップダンス、阿波踊りなどが行われた。
夕闇がせまる頃になると年に一度の無礼講もいよいよ本番。お囃子や踊り手を伴った長さ2・3mのご神体が繰り出し、元気のよい踊り手が見物客をしねったり、叩かれたりして祭りを盛り上げる。
まつりのクライマックスは新婚カップルを乗せたご神体が弁天様に突入する「金精様の婿入り」が行われ、ご神体が大しめ縄をくぐると周りからは拍手があがり、まつりは最高潮に達した。
また、まつりを締めくくる副賞付きの御神木とご利益札入りの福餅まきにも多くの人たちが集まっていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

議長に森島氏、副議長に遠藤氏

2017-07-08 | 魚沼市市議会選挙2017

改選後初の臨時会で選出



 市議会議員選挙後初めての魚沼市議会臨時会が7月3日に開かれ、議長に森島守人氏(63)、副議長に遠藤徳一氏(54)を選出するとともに常任委員会、特別委員会の委員会構成と正副委員長の選出などを行った。
 新しい魚沼市議会議員20人によるこの日の臨時会ではまず議長の選挙が行われ森島氏が立候補。所信表明の後行われた投票の結果、出席議員19人のうち19票を獲得して当選した。
 副議長の選挙には遠藤氏と大屋角政氏が立候補、投票の結果、出席議員20人のうち遠藤氏が18票、大屋氏が2票で遠藤氏が当選した。
 議長に選出された森島氏は「身の引き締まる思いです。魚沼市民のために一生懸命がんばる所存です」とあいさつした。
 この後は、常任委員会委員の選任、議会運営委員会および広報編集特別委員会の委員の選任などが行われた。常任委員会等の構成は次のとおり(◎印は委員長、○印は副委員長・敬称略)。
【総務委員会】◎渡辺一美○佐藤敏雄、大桃聰、大平栄治、髙野甲子雄、大屋角政、遠藤徳一
【福祉文教委員会】◎佐藤肇○大平恭児、浅井宏昭、星野みゆき、関矢孝夫、本田篤
【産業建設委員会】◎志田貢○富永三千敏、星直樹、大桃俊彦、岡部計夫、森山英敏
【議会運営委員会】◎関矢孝夫○大屋角政、志田貢、佐藤敏雄、渡辺一美、佐藤肇、本田篤
【広報編集特別委員会】◎髙野甲子雄○星野みゆき、星直樹、浅井宏昭、大桃俊彦、佐藤敏雄
▼議会内会派(○印は代表)
【しんせいクラブ】○関矢孝夫、渡辺一美、富永三千敏、大桃俊彦
【新魚沼クラブ】○遠藤徳一、志田貢、本田篤、森山英敏
【創生市民の会】○佐藤敏雄、岡部計夫、佐藤肇、大平栄治
【日本共産党】○大屋角政、大平恭児
【会派所属なし】星直樹、浅井宏昭、星野みゆき、大桃聰、髙野甲子雄、森島守人
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼市で全国河童サミット

2017-07-01 | 17'魚沼市のニュー...
「かっぱ村」村民が集合



 全国の河童連邦共和国「かっぱ村」の村民が一堂に会する「全国河童サミット魚沼大会」が6月24日、魚沼市下折立で開催された。
 河童連邦共和国は、かっぱを通じて国民相互の親睦を図るとともに、かっぱに関する情報交換などにより友好の輪を広げることを目的に1988年に建国された。
 魚沼市では、昨年7月に県内で初めての「湯之谷かっぱ村」が設立され、今年、魚沼市で全国河童サミットが開かれることになった。
 サミットには北は北海道、南は台湾台北市から約120人が参加した。折立振興組合前の河童池では読経に続いて湯之谷かっぱ村の星謙一村長が「河童連邦共和国に集う各かっぱ村の発展と国民、村民の安寧をお守りください」とかっぱ様に呼びかけ乾杯した。
 セレモニーに続く総会では宇田川敬之助大統領が「河童連邦共和国は長い歴史があります。これを今後とも継続していくことを第一に職務に努めてきました。皆さん方に一層のご支援をいただいて連邦共和国がますます発展することを願っています」とあいさつし議事を行った。
 総会終了後には30回を記念して市内の語り部が、かっぱにまつわる昔話を披露。交流会では酒を酌み交わして村民同士が交流を深め、ぱっぱ談義に花を咲かせていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市民検討会が初会合

2017-07-01 | 庁舎再編整備構想
既存庁舎等の利活用




 市役所既存庁舎および土地の利活用について地域住民の意見を聴き、計画策定の参考とする「市役所既存庁舎等利活用市民検討会」の初会合が6月27日、地域振興センターで開かれた。
 この検討会は、新庁舎建設および公共施設再編に伴い、市役所既存庁舎、土地の利活用について、周辺地域の活性化や周辺公共施設の効率的な利活用も含めて、地域住民の意見を聴き、計画策定の参考とするため6月から9月まで5回にわたり開かれるもので、メンバーは中学校PTA、既存庁舎所在地連合自治会長、建設業者会、商工会、コミュニティ協議会などから推薦された70人と一般公募による5人の合計75人。
 検討会では佐藤雅一市長が「それぞれの目線でこれからの公共施設のあり方を検討いただきたい」とあいさつ、検討会の趣旨やスケジュール、公共施設の現状と課題が説明された後、旧町村ごとの6つのグループに分かれてのグループワークが行われた。
 公共施設の課題と既存庁舎・跡地の利活用を検討内容としたグループワークの発表では、既存庁舎・跡地利活用について「交通アクセスが良いので道の駅のような物販の施設に(堀之内庁舎)」「一部民間に貸して活用を(湯之谷庁舎)」「庁舎に代わるコンパクトで色々と使える施設が欲しい(入広瀬庁舎)」「薮神駅に近いので、只見線を利用した活用を(広神庁舎)」などの意見が出されていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼市住民健康講座

2017-07-01 | 17'魚沼市のニュー...
心肺蘇生の重要性など学ぶ



 医療を支えて育てる住民の学びの場「第26回魚沼市住民健康講座」が6月23日、小出ボランティアセンター多目的ホールで開催された。
 講座は小千谷市魚沼市医師会と新潟県労働衛生医学協会が開いたもので、第1部で新潟大学大学院医歯学総合研究科新潟地域医療学講座地域医療部門特任教授の井口清太郎氏が「魚沼は地域医療教育のメッカです」と題して講演した。
 井口氏は、平成22年以降、新潟大学の医学生は全て魚沼で地域医療を学んでいることや、魚沼は地域医療・医療再編の観点から注目されていることを紹介。「コメのブランド名以上に『魚沼』を地域医療教育のメッカとして名を広めたい」と語った。
 第2部では東京慈恵会医科大学救急医学講座教授の武田聡氏が「地域で救う大切な命~心肺蘇生法AED使用法と救急システムの最前線~」と題して講演。突然死の実例を紹介した後、胸骨圧迫と早期除細動の重要性を指摘、「地域でAEDをもっと積極的に使おう」と呼びかけた。
 また、心肺蘇生への積極的な取り組みを促す「PUSHプロジェクト」を紹介し、簡単な用具を使った胸骨圧迫などの実技も行われた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼市議選・投票率は71%

2017-07-01 | 魚沼市市議会選挙2017
現職15人、新人4人、元職1人が当選



 任期満了に伴う魚沼市議会議員選挙は6月25日に投票が行われ、即日開票の結果、定数20人の新しい魚沼市議会の顔ぶれが決まった。
 今回の市議会選挙には定数20人に対して現職15人、新人5人、元職2人の22人が立候補。2人超過の少数激戦となった。
立候補者が前回より1人多いこと、有権者数が前回より1000人以上減っていること、旧町村の枠を越えて動く票に当選ラインが見えない中、22人がしのぎを削った。
 少数激戦の末、新人1人、元職1人が涙を呑んだ今回の市議選。今回も前回の選挙と同様に、上位当選を果たした候補は、地域などの結束によるきちんとした地盤を持って選挙に臨んだ人が、現職、新人ともに多かった。これら候補は高齢化や人口減少などの不安も大きい、中心地域から少し離れた地区の候補が多い。その一方で、地域としてまとまりづらい市の中心地域やその周辺地域では、現職が勇退しても新たな立候補者がなかった地域もあり、激しい票の争奪戦が繰り広げられた。
 また、今回は30代、40代の若手の新人が上位で当選しており、有権者の若い世代への期待の高さがうかがわれた結果となった。
投票率は71・00%で前回の74・27%、前々回の82・42%を下回り過去最低となった。
前回よりも立候補者が多くなったこと、有権者数が1000人以上少ないこと、投票率が前回を大きく下回ったことなどから、当選ラインは170票あまり下がった。
当日有権者数3万1620人、投票者数2万2451人、投票総数2万2450、無効投票297、持帰り1
魚沼市議会の新しい顔ぶれが決まったことから、今後は正副議長の選出や委員会構成などが注目される。改選後初めての議会は7月3日に開かれる。


魚沼市議選開票結果(選管確定)
定数20-22
当 1827 森島 守人 63 無現 今  泉
当 1636 渡辺 一美 57 公現 吉  田
当 1615 遠藤 徳一 54 無現 田  川
当 1487 浅井 宏昭 39 無新 大栃山
当 1413 星野みゆき 45 無新 根小屋
当 1328 星  直樹 38 無新 吉  田
当 1265 髙野甲子雄 68 無現 中  原
当 1216 関矢 孝夫 62 無現 並  柳
当 1192 本田  篤 46 無現 大塚新田
当 1166 富永三千敏 63 無現 下折立
当 1111 志田  貢 60 無現 大倉沢
当 1064 大桃 俊彦 62 無新 七日市
当  951 大屋 角政 59 共現 下  倉
当  911 大平 恭児 54 共現 須  原
当  718 佐藤 敏雄 67 無現 田  中
当  714 岡部 計夫 65 無現 青  島
当  696 森山 英敏 66 無現 板  木
当  643 佐藤  肇 58 無現 四日町
当  393 大平 栄治 76 無現 穴  沢
当  383 大桃  聰 61 無元 七日市
   339 米山  透 61 無新 井口新田
    82 松井 浩美 63 無元 根小屋
(小数点以下切り捨て


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼市で特殊詐欺被害

2017-07-01 | 17'魚沼市のニュー...

訴訟取下げ名目で騙す



 小出警察署は6月28日、魚沼市居住の60歳代女性からの訴訟取下げ名目の特殊詐欺被害の届出を受理した。
 届出によると、今年6月上旬、女性宅に「民事訴訟管理センター」から契約不履行により裁判取下げ期日を過ぎた場合は財産などを差し押さえる旨のハガキが郵送されてきた。
 女性が同センターに連絡したところ、控訴取り下げ費用名目で金銭を要求され、犯人に指示されて電子マネーギフト券を購入して管理番号を教えたり、宅配便で現金を送るなどして6月12日ころから26日ころまでに総額約550万円を騙し取られたもの。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8日にBCリーグ公式戦

2017-07-01 | 17'魚沼市のニュー...

南魚沼市ベーマガSTADIUM

 南魚沼市ベーマガSTADIUMでルートインBCリーグ公式戦「新潟アルビレックスBC対群馬ダイヤモンドペガサス」が7月8日に行われる。
 群馬ダイヤモンドペガサスは、BCリーグ東地区で前期(4月~6月)優勝している。
 試合開始は15時。チケットは前売り大人1300円(当日1500円)、高校生以下400円(同500円)、未就学児無料。
 チケットは南魚沼市民会館、大和公民館、塩沢公民館、サトウスポーツ、ベーマガSTADIUM事務室で販売されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加