魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

湯之谷郵便局で強盗模擬訓練

2016-11-05 | ’16 魚沼市のニュース
小出署員が犯人に扮し


魚沼市大沢の湯之谷郵便局(五十嵐直樹局長)で10月27日、強盗対策模擬訓練が実施された。
 小出警察署の協力により行われた訓練には、魚沼地区の郵便局長や局員約30人が参加した。
 訓練では、犯人に扮した小出署員が拳銃を持って局内に侵入、居合わせた客を人質に窓口の女性局員に拳銃を突きつけて「動くな。金を出せ。早くしろ」と怒鳴りながら現金を要求、逃走した。
 魚沼地区の郵便局では定期的に、同様の訓練を実施しており、地区の郵便局から大勢視察が訪れる中、訓練は行なわれ、終了後はカラーボールの投げ方の実技も行われ、「カラーボールは体に当たっても割れないので、手前の地面を狙って投げるように」と指導されていた。
 訓練終了後は、研修会が開かれ小出署の小黒正房生活安全課長が講評、「犯人は人質を拘束していなかったので、人質を逃がした方が良かった」「犯人の対応は窓口の局員でなく、責任ある方が対応した方が良い」と反省点が2点示されたほか、「犯人と1対1では太刀打ちできないが、1人が犯人の注意を引けば、あとの2人で様々な対応ができる。また、犯人は目を見られて大きな声であいさつされることを嫌う。お客さんの目を見てあいさつすることは仕事でも犯罪防止でも大事」など指導されていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17日に「住民健康講座」 | トップ | 魚沼地域ビジネス交流会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

’16 魚沼市のニュース」カテゴリの最新記事