魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

魚沼市の地域おこし協力隊

2016-10-15 | ’16 魚沼市のニュース
新たに2人を任用




魚沼市は10月1日付で新たに「地域おこし協力隊」の隊員2人を任用することになり3日に委嘱式が行われた。
 地域おこし協力隊は、都市住民など地域外の人材を地域社会の新たな担い手として受け入れ、地域の維持・強化を図る取り組みで、魚沼市ではこれまでに5人を任用、大白川、横根、福山新田、竜光、小平尾で活動を行っている。
 新たに隊員に委嘱されたのは渡邉泰治さん(55)と熊谷龍一さん(32)の2人。東京で大手広告代理店に勤務していた渡邉さんは、昨年早期退職、NPOふるさと回帰支援センターで魚沼市のことを知り、今年6月から1か月魚沼市に滞在し佐藤家住宅の茅葺きの仕事を体験。魚沼での体験が非常に新鮮だったことから協力隊に応募した。
 仙台市で営業職をしていた熊谷さんは、転職を考えている時に魚沼市内で活動している協力隊員の友人に誘われ、「何もないところから何かをつくりあげていきたい」と応募した。
 この日、大平悦子市長から委嘱状を受けた渡邉さんの配置先は横根地区、熊谷さんは下折立地区。「まずは、ゆっくりと地域に馴染んで、地域の人たちの気持ちに触れたい(渡邉さん)」「下折立は観光地なので都会の人たちから遊んでもらう企画を考えたい(熊谷さん)」と今後の活動について語り、大平市長は「あせらず、地域を見ながら、これからやっていくことを考えてください」と今後の活動に期待していた。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子どもものづくり教室 | トップ | 入広瀬地区コミュニティバス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む