魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

須原スキー場で祈願祭

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース

シーズン中の安全願って


須原スキー場の安全祈願祭が12月14日に行われ、シーズン中の安全を祈るとともに今シーズンの賑わいが期待された。
 安全祈願祭には関係者約30人が出席、同スキー場や民宿、観光関係者が玉串を捧げてシーズン中の安全を祈った。神事に続いて開かれた懇談会では株式会社魚沼須原スキー場の大塚秀治が「雪を心配していたが今日は大雪となり予定通り20日にはオープンできると安堵しています。民営化してから3シーン目。民営後5年でシーズンの来場者5万人、売り上げ1億円を目標としており、スキー場存続のため、社員一丸となって頑張っていきたい」とあいさつ。
 この後、今シーズンの営業方針や新しい企画商品が説明された。同スキー場の今シーズンの営業日は12月20日から来年3月29日までの100日間。駐車場は今シーズンも前日無料。山頂の星の家レストランは土日、祝祭日のみ営業。新しい企画商品としては20歳の人限定でリフト券が1800円となる「雪マジ20」、カーニバルでのメッセージ花火募集、リフト1日券の市民割引、リピーター割引などを行うことにしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特殊詐欺、交通事故防止を

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース


小出署らが年末の広報活動


小出警察署(礒野宏三署長)では12月15日、年末における県民生活の安全・安心確保活動の一環として魚沼市交通安全協会、魚沼市の協力を得て犯罪被害防止と交通事故防止の広報活動を行った。
 年末は、犯罪被害や交通事故の発生が懸念されており、今年魚沼市内では特殊詐欺の手口である架空請求のはがきの郵送や、特殊詐欺の前兆電話を数多く認知している。広報活動は15日が今年最後の年金支給日であることから広報活動を強化しようと実施された。
 活動には礒野署長をはじめとする小出署員18人と交通安全協会役員、市職員10人が参加。市内3か所のスーパーで特殊詐欺被害防止や交通事故防止を呼びかけるチラシや反射材などを配布したほか、周辺の一般住宅を訪問して注意を呼びかけた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンタに扮し魚沼学園へ

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース


魚沼ライオンズクラブ


魚沼市十日町の障害を持つ子どもたちの施設、魚沼学園と魚沼更生園では、恒例のクリスマス会を12月11日に開催、今年も魚沼ライオンズクラブの会員がサンタクロースに扮して参加した。
 クリスマス会への同クラブの慰問は長年続けられているもので、今年も9人の会員が訪れた。魚沼更生園の子どもたちが集まった多目的ホールにサンタクロースに扮した会員らが登場するとクリスマス会の開会。ライオンズクラブの会員が「皆さんにサンタブーツを持ってきました。クリスマス会を楽しんでください」とあいさつし、子どもたちが毎年楽しみにしているお菓子の入った長靴や保護者が用意したプレゼントが手渡されると子どもたちは笑顔を見せていた。クリスマス会ではバンド演奏なども行われて楽しいひと時が過ごされていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

設立10周年祝い記念式典

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース


魚沼市体育協会とスポーツ少年団

魚沼市体育協会・魚沼市スポーツ少年団設立10周年記念式典が12月14日、小出ボランティアセンターで行われた。
 式典には来賓や体育協会会員、スポーツ少年団の代表者ら約100人が出席。式典ではまず、魚沼市体育協会の松田光正会長が「魚沼市の発足と同時に体育協会並びにスポーツ少年団が設立されました。それまでの間、大勢の皆様方の協議を重ねて発足に漕ぎつけました。社会の変化の中で私たちも日々それに対応すべく活動してきました。昨年度からはエンジョイスポーツクラブ魚沼、山崎組と共同体を組みまして堀之内体育館の指定管理を受けました。まだまだ未熟ではありますが今後とも皆さん方からご協力をいただきながら対応をしていきたいと思っています」とあいさつ。
 来賓祝辞では新潟県体育協会の馬場潤一郎会長が「この10年を一つの節目にまたさらに20年、30年と素晴らしい選手の育成や地域の生涯スポーツ、地域のスポーツ少年団の活躍など多方面で皆さんから活躍いただきながら、我々も一緒になって地域と一緒に頑張っていきたい」、大平悦子市長が「まだまだこれから子どもたち、地域の人たちの生涯スポーツを、皆様のご協力をいただきながら更に発展させていきたい」と述べた。
 式典に続いて記念講演会が開かれ、新潟医療福祉大学健康科学部健康スポーツ学科教授の若林透氏が「夢はかなえるもの 地域の未来へ~魅力ある指導」と題して講演した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住民健康講座

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース

整形外科と漢方薬を学ぶ


医療を支えて育てる住民の学びの場「第22回住民健康講座」が12月10日、小出病院講堂で開かれた。
 今回の講座は魚沼ライオンズクラブの主催で開かれたもの。
 講座では小出病院整形外科の白旗正幸氏が「整形外科の上手なかかり方」と題して講演。整形外科の診療の基本や疾患、治療法について説明「急性外傷の基本的な応急処置としては、心臓より上げていただき、むやみに動かさないようにしましょう。応急処置をしなかったり不適切な処置を行うと復帰まで時間がかかる。直ちに声明に関わらない外傷の患部に行うこと望ましい処置としては止血、適切な異物除去、消毒、洗浄です」とし、止血法や異物除去、洗浄のやり方などを説明するとともに、骨粗しょう症などの慢性疾患についても説明。「受診のタイミングとしては年末年始明け、盆明け、帰省ラッシュ、ゴールデンウィーク明け、3連休明けは避けた方がよい。
受付時間はできるだけ早い時間に申し込んでもらったほうが診察できる可能性が高い」と受診時のアドバイスもしていた。
 講座では引き続き守門診療所の寺田治男氏が「かぜの漢方治療」について講演。風邪やインフルエンザの治療法について説明し「漢方薬は慢性の病気の際に飲むものと思っている人が多いが、飲んで10分くらいで効果が出てくるので、風邪のひきはじめに飲んでみるとその効果がよくわかります」と話し、漢方の歴史、漢方医学について話した。 
 また、カンゾウやナツメ、葛根などの生薬の効能についても説明し「桂枝湯は風邪をひきやすく疲れやすい人に向いていて、じわっと体が温まる」など風邪に効く漢方薬も紹介していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

専門医から認知症を学ぶ

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース


エンジョイスポーツクラブが講演会

エンジョイスポーツクラブ魚沼(上村伯人理事長)では設立10周年記念イベントとして特別講演会を12月16日、魚沼市地域振興センターで開催した。
 講演会では、認知症医療の専門医で白根緑ヶ丘病院院長の佐野英孝氏が「知って防ごう認知症」をテーマに話した。
 この講演で佐野氏は、「認知症による物忘れは体験全体を忘れるが、加齢による物忘れは体験の一部を忘れる」と認知症と、加齢による物忘れの違いなどから始まり、認知症の中で一番多いアルツハイマー型認知症の初期徴候について説明。その予防については「アルツハイマーは糖尿病、高血圧、高脂血症など生活習慣病があるとなりやすいので体の検査も予防には大切。運動や趣味、生きがいを持つことも予防につながる。また、身内の不幸や転居など環境の変化にも気を付けよう」と説明した。
 また、認知症の人との接し方については「感情的にならずゆっくり話す。認知症の人は強い不安の中にいるので、心の中を理解してやる。ほめながら家族の意見を伝えていく。問題行動の背景には不安とかがあるので、理解して対応すると病状にプラスに作用する」と会場の人たちに話していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

優秀選手らを表彰

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース


魚沼市体育協会

 

魚沼市体育協会(松田光正会長)は12月14日に理事会を開き席上、平成26年度体育協会秋期優秀競技者らの表彰を行なった。
 この表彰は体育功労者や優秀指導者、今年4月以降、各種大会で優秀な成績を収めた優秀選手に贈られるもので、今回は体育功労者5人と優秀指導者2人、優秀選手19人と2団体が表彰された。
 表彰式にはこのうち15人と1団体が出席、松田会長から表彰状が手渡された後、受賞者を代表して功労者表彰を受けた魚沼市卓球協会の佐藤憲一郎さんが「この功労者表彰は、まだまだ老け込むには早いですよと喝を入れられたようです。これから受賞に恥じないように更なる努力を重ねて参りたい」と謝辞が述べた。表彰された人たちは次のとおり(敬称略)。
【体育功労者】
▼星充男(60・吉田=市内のバレーボールの普及発展に寄与)
▼森山忠郎(86・小出島=卓球の普及と振興に貢献)
▼佐藤憲一郎(80・佐梨=同)
▼塩川政敏(80・中島新田=野球の審判として野球の振興選手の育成に尽力)
▼内田幹夫(59・井口新田=野球をはじめ幅広い分野で地域振興、選手育成に貢献)
【優秀指導者】
▼大桃菜穂子(49・七日市=湯之谷バレーボールスポーツ少年団)
▼星貢(51・七日市新田=同)
【優秀選手】
▼若井更紗(12・南魚沼市浦佐=全国小学生陸上競技交流大会県予選会6年女子100m1位)
▼青木想(12・清本=県小学生陸上競技選手権大会6年男子100m1位)
▼松井源太(23・根小屋=県国体予選会ゴルフ1位)
▼岡部海輝(14・須原=小学生・中学生全国空手大会中学2年男子組手5位)
▼高野周輸(13・井口新田=県空道選手権大会U16歳の部1位)
▼山本偉来(11・堀之内=同小学生6年の部1位)
▼山本春流(10・堀之内=県選抜選手権大会小学3・4年生の部1位)
▼松井晋(25・南魚沼市野田=県居合道大会二段の部1位)
▼小幡建斗(14・江口=ジュニアオリンピック参加標準記録突破会砲丸投げ1位)
▼今井明日香(14・小出島=ジュニアオリンピック陸上競技大会ジャベリックスロー6位)
▼星まどか(18・七日市新田=県高校総合体育大会陸上競技女子5000m競歩1位)
▼佐藤茜里(16・南魚沼市水尾=北陸陸上競技選手権大会女子3000m障害3位)
▼雪野敏和(17・干溝=北信越高校野球新潟県大会1位)
▼波方凌(17・根小屋=同)
▼皆川孝佑(15・虫野=県高校総合体育大会水泳男子400mフリーリレー1位)
▼覚張蓮(18・長堀新田=全国高校総合体育大会バスケットボール8位)
▼佐藤寛也(18・東中=同)
▼星野隆成(18・山田=県高校春季スキー大会男子スキーアスロン1位)
▼山本千優(17・中家=県高校選抜陸上競技大会女子5000m競歩1位)
▼湯之谷バレーボールスポーツ少年団=県スポーツ少年団総合体育大会バレーボール大会1位
▼堀之内高等学校=全国高等学校定時制通信制体育大会卓球大会2位

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

注意して除雪作業を

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース

相次いで転落事故

 

魚沼市では12月15日に屋根の雪下ろし中の転落事故が相次いで発生、男性1人が死亡、1人が重体となっていることから小出警察署や市では次の点に十分注意して除雪作業を行うよう呼びかけている。
▼作業は複数で行う
▼作業は明るい日中に行う
▼低い屋根でも油断は禁物
▼命綱とヘルメットは忘れずに
▼はしごの固定は忘れずに行う
▼足場の安全を確認しながら行う
▼河川、流雪溝への転落に注意
▼軒下の作業は、屋根からの落雪に注意
▼除雪機の点検はエンジンを止めてから行う
▼体調不良時、飲酒後の作業は危険
▼経験と体力を過信しない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふれあいクリスマス会

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース

コンサートなどで楽しく


魚沼市内の障害を持つ人たちから楽しい一日を過ごしてもらう「ふれあいクリスマス会」が12月13日、魚沼市地域振興センターで開かれた。
 このクリスマス会は魚沼市社会福祉協議会が赤い羽根共同募金の配分金により毎年開催しているもので、魚沼市内の障がい者とその家族、中学生のボランティアをはじめとするスタッフら合計約220人が集まった。
 会では魚沼市社会福祉協議会の櫻井伸一会長が「今年も楽しいプログラムやプレゼントも用意しています。一日ゆっくりと楽しんでください」と歓迎のあいさつをした後、毎年この会に出演している魚沼市の兄弟デュオ「あんさ&おっさ」のコンサートが開かれた。
 「あんさ&おっさ」は「おーい冬んしょ春はまだかいの」などオリジナリ曲を次々と披露、クリスマスソングのメドレーでは参加者もステージに上がって歌ったり踊ったりして盛り上がりを見せていた。
 ステージでは社会福祉協議会職員によるアトラクションも行われ、参加した人たちはお菓子や昼食ビンゴゲームを楽しみながら和やかに師走の一日を過ごしていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本年の更新はこれで最終です。

2014-12-21 | '14魚沼市のニュース

いつも魚沼WEBニュースをご覧いただきありがとうございます。

次回更新は年明け4日頃の予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飲酒運転の根絶を

2014-12-14 | '14魚沼市のニュース


飲食店訪問し協力呼びかけ

 

飲酒の機会が多くなる年末の飲酒運転を防止しようと、魚沼市交通安全協会と魚沼市、小出警察署では、管内の飲食店を訪問し、飲酒運転撲滅への協力を呼びかける活動を12月10日に実施した。
 この活動は、11日から20日まで「冬の交通事故防止運動」が実施されるのに合わせて行われたもの。管内の飲食店を協会員と市職員、署員がいっしょに訪問し、チラシ、ポスターなどを配布して、酒を飲んだ人が車を運転して帰ることのないように、店の人からも気をつけてもらうよう呼びかけた。
 広神コミュニティセンターで行われた出発式では交通安全協会の貝瀬甲一会長が「11日から20日まで冬の交通事故防止運動が行われます。この時期はお酒を飲む機会が多くなりますので、飲食店をまわっていただいて、店の方からの声かけで飲酒運転をなくするよう呼びかけていただきたい」とあいさつ。小出署の礒野宏三署長が「この時期は飲酒運転による悲惨な事故が毎日のように報道されています。魚沼のすべての方々が穏やかで心安らかな年末年始が送られるように、皆さんからもうひと踏ん張りしていただきたい」と協力を呼びかけた。
 式の最後には参加者を代表して交通安全協会湯之谷支部長の星清志さんが「飲酒運転は絶対しない。また、運転する人に酒を提供しないよう、これから飲食店を訪問し、飲酒運転根絶を呼びかけてきます」と出発にあたっての決意を述べた。
 この後は参加者46人が3、4人の班に分かれて出発。参加者は市内の飲食店175店を訪問し酒運転根絶への協力を呼びかけた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

繁盛店づくり事業で臨店研修

2014-12-14 | '14魚沼市のニュース

受講店訪問し成果を確認

魚沼市では、個店の魅力向上のためのノウハウを提供し、商店街の核となる店づくりを進める「繁盛店づくり事業」が今年9月から行われており、12月10日には講師と受講店が、受講している店をまわって受講の成果を確認する臨店研修ツアーが行われた。
 魚沼市では昨年度、県の「個店の魅力アップセミナー」を実施し、セミナー終了後も継続的に各参加店が魅力向上に取り組んでおり、今年度はさらに実践的な株式会社全国商店街支援センターの「繁盛店づくり事業」に小出地区の5店が取り組んでいる。
 同事業は、商店街などの具体的な活性化策や特産品開発の調査などにアドバイス、指導活動を行っており、昨年度のセミナーでも講師を務めた株式会社ラフィネット総合企画代表取締役の水井澄人氏を講師に迎え、9月から全体研修と、講師が受講店をまわって課題をみつけ改善プランを検討する臨店研修、全体研修などを重ねてきている。
 10日の「臨店研修ツアー」には講師の水井氏と受講店5店が参加。この日の最初に訪れた横町の文具店「若松屋商店」では、今回のアドバイスを受けてポップの数を大幅に増やしたほか、店内も中央にギフトコーナーを設けたり、店頭のディスプレイを変えるなど店の雰囲気を一新。売り上げも先月から伸びてきているという。
 店内外を見た講師の水井氏からは「ポップの数が増え、ノートや熨斗袋の並べ方もこの3か月で大きく変わった。ギフトコーナーも明確にターゲットが定められていてワクワク感がある」と高評価が得られた。また、他の研修店からも「すごく変わってびっくりした」「どんどんきれいになっていくし、入ってみると面白いことがいっぱいある」との感想が聞かれていた。
 講師の評価などを聞いた同店の上村哲也さんは「店の前で立ち止まってくれる人もあり、やった分だけ反応もあった。今回の研修が店を変える良い機会になったと話していた。
 同事業では来年1月9日に研修受講店5店が取り組みの成果を発表する全体研修も開かれる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼市フォトコンテスト表彰式

2014-12-14 | '14魚沼市のニュース

来年も素晴らしい作品を

第10回「魚沼市フォトコンテスト」の表彰式が12月6日、魚沼市地域振興センターで行なわれ、金賞を受賞した魚沼市の佐藤吉晴さんらに賞状と賞品が手渡された。
 今回のコンテストでは、「奥只見」部門が新たに設けられたこともあり、県内外の写真愛好者52人から昨年の184点を上回る224点の応募があった。
 審査は、日本写真家協会会員の山田昌男さんと長岡造形大学教授の松本明彦さんを特別審査員に、三友泰彦魚沼市観光協会長ら協会役員、協賛企業などにより行われ、金賞には枝折峠に向かう夜の国道と霧に包まれた銀山平の風景を幻想的に写した魚沼市の佐藤さんの「枝折峠への道」が選ばれたほか、各賞が決定された。入賞作品は同協会が作成しているオリジナルカレンダーなどに活用される。
 表彰式では魚沼市観光協会の三友泰彦会長が「昨年から土木の底力部門、今年から奥只見部門ができ、出品者、賞も多くなり年々フォトコンテストも規模が大きくなってきています。今年は10歳の方が入賞されるサプライズもあり写真が幅広い年代で取り組めるものと再認識しました。来年も引き続き写真を通じて魚沼市と魚沼市の観光をアピールしていただきたい」とあいさつ。
 特別審査員の山田さんからは「魚沼は四季がはっきりしている。写真は発信力があるので皆さんから魚沼の自然、観光をテーマに写真を撮ってもらい、魚沼の良さを発信していただきたい」、松本さんからは「審査させていただいて魚沼の素晴らしさを再認識しました。皆さんの力でそれを世界に発信してください」と感想が述べられた。
 この後、三友会長らから入賞者に表彰状と賞品が手渡され、受賞者を代表して佐藤吉晴さんが「受賞を励みに今後も撮影していきたい」と謝辞を述べた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まちづくり市民会議

2014-12-14 | '14魚沼市のニュース

基本構想原案について意見交換


魚沼市まちづくり委員会(平井正尚会長)では同市が策定を進めている第二次魚沼市総合計画の基本構想原案について意見交換する「まちづくり市民会議」を12月7日、小出郷福祉センターで開催した。
 魚沼市では、市民と協働で平成28年度から始まる第二次魚沼市総合計画の基本構想原案を策定するため無作為抽出された市民2000人の中から応募した124人による「まちづくり未来会議」を今年7月から4回にわたり開催し、各分野について検討を進めている。
 「まちづくり市民会議」は未来会議によりまとめられた基本構想原案により多くの市民の声を反映させようと開かれたもので約50人が参加した。
 平井会長が「高齢化、人口減など難題、課題が山積しているが、前を向いてこの問題を克服していかなければならない。忌憚のないご意見をいただきたい」とあいさつした後、市から第二次魚沼市総合計画策定の概要、《1》生活基盤《2》環境衛生・自然《3》健康・福祉《4》産業《5》教育・文化《6》市民協働・自治体運営の6分野について未来会議の各分野代表から検討経過が説明された。
 この後、市民会議では6つのグループに分かれてワールドカフェ形式で基本構想原案につて意見交換。検討結果の発表では「健康・福祉」分野では「障がい者への言葉遣いをもっと考えて欲しい」、「産業」分野では「商業と観光とをひとくくりにしていて良いのか」、「教育・文化」分野では「もっと魚沼市の特性を出してほしい」などの意見が発表されていた。
 会議で出された意見は市に提言されることになっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「中子澤村五五〇年史」を発行

2014-12-14 | '14魚沼市のニュース


魚沼市佐梨の清塚正伸さん


魚沼市佐梨の清塚正伸さんは、長年にわたり調べてきた同市中子沢と羽川谷の歴史や文化、産業など様々な事柄ついてまとめた「越後國魚沼郡羽川谷・中子澤五五〇年史」をこのほど発行した。
 清塚さんは中子沢の出身。「魚沼歴史・民俗の会」の会員である清塚さんが出身地の中子沢について調べ始めたのは20年ほど前。「長い歴史のある中子沢についてわかることを、今のうちに形だけでも残したい」と、子どもの頃年寄りから聞いた話を元に、地区の旧家の古文書を見せてもらうなどして事実を積み上げてきた。
 発行された同書は、これまでの活動のひとつの節目としてまとめられたもので、全460ページのボリューム。
 中子沢のはじまりから変遷、戸数の変遷、神社、石仏や唐松山の鉱山をはじめとした羽川谷の地下資源、炭焼き、城跡、温泉の源泉、学校など多岐にわたって収められている。
 「調べ始めた時には昔を知る人は少なくなっていて、もっと早く始めたらよかったと思った。この本が、中子沢で生まれた人たちがそれぞれの家の中に中子沢を遺す一助になればうれしい」と清塚さん。同誌は関係集落や公民館、図書館に寄贈されるほか、希望者には1冊8500円で頒布される。問い合わせは清塚さん《電》090-1123-8210へ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加