魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

堀之内、十日町など各地で浸水被害

2017-07-25 | 魚沼市市議会選挙2017
記録的な豪雨魚沼に



 大気が不安定になったことから、県内は7月17日夜から18日昼過ぎにかけて激しい雨が降り、魚沼市でも家屋の浸水や土砂災害など被害を受けた。
 魚沼市では今回の大雨で18日4時55分に災害警戒本部を設置、4時40分に高倉地区に避難勧告を発令、さらに5時15分には入広瀬地域全域、12時には広神地域全域と堀之内地域、小出地域、湯之谷地域、守門地域の一部に、13時45分には小出地域全域に避難勧告が出された。
 市では避難勧告を出した地域に1次避難所の開設を要請。堀之内地域で33人、小出地域で45人、湯之谷地域で38人、広神地域で33人、入広瀬地域で5人の合計154人が避難した。避難勧告は19日17時30分に出されていた全ての地区が解除され、同時に全ての避難所が閉鎖された。
 この大雨により堀之内地域の西又川右岸、与越川が越水、増沢川右岸堤防が決壊したほか、伊米ヶ崎地区を流れる三用川左岸堤防が約30㍍にわたり決壊、堀之内地区、十日町地区などで家屋などの浸水被害が多数あった。
 魚沼市がまとめた19日7時現在の被害状況は、人的被害はなし。家屋被害は調査中で、家屋の浸水があった地区は堀之内地域が堀之内、大石、下倉、根小屋、竜光、新道島、下島、田川、和長島、吉水、魚野地地区など。 
 小出地域が小出島、川西、四日町、古新田、青島、虫野、十日町地区など。
 湯之谷地域が大沢地区など。広神地域が一日市地区など。
 入広瀬地区が穴沢、平野又、芋鞘、中手原、大白川地区などとなっている。
 農林関係では水稲の冠水が古新田、下島であり、土砂災害では魚野地でがけ崩れ、田川で土砂崩れが発生。ライフライン被害では福山地区で一時停電となったほか、下島地区、吉水地区で水道管破損により断水した。観光施設では浅草源泉送水管の被害により浅草山荘などへの源泉供給ができなくなっている。
 17日20時から18日23時までの総降水量は、小出で187㍉、堀之内で233㍉、破間川ダムで201㍉だった。
 なお、堤防が決壊した三用川では、水際部へのコンクリートブロックの設置、大型土のうや盛土などにより仮堤防が施工され、19日8時30分に応急復旧工事が完了した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関係者が会場を清掃

2017-07-25 | 魚沼市市議会選挙2017

うおぬま夏の雪まつり



 22日からの「うおぬま夏の雪まつり」を前に18日にはまつりの関係者が会場となる魚沼市大湯温泉の奥只見レクリエーション都市公園で清掃活動を行った。
この活動は、「きれいな会場でお客様をお迎えしよう」と湯之谷商工会青年部、地元の大湯温泉、まつり実行委員会が行ったもの。
 この日はあいにく早朝から強い雨が降る天候となったが5時30分に約20人が集まった。
 活動は雨が小降りとなった時を見計らって行われ、参加した人たちは雨具を着込んで公園内の通路や魚のつかみ取りが行われる川などのゴミを拾って回った。
 今年のまつりでは交流センターユピオ脇に保存されている雪を使って、昨年初登場した「ユンボート」(油圧ショベルを使った雪上メリーゴーランド)が行われるのをはじめ、魚のつかみ取り大会、湯之谷小学校鼓笛隊演奏、魚沼産☆夢ひかりのステージ、消防戦隊ウオヌマンのステージなどが行われる。
また会場にはご当地グルメやグッズを販売する「ご当地グルメ・物産店」も開設され、お笑いステージでは22日に「2700」、23日は「5GAP」と魚沼市出身の吉本芸人「おばたのおにいさん」が登場し会場を盛り上げる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田川老人クラブが研修会

2017-07-25 | 魚沼市市議会選挙2017
健康寿命をテーマに




 魚沼市田川の田川老人クラブ(笹岡昇会長)では7月14日、研修会を集会所で開催、同市堀之内の薬剤師、宮正伻さんが健康寿命をテーマとした講演を行った。
 研修会には約20人が参加。宮さんはまず、妙高市の画家で今年5月に113歳で亡くなった後藤はつのさんが心掛けていた「よく笑うこと」「よく噛んで食べること」の2点を紹介。「笑うタネを見つけることが大切で、面白いことを言うためには考えなくてはならない。これが長生きの秘訣」「人間の体は食べ物によって代謝する。そのためにはよく噛むことが大事で、人間が丈夫でいられる元は口にあります」と話すとともに、宮さんの助言により35年間ウォーキングを続け、毎日歩いた時間を記録。床に伏せることなく102歳まで生きた人のことも紹介し、運動の大切さも指摘。「膝が痛い人は体操を」と勧めていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食中毒予防推進グッズ

2017-07-25 | 17'魚沼市のニュー...
小出食品衛生協会が市に寄贈

 8月は食品衛生月間であり、小出食品衛生協会(永山和夫会長)では同月間に協賛した事業の一環として魚沼市内の小学3、4年生に食中毒予防の大切さを学んでもらうための推進グッズを配布することになり、7月20日には同市教育委員会にグッズを贈呈するとともに事業趣旨を説明した。
 児童に配布されるのは日本食品衛生協会が子ども向けに作成した食中毒予防の下敷き。同協会オリジナルキャラクター「食中毒防止隊タベルマン」を使って、食中毒を防ぐための「菌やウイルスをつけない」、「菌をふやさない」、「菌やウイルスをやっつける」の食中毒予防3原則や衛生的な手洗いの方法を紹介している。下敷きは2年に一度、市内の小学3、4年生に配布されている。
 この日は永山会長らが教育委員会を訪れ、梅田勝教育長に下敷きを手渡した。
 永山会長は「食中毒を予防するには手洗いが大事です。下敷きを見て手洗いの方法を子どもたちから学んでもらえれば」と話した。
 この下敷きは学校を通じて市内9校の小学校の3、4年生556人に配布される。
 寄贈を受けた梅田教育長は「定期的に学年を指定して渡せることは、一つの刺激になります。指導もマンネリ化しやすいので、資料を提供していただき、学校や家庭で一声かけることが手洗いの持続につながると思います」と話していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月に就職合同説明会

2017-07-25 | 17'魚沼市のニュー...

塩沢信用組合が開催


 塩沢信用組合では「UIJターン人材雇用・魚沼大会」(就職合同企業説明会)を8月11日、南魚沼市民会館多目的ホールで開催する。
 地域密着型の金融機関が主催する全国でも珍しい就職合同説明会で初めての開催。ハローワーク南魚沼共催。
 地元魚沼の企業100社と協賛を結び同組合が核となり、地元企業の人材確保と地元に雇用を創出し、定住人口を増やすことを目的としている。
 同組合の取引先企業100社を組織化したベストパートナー企業100社のうち、説明会には30社以上が参加する予定で、説明会の対象は既存求人登録者、2,018年3月・19年3月卒業予定の大学生、専門学生、就職予定学生の保護者。
 時間は13時30分から17時までで、参加無料。事前申込不要。求職者の入退場は自由。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

29日に「堀之内まちなかビアガーデン」

2017-07-25 | 17'魚沼市のニュー...
一押し料理が大集合



 魚沼市堀之内の商店街を歩行者天国として生ビールやお店の一押し料理などを楽しむ「堀之内まちなかビアガーデン(One Night Summer堀day)」が7月29日に開催される。
 このイベントは、地域の特産品と地元のお店の名物料理を提供し、街中に賑わいを取り戻そうと堀之内商工会会員による実行委員会が昨年初めて開催、多くの来場者を集めた。
 当日は、上仲交差点から商工会館前までの通りを歩行者天国にして地区の20店が出店。生ビールをはじめ、もち豚串焼き、ソーセージ盛り合わせ、もつ煮込み、から揚げ、ベーコン焼き、餃子、鮎一夜干、タイ料理、ココナッツカレー、手打ちそば、おぼろ豆腐など名物料理を販売するほか、地元特産品や新鮮野菜の販売も行われる。時間は16時から21時(料理ラストオーダー20時30分)まで。
 各店では、現金での購入のほか、100円券11枚を1000円で購入できる前売りチケットも利用できることになっており、前売りチケットはクリーニングの紺新、でんきと住まいのタマガワ、レストランプルミエ、丸末書店、レストラン朱鷺、大吾菓子舗、PREMIER HAIR Diva、酒匠地酒のかねしん、ピーカブー、堀之内商工会で販売されている。
 当日、会場では地元ジャズバンドの演奏も行われることになっており、主催者では多数の来場を呼びかけている。入場無料。
 なお、雨天の場合は30日に順延して開催される。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津軽三味線と昔語り

2017-07-16 | 17'魚沼市のニュー...
雲蝶の郷「内田邸」で楽しむ


 魚沼市大浦の西福寺近くで、まちの駅・雲蝶の郷「内田邸」を開設している大浦雲蝶会では「津軽三味線と昔語りの夕べ」を7月8日、内田邸で開催した。
「雲蝶の郷 内田邸」は、石川雲蝶の作品群で知られる西福寺開山堂の近くの空き家を活用し、地元大浦の人たちを中心に組織する大浦雲蝶会(関繁信会長)が毎週日曜日に開設している地元野菜などの直売所。無料で休憩できる案内所「まちの駅」にもなっている。
「津軽三味線と昔語りの夕べ」は、「観光客ばかりでなく集落の人たちからも内田邸に来てもらおう」と結成4年目の同会が初めて企画したイベント。当日会場には子どもから大人まで集落内外から約50人が訪れた。
イベントではまず、小出島の横山勝範さんが祭囃子や「津軽あいや節」など津軽三味線の演奏を披露。続いて大浦在住で魚沼昔ばなしの会会員の関篤子さんが「弥三郎婆さ」、佐藤春美さんが地域に伝わる昔話「浄源塚の一本杉」を語った。
ロウソクを灯し、室内の明かりを落として語られる昔話に会場の人たちは静かに耳を傾け、その後再び行われた三味線の演奏では「小出小唄」や「津軽じょんがら節」などをじっくりと楽しんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼地域振興局が6人に感謝状

2017-07-16 | 17'魚沼市のニュー...
道路除雪業務に貢献



 新潟県魚沼地域振興局では7月7日、長年にわたり道路除雪業務に携わってきた人たちに感謝状を贈った。
 感謝状の贈呈は、長年にわたり新潟県が管理する道路の除雪業務に携わり、県民の安全・安心の確保、地域社会の維持に貢献した人たちに感謝の意を表するとともに貴重な除雪技術を次世代に承継、安定的な除雪体制の維持、除雪オペレーター育成、さらなる除雪技術の向上ために今年度から行われるもの。
 魚沼地域振興局では、地域整備部が管理する道路の道路除雪オペレーター業務に20年以上従事し、他の模範とされる人として波方正巳さん(小出地区除雪企業体)、須田正作さん(同)、佐藤利之さん(堀之内地区除雪共同企業体)、馬場節二さん(広神地区除雪企業体)、小峯晴男さん(同)、星野恭平さん(入広瀬地区除雪企業体)の6人に感謝状を贈ることになった。
 贈呈式では、まず小幡武志局長が「県内でもトップレベルの機械の操作技術、安全管理にも秀でた仕事をしていただいています。これからもその技術を益々磨いていただくとともに、後継者の方々にも技術の継承をお願いします」とあいさつし、一人ひとりに感謝状を手渡した。
 感謝状を受け取った波方正巳さん(63)は41年間、除雪作業に携わっており「感謝状いただき大変うれしい。除雪はやりがいのある仕事。機械に乗るのが好きなので、作業している時に疲れは感じない」と笑顔を見せていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

22、23日に「うおぬま夏の雪まつり」

2017-07-16 | 17'魚沼市のニュー...
「ユンボート」や魚つかみ取り


 保存しておいた大量の雪を使って行なわれる真夏の雪祭り「うおぬま夏の雪まつり」が魚沼市大湯温泉の奥只見レクリエーション都市公園と交流センターユピオで7月22、23の両日開催される。
 大量の雪を特殊シートで保存し、真夏に繰り広げられるこの雪まつり。まつりでは交流センターユピオ脇に保存されている雪を使って、昨年初登場した「ユンボート」(油圧ショベルを使った雪上メリーゴーランド)が行われるのをはじめ、魚のつかみ取り大会、除雪車の展示、ガラポン抽選会、湯之谷小学校鼓笛隊演奏(22日11時40分~)、堀之内体育館ダンス教室ステージ(23日11時~)、魚沼産☆夢ひかりのステージ(23日14時20分~)、消防戦隊ウオヌマンのステージ(23日15時~)、折立6人餅つき、奥只見ダム地下発電所見学ツアーなどが行われる。
また会場にはご当地グルメやグッズを販売する「ご当地グルメ・物産店」も開設される。
お笑いステージでは22日に「2700」、23日は「5GAP」と魚沼市出身の吉本芸人「おばたのおにいさん」が登場し会場を盛り上げる。
問い合わせは一般社団法人魚沼市観光協会☎025-792-7300、魚沼市商工観光課☎025-792-9754へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月岡公園のユリまつり

2017-07-16 | 17'魚沼市のニュー...
咲き揃った1万本の花



 国内有数のユリの産地である魚沼市を市内外のアピールする「月岡公園ユリまつり」が7月8日、同市堀之内の月岡公園で開催され、市内外からの来場者で賑わった。
この日は真夏を思わせる暑さとなった。広さ16㌃に1万本のユリが植えられた花ひろば下段の畑では、赤、白、ピンク、オレンジ、黄色の5色のユリが咲きそろい訪れた人たちが、きれいに咲きそろったユリをカメラに収めたり、記念撮影する光景が見られた。
また、公園内に並んだテントではユリ切花の直売が行われた。この日は黄色のアラジンズデジールやピンクのコンパニオン、パーティダイヤモンドなど12種類が1束300円で販売され、割安の花を求める人たちが次々と手に取っていった。
また、会場では豆腐、「深雪ます押し寿し」など魚沼ブランド推奨品や「ユリ根おこわ」、触れるとユリの香りがする「うおぬまゆりの香り一筆箋」の販売のほか、堀之内商工会青年部・女性部による焼そばやジュースなどの飲食コーナーも設けられ、訪れる人を楽しませていた。
全国有数のユリの産地である魚沼市では、今年は春からの気温が低かったことから例年より生育が遅く、出荷はこれからが本番。今年は花の発色が良い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火炎土器とその周辺

2017-07-16 | 17'魚沼市のニュー...

22日から目黒邸資料館で企画展


 魚沼市教育委員会では平成29年度目黒邸資料館夏季企画展「火炎土器とその周辺Ⅱ」を7月22日から同市須原の目黒邸資料館で開催する。
 魚沼市では今年度、新潟市・三条市・長岡市・十日町市・津南町で構成する「信濃川火焔街道連絡協議会」に加盟、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを文化庁が認定する「日本遺産」に追加認定された。
 同展では、「日本遺産」の構成文化財となっている正安寺遺跡、原居平遺跡、布場上ノ原遺跡とその出土品を中心に火焔型土器、沖ノ原式土器などの土器や石器などを展示する。
 また、長岡市の馬高遺跡で初めて発見され命名の由来となった「火焔土器」のレプリカや、只見町の協力を得て東北系の土器も紹介されることになっており、となりの文化圏の土器と見比べることもできる。同教育委員会では「展示を通して縄文人の生活や精神性などに思いを馳せていただければ」と来場を呼びかけている。
 8月27日まで開催。期間中の8月6日11時から展示解説が行われるほか、関連イベントとして8月に「うおぬま縄文体験教室」が開かれる。
 教室は8月4日と5日に行われる。「縄文土器作り」と「勾玉作り」があり、会場は小出北部公民館で時間は9時30分から12時と13時30分から16時。参加費は500円で定員は各20人。申し込み、問い合わせは魚沼市教育委員会生涯学習課文化財係☎025-794-6073へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼バイオリンランドクラブ 魚沼混声合唱団

2017-07-16 | 17'魚沼市のニュー...
8月20日に合同演奏会

 「魚沼バイオリンランドクラブ&魚沼混声合唱団合同演奏会」が8月20日、魚沼市小出郷文化会館大ホールで開催される。
 演奏会は魚沼バイオリンランドクラブの20周年を記念して開かれる。出演は魚沼バイオリンランドクラブ(OB含む)、同クラブ指導者の安倍慶子さん(ヴァイオリン)、ミゲル・ソーサさん(ピアノ)、﨑野敏明さん(チェロ)、魚沼混声合唱団・ChoeurAnge(クールアンジュ)、吉田顕さん(合唱団指揮者)。
 モーツァルト作曲の「アイネ クライネ ナハト ムジーク」をはじめ20周年のためにミゲル・ソーサさんが作曲した「静かな川」、秋田県大仙市大川西根小学校の児童が作詞した「フレンズ」(作曲、ミゲル・ソーサ)、ミゲル・ソーサさんの曲に守門デイサービスセンターの利用者が詞を付けた「七夕」などが演奏されるほか、魚沼混声合唱団とChoeurAngeはシューベルトの「野ばら」などを披露する。
 13時開場、13時30分開演。入場料は前売り、当日とも1000円、小学生以下無料。チケットはヘア・ショップASAHI、プロミスト・ランド、蔦屋書店小出店、タナカ薬局、神湯温泉倶楽部、馬場書店、つるや商店、コミュニティホールさわらびなどプレイガイドで扱われている。
 問い合わせは代表の諸橋さん☎090-4066-7204、魚沼市小出郷文化会館☎025-792-8811へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目黒邸でサロンコンサート

2017-07-08 | 17'魚沼市のニュー...
豪農の館に和太鼓響く



 サロンコンサート2017「GONNA(ガナ)和太鼓×マリンバ」が7月1日、魚沼市須原の国重要文化財・目黒邸で開催され、集まった約150人がリズミカルで迫力がある演奏を楽しんだ。
 GONNAは2003年、名古屋で結成。和太鼓とマリンバとのアンサンブルという独特のスタイルのユニット。豪農の館の土間に楽器を据え、茶の間が客席というスタイルで行われたコンサート。オリジナル曲の「blood」、コルサコフの「クマンバチの飛行」、アンダーソンの「トランペット吹きの休日」と力強い太鼓の響きと軽やかなマリンバの音色で邸内は包まれた。
 ポリバケツやペットボトル、段ボール箱などを叩いて演奏する「リサイクルⅡ」が会場の人たちの笑いも誘い、「津軽海峡雪景色」「天城越え」「川の流れのように」など演歌のメドレーでは手拍子が打たれ、会場との一体感も感じられるコンサートとなっていた。
 コンサート終了後、南魚沼市から訪れた40歳代の男性は「面白かった。太鼓の音が目黒邸内に響き迫力を感じた」と満足気な表情を見せていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

林業体験してみませんか

2017-07-08 | 17'魚沼市のニュー...

「魚沼!森林塾」の参加者募集


 魚沼市では、若者から森林や林業に対する関心を高めてもらう「魚沼!森林塾」を昨年度に引き続き開催することになり受講する若者たちを募集している。
 緑豊かな山々と森林に囲まれた同市では、豪雪など様々な課題と向き合いなら森林整備を進めているが、これら森林資源を有効活用するためには林業の担い手が不可欠であることから若者たちに森林や林業について知ってもらう「森林塾」を開催している。
 森林塾は、魚沼市内外の高校生から概ね30歳までの人を対象に開かれるもので、開催日は第1回目が8月19、20日、2回目が9月16、17日。
 内容は、1日目が伐採、玉切り、集材などの林業体験、2日目は伐採木を使った箸作りやツリークライミングが行われる。
 1泊2日で行われ、1日目のみの参加、宿泊なしの参加も可。体験場所は守門地区、入広瀬地区。定員は各回とも先着8人で参加無料。申し込み、問い合わせは魚沼市役所農林課農政室☎025-799-4603へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

総理大臣のメッセージ伝達

2017-07-08 | 17'魚沼市のニュー...

社会を明るくする運動


 法務省主唱の第67回「社会を明るくする運動」~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~の推進にあたっての内閣総理大臣メッセージが6月30日に魚沼市に伝達された。
 「社会を明るくする運動」は、全ての国民が犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合せ、犯罪や非行のない安全で安心な地域社会を築こうとする法務省主唱による全国的な運動。「更生保護の日」の7月1日から1か月を強調月間として、全国各地で広報やキャンペーン、講演会など様々な活動が実施されている。
 この日は小千谷魚沼地区保護司会の眞島源一副会長はじめ7人の保護司が市役所を訪れ、「犯罪や非行をした人を地域から排除したり、孤立させるのではなく、適切な『仕事』や『居場所』の確保を通じて、責任ある社会の一員となるよう支えていくことが大切です」という安倍晋三内閣総理大臣のメッセージが読み上げられ佐藤雅一市長に手渡された。
 メッセージの伝達を受けた佐藤市長は「保護司会の皆さんの日頃の活動に敬意を表します。社会を明るくする運動の安倍晋三総理大臣のメッセージをいただき、市としても皆さん方と一緒になって活動していきたい」と述べていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加