魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

食まち うおぬま秋の陣

2016-10-15 | ’16 魚沼市のニュース
雨の中、多彩なイベント



「~食まち うおぬま秋の陣2016~四季の潤い里山まつり」が10月8日、魚沼市干溝の響きの森公園と小出郷文化会館で開催された。
 このイベントは、毎年開催されている「里山まつり」に併せて、魚沼の自然が生み出す豊富な恵みを広く発信していくもので、秋の陣では「米・キノコ」をテーマに様々な催しが行われた。
 当日はあいにくの雨模様となったが「魚沼の食発信」として5品目の銘柄を当てる「特A米のきき米コンテスト」や「クイズを当てて食べよう!とびっきりの新米コシヒカリと魚沼の旬の逸品」の企画のほか、けんさん焼き・きのこ汁のふるまいが行われた。
 「魚沼のうまいもの出店」では市内の店の出店、魚沼ブランド推奨品のほか学校調理員による店も出され、揚げパンなどを買い求める来場者が多く見られた。
 「里山ブース」では魚沼杉で作る工作体験や毎年好評のカンナくずプール、山菜・きのこ・木炭・木工品の展示販売、「防災ブース」ではパッククッキングの紹介、非常食の展示・試食が行われ親子で楽しむ姿が見られた。
 会場内のステージでは伊米ヶ崎小学校の4年生が学習発表を行った。発表ではテレビのニュースをまねたスタイルで「森は空気をきれいにしてくれる」「動物のすみかになっている」「水をきれいにしてくれる」と森の働きを紹介し「森をもっと大切に使ってほしい」「魚沼の木の良さを発信してほしい」と呼びかけた。
 また、地蔵音楽団による演奏、ウオヌマンショーが披露された。
 会場では「環境フェア」、小出食品衛生協会の「きのこ講習会」、NPO法人魚沼交流ネットワークによる植樹イベント、魚沼市消費者協会のフリーマーケットも同時開催された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コミュニティ・マネジメント塾 | トップ | 歌声で熊本復興支援 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む