魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

田植え体験楽しむ

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース

学習院OB会が魚沼で



学習院OBやその家族による田植え体験が今年も5月23日、魚沼市湯之谷芋川で行われ、参加者は魚沼市民と交流しながら田植えを楽しんだ。
 この田植え体験は、同市銀山平に学習院大学ワンダーフォーゲル部の山小屋があることが縁でワンダーフォーゲル部OB会が主催して毎年行われているもの。
 今回は大人28人、子ども19人が参加した。一行はお昼前に魚沼に到着。地元の人たちが餅つきや歓迎式を開いて迎えた。
 地元で用意したお昼を済ませた一行は「けんぽセンター」近くの田んぼへと移動して、いよいよコシヒカリの田植えにチャレンジ。田植えには地元の湯之谷芋川の人たち約20人も参加、まず地元の人たちから植え方の説明を受けると、裸足になって田んぼの中へ。
 この日は朝から青空が広がる田植え日和となり、子どもたちは田んぼの感触に歓声を挙げながらも渡された苗をていねいに植えていった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

堀之内小にゴーヤ苗贈る

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース

東北電力の「放課後ひろば」


東北電力魚沼営業所(小野薫所長)では5月27日、魚沼市の堀之内小学校にゴーヤの苗を寄贈するとともに出前電気教室を開催した。
 この活動は、地域の未来を担う子どもたちが、のびのびと成長できる環境づくりのための次世代支援プロジェクト「放課後ひろば」の一環として行われているもの。
 活動は同校の4年生57人が参加した。ゴーヤの苗8株とそれを植えるプランター4基、土などが用意された児童玄関前で、同営業所から「電気をつくるのにはガス、石油など貴重なエネルギーを使っています。電気を無駄にすると資源を無駄にするので省エネを心がけましょう。植物を育てると優しい気持ちになれます。その気持ちで友達や家族に接してください」とあいさつがあった。
 続いて苗の植え方が説明され「一番大切なのは水やり。暑くなってもちゃんと水をやってくだい」と話されると、子どもたちは1つのプランターに2株ずつ植えていった。
 子どもたちの作業が終わると「葉が5枚になったら芯を摘み、出てきたツルの葉が5枚になったらまた芯を摘んで」とグリーンカーテンの作り方も指導されていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南魚沼市図書館が1周年

2015-05-30 | '15魚沼地域のイベント
水島あやめ展やジャズライブ



昨年6月にオープンした南魚沼市図書館「えきまえ図書館本の杜」では開館1周年記念事業として日本初の女流脚本家「水島あやめ展」を5月31日から6月21日まで、岡安芳明ジャズライブを6月14日に開催する。
 「水島あやめ展」は南魚沼市大月出身、日本初の女流脚本家で少女小説作家でもある水島あやめさんの著作物や関連資料を館内で展示するもの。
 ジャズライブは、日本の人気ジャズギタリストである岡安芳明トリオ(岡安芳明=ギター・香川裕史=ベース・高橋幹夫=ドラム)が出演。14時30分開場、15時開演。入場無料(要整理券)。入場整理券は同館、南魚沼市中央公民館で配布されている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小出署が被害防止で緊急会議

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース
魚沼市の特殊詐欺被害急増


小出警察署(礒野宏三署長)では、今年管内での特殊詐欺被害が大幅に増加していることから、被害抑止対策を強化する金融機関との「特殊詐欺被害防止対策緊急会議」を5月26日、同署会議室で開催した。
 同署管内の今年の特殊詐欺被害は5月20日現在、被害件数4件、被害総額900万円で、前年(年間)の1件、被害額103万円と比べて大幅に増加している。
 緊急会議には、市内の銀行、郵便局などの金融機関から約30人が出席。礒野署長が「もうこれ以上特殊詐欺の被害者を魚沼市から出さないという強い決意と、声かけによる被害防止の徹底と警察への通報について再度意思統一をさせていただいて、何としても今後の発生を防止したい」とあいさつ。続いて生活安全課から特殊詐欺の現状や最近の手口が説明され「高齢者が多額の現金を引き出すなどしており、理由を聞いても納得がいかないなどの不審点がある場合は、躊躇や遠慮することなく警察署へ通報をお願いします。通報があれば必ず警察官を皆さんの所に向かわせ、皆さんと一緒に不審点の解明や説得を行います」と対応について再確認した。
 会議ではこの後、多額の現金を引き出そうとする人に対する声かけ対応訓練も行われ、意見交換では出席者から「地域性からリフォームや自動車など多額の支払いを現金で行う方もいるので、業者から振り込みを勧めるようにしてもらってはどうか」「引き出す際に、金融機関で理由を聞かれることを利用者の皆さんから知っておいてもらえるとやりやすい」などの意見も出されていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さつきと盆栽展示会

2015-05-30 | お知らせ

6月6日から広神体育センター


「さつきと盆栽展示会」が6月6,7の両日、魚沼市今泉の広神体育センター(広神庁舎隣り)で開かれる。
 この展示会は、魚沼盆栽会の主催。地元の愛好者が丹精込めた「さつき」と盆栽を一堂に展示する。入場無料。7日は同会会員による花後の手入れ講習会も行われる。時間は8時から17時(7日は15時まで)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

湯之谷工芸感謝祭

2015-05-30 | '15魚沼地域のイベント

5月30日



「湯之谷工芸感謝祭」が今日5月30日、魚沼市大沢の障害福祉サービス事業所湯之谷工芸で行われる。
 感謝祭ではキャンドル作り体験(1回100円)をはじめ、おやつこおなご、ラスクなどの即売会、カレー・唐揚げ・焼きそば・揚げたこ焼きなど軽食の提供も行われる。
 時間は10時から14時。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山菜採り体験

2015-05-30 | '15魚沼地域のイベント

6月7日、福山森林体験の家


「山菜採り体験」が6月7日、魚沼市福山の福山森林体験の家で行なわれる。
 山菜採りと山菜尽くしの昼食会を楽しむもので、時間は9時から13時。参加費は大人2000円(昼食代含む)、子ども1500円。雨具、着替えなどを持参のこと。定員は先着50人。申し込み締め切りは6月4日。申し込みは福山森林体験の家《電》797-2366へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大湯温泉山菜まつり

2015-05-30 | '15魚沼地域のイベント

山の幸を楽しむ

 

山菜採りや様々なイベントを楽しむ「大湯温泉山菜まつり」が5月24日、湯之谷交流センター「ユピオ」で行われ、県内外から訪れた人たちが山菜採りやコンサートなどの催しを楽しんだ。
 この日は晴天に恵まれ、まつりの人気イベントの山菜ピクニックでは、県内外から参加した16人がマイクロバスで移動して、奥只見郷ネイチャーガイドの案内で山菜採りを楽しんだ。
 ユピオ前の会場では採りたての山菜などが販売され、フリーマーケット、模擬店も出店。山菜汁無料サービスには列ができていた。
 今回は「ブナのこもれびコンサート」も開かれた。コンサートには「どんぐりうたう会」とオカリナの「れんれん」、「このみ」が出演。「手のひらを太陽に」や「浜辺の歌」などお馴染みの歌を歌い、オカリナ演奏では「みどりのそよ風」「この広い野原いっぱい」などが披露された。
 また、魚のつかみ取りやちびっ子ビンゴゲーム、福まんじゅうまきなどが子どもたちを楽しませていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

医師を講師に住民健康講座

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース

魚沼基幹病院の医療を紹介


医療を支えて育てる住民の学びの場「第23魚沼市回住民健康講座」が5月26日、小出ボランティアセンター多目的ホールで開かれた。
 講座は小千谷市魚沼市医師会と(一社)新潟県労働衛生医学協会の共催で開かれているもので、今回は、魚沼地域出身の二人の医師が語る!「魚沼基幹病院の医療」~「新生児医療」と「外傷」~と題して魚沼基幹病院地域周産期母子医療センター教授の和田雅樹氏と、同病院整形外科教授の生越章氏が講演した。
 この講演で和田氏は、出生数の推移や日本の新生児死亡率は世界で一番低いこと、低出生体重児の割合が増えていること、世界の中で日本だけが新生児の平均体重が減っていることなどを紹介した後「基幹病院では少なくとも年間700人のお産に対応できるようにと準備を進めています。私がいるのは新生児の集中治療室(NICU)で、24時間私たちがチームを組んで治療に当たります。基幹病院は赤ちゃんの集中治療を行うベッドが6床、少し落ち着いた子のためのベッドが6床です。赤ちゃんのあらゆる病気を診る病棟で、最新の機械を揃えさせていただいています。小さい赤ちゃんから元気よく家に帰ってもらうのがまず、私たちの仕事ですが、命を助けるだけでなく、脳性麻痺や発達障害などの後遺症を減らしていくことも考えていきたい。折角生まれた命を大事に育てていく医療を他の病院、地域、行政と一緒になって行っていきたい」と語った。
 また、生越氏からは、同病院の外傷センターや整形外科について話された。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小出郵便局員に署長感謝状

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース

特殊詐欺の被害防止

 

小出警察署(礒野宏三署長)は5月26日、特殊詐欺被害を未然に防止した小出郵便局の課長、古田島正人さん(40)に感謝状を贈った。
 古田島さんは4月30日、魚沼市在住の高齢者夫婦が窓口で現金100万円を引き出そうとしたことから不審に思い、使途などについて確認したところ「息子が鞄などを落とし、お金が必要になった」などと答えたことから、オレオレ詐欺ではないかと疑いを持ち、夫婦を説得し現金の引き出しを思いとどまらせるとともに、小出警察署に通報し、特殊詐欺の被害を未然に防いだもの。
 この日は同局の小見正明局長と古田島さんが小出署を訪れ、礒野署長から山田さんに感謝状が手渡された。
 古田島さんは「そわそわしていたし高額だったので理由を聞いたところ、倅が金が必要という話だったので怪しいと思った。振り込め詐欺の典型的な事例だったが、なかなか納得してもらえず、お金を降ろしてしまえば渡しかねない様子でした」と当時の様子を話すとともに「高額だったので被害にあわなくて良かった。もっと早く警察に通報していれば納得してもらえるのも早かったかも」と対応を振り返っていた。
 礒野署長は「管内に前兆電話が多くかかってきていた時で、金融機関に注意を呼びかけたところきちんと対応していただいた。責任感を持って対応していただいておりありがたい」と被害防止の取り組みに感謝していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緑の学園1号館に「適マーク」

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース


魚沼市消防本部で初めて交付

魚沼市消防本部では、消防法令のほか重要な建築構造等に関する基準に適合している宿泊施設に交付される「適マーク」を5月22日、奥只見観光株式会社が運営する「緑の学園1号館」に交付した。
 この表示制度は、宿泊施設からの申請に基づいて、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対し「適マーク」が交付されるもの。対象となるのは収容人員が30人以上で、地階を除く階数が3階以上の宿泊施設。
 宿泊施設が「適マーク」を掲出することにより、宿泊する利用者が防火上安全なホテル・旅館等を選ぶ目安となる。また、3年間継続して表示基準に適合すると金の「適マーク」が交付される。
 制度は平成26年4月から始まり、魚沼市消防本部では今回が初めての交付となった。
 交付式は消防本部で行われ椛沢一史消防長が「魚沼市消防本部管内で第1号の交付であり、奥只見観光様の高い防火、防災意識の表れと感じています。これを継続して金マークを是非取得していただきたい」とあいさつ、奥只見観光株式会社の幸野貴司社長に表示マークが手渡された。
 交付を受けた幸野社長は「適マークの交付により緑の学園1号館が一定の防火基準に適合していることが認定されました。これを機会に従業員の防火、防災意識をさらに高め、施設設備の改善を行い、お客様のさらなる安全安心に努めていきたい」と謝辞を述べた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南魚沼グルメマラソン大会

2015-05-30 | '15南魚沼市のニュース

全国から4962人が申し込み


6月14日に南魚沼市で開催される第6回「南魚沼グルメマラソン」に全国から過去最高の4962人の参加申し込みがあった。
 大会は、医師、シンガー、アスリートと多彩な活動を行なっている福田六花(ふくだ りっか)さんのプロデュースによるもので、同市浦佐の八色の森公園をスタート、ゴール会場にハーフマラソンと8分の1マラソンのコースで行なわれ、一面の水田と八海山、魚野川を見渡しながら走り、南魚沼グルメを堪能する。
 申し込み数の内訳はハーフが3826人、8分の1マラソンが1136人。地元新潟はもとより、東京、埼玉、神奈川など首都圏からの申し込みが多く、今回も北海道、沖縄からのエントリーがあった。また、今回も女性参加者が約35%と高い割合を占め、特に8分の1マラソンは女性の割合が高い。
 大会にはゲストランナーとして1988年ソウルオリンピック代表で94年名古屋国際女子マラソン優勝の浅井えり子さんや、今回も作曲家・音楽プロデューサーの松任谷正隆さんが参加。前夜祭でトークイベント計画されているほか、大会当日もレース終了後には松任谷由実さんの「(みんなの)春よ、来い」を松任谷正隆さんの指導によりレース参加者全員で合唱することになっている。
 当日は9時30分にハーフマラソン、9時45分に8分の1マラソンがスタート。参加者コシヒカリ食べ放題のグルメ屋台(有料)には市内外から47店が出店する予定。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安全運転のポイントを講習

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース


県ダンプ協会小出支部


新潟県ダンプ協会小出支部(星野仁支部長)では安全運転講習会と優良運転者表彰式を5月21日、小出商工会館で開催した。
 講習会には会員事業所から約70人が参加した。星野支部長の「交差点での歩行者の巻き込み事故が減らない。皆さんはベテランで運転のプロなので自覚を持って日々の業務に臨んでほしい」とのあいさつに続いて小出警察署の佐藤亮交通課長が講習を行った。
 講習では、ビデオが上映された後、小出署管内の交通事故の発生状況を説明。「特徴的なのが高齢者の事故で、今年17件発生しており昨年より9件も多い。県では全体の6割が高齢者の事故。減速して歩行者を渡らせてあげるような、ゆとりを持った運転を心がけて」と注意を促すとともに、「左折時の巻き込み防止が大型車では一番注意するポイント。ミラーも付いていますが最後は自分の目で、首をひねって確認していただきたい」など交通事故防止のポイントについてアドバイスした。
 引き続き行われた優良運転者表彰では10年無事故、無処分のドライバー1人をはじめ5年無事故、無処分のドライバー3人に礒野宏三小出署長や魚沼市交通安全協会の貝瀬甲一会長から表彰状が手渡された

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼市の山開き

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース

駒ケ岳は6月28日

 

夏山シーズンを控えて魚沼市では6月から7月にかけて山開きが行われる。
 権現堂山は6月7日。長松戸隠神社で7時30分から安全祈願祭が行なわれ、下山後はもち等のサービスがある。
 鳥屋ヶ峰も6月7日。8時から小平尾天満宮内で安全祈願祭を行う。
 荒沢岳山開きは6月28日。荒沢登山口で6時30分から8時までお守り(先着25個)を配布する。
 駒ケ岳山開きも6月28日。駒ケ岳避難小屋でお守り(先着150個)を配布する。
 平ヶ岳の山開きは7月5日。4時から6時まで鷹ノ巣登山口でお守り(25個)が配布される。
 なお、守門岳、浅草岳の山開きは行われない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人事異動 6月1日付け

2015-05-30 | '15魚沼市のニュース


魚沼市(室長級以上・敬称略)

▼総務課長(財政課長)角家一郎▼財政課長(財政課財政室長)堀沢淳▼環境課長(環境課環境対策室長)羽鳥悠治▼財政課財政室長(財政課財政室契約検査班副参事)武藤直文▼環境課環境対策室長(企画政策課まちづくり室副参事)大塚宣男
【退職】(5月31日付け)▼真島重之(環境課長)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加