魚沼WEBニュース

新潟県魚沼市や周辺市のニュース・情報をお届けします!週刊「魚沼WEBニュース」 ★★ 提携 「小出郷新聞社 」

新しい校章決まる

2017-02-15 | 17'魚沼市のニュー...

校名が変更される井口小学校


 今年4月の校舎の移転に合わせて校名を「湯之谷小学校」に変更することになっている井口小学校(山之内方史校長)の新しい校章がこのほど決まった。
 井口小学校は現在湯之谷中学校近くの七日市新田地内に新校舎が建設中であり、今年4月の移転に合わせて校名を「湯之谷小学校」に改称、新たなスタートを切る。
 校名の変更に伴い、学校、保護者、地域などで組織する学校移転に伴う記念事業等実行委員会で校章や校歌などについても検討が行われてきていた。
 このうち、校章については昨年夏に湯之谷地区の住民を対象に公募したところ51点の応募があり、同実行委員会の校章・校歌・校旗委員会の一次選考により5点を選び、全校児童による投票が行われた。
 投票の結果、下折立の星由夏さんが応募した作品が過半数を獲得、同実行委員会でもこの結果を踏まえて星さんの作品を湯之谷小学校の校章とすることにした。
 校章に決まった作品は雪割草の花をモチーフとしており、きびしい冬にも負けず、花を咲かせる雪割草のような湯之谷っ子になってほしいとの願いが込められている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「蘇る自然 奥只見」を出版

2017-02-15 | 17'魚沼市のニュー...



魚沼市七日市の大桃久夫さん

 魚沼市七日市の大桃久夫さんは、奥只見ダム建設の記録とダム周辺に蘇った自然などを綴った「蘇る自然 奥只見」を文芸社から出版した。
 夜間高校在学中から昭和35年まで電源開発奥只見建設所に勤務し、奥只見発電所建設に関わった大桃さん。その後も全国各地の水力発電所で勤務するとともに定年後も嘱託を勤めるなど水力発電と深く関わってきた。
 平成13年には、奥只見の水力発電建設の記録を後世に残そうと電源開発奥只見会の会誌「木天蓼」に執筆。その際、書ききれなかった事柄を加えるとともに、ダム周辺の自然の再生や建設現場を取材に訪れ小説「沈める滝」を残した作家、三島由紀夫の言葉などをまとめ「蘇る自然 奥只見」を出版した。
 奥只見のイヌワシについて大桃さんは「ダム建設が自然破壊を指摘された時代があったが、奥只見ではダムができたことでウサギなどの猛禽類の餌になる動物が増え、イヌワシなどの猛禽類が増えている。この事実を多くの人から知ってもらいたい」と話すとともに「三島由紀夫は、取材ノートの冒頭に『ダムは芸術の象徴』という言葉を残している。改造することで今まで以上の形で自然が蘇ってくることがあり、その象徴的なものが奥只見だと思います」と水力発電への思いを語っていた。
 同書はA5判、213ページ。価格は1700円(税別)で全国の書店で扱われている。










蘇る自然 奥只見
大桃 久夫
文芸社
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

庁舎再編基本計画を修正

2017-02-15 | 庁舎再編整備構想

21日から6会場で市民対話集会

 魚沼市では庁舎再編整備基本計画改訂に関する「市民対話集会」を2月21日から27日まで、市内6会場で開催する。
 庁舎再編基本計画の修正は佐藤雅一市長が市長選での公約としていた「雪国に合ったシンプルな庁舎」とするため行われるもので、庁舎の延床面積を1万平方㍍から7千平方㍍に縮小することや教育委員会の事務所を堀之内庁舎に残すことなどが主な修正内容となっている。
 対話集会は修正内容を市民に説明し意見を聞くもので、各回とも概ね時間程度を予定。事前の申し込みは不要。開催の日時と会場は次のとおり。
▼2月21日=守門庁舎3階多目的ホール(19時~)▼22日=入広瀬庁舎3階多目的ホール(同)▼23日=広神コミュニティセンター3階講堂(同)▼24日=小出ボランティアセンター1階多目的室(同)▼25日=魚沼市地域振興センター2階コンベンションホール(10時~)▼27日=堀之内公民館1階大ホール(19時~)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リノベーションまちづくり学ぶ

2017-02-15 | 17'魚沼市のニュー...

うおぬまデザイン☆ラボが勉強会

 地域の建築士が集まり、空家を活用したまちづくり活動を中心に活動している「うおぬまデザイン☆ラボ」(佐藤建志代表)の第2回勉強会が2月4日、堀之内公民館で開催された。
 株式会社POD共同代表でタウンプロデューサー・家守の橘昌邦さんを講師に迎えた勉強会には約40人が参加した。
 会ではまず、佐藤代表が「空家をリノベーションし若き店主を迎えて新しい風を入れられないかと取り組んでいます。勉強会で様々な職業の人たち、学生、行政が問題を共有し、大きな波となることを目指しています」とあいさつした。
 東京・神田で老朽ビルを活用した新しいタイプのシェアオフィスの立ち上げ、過疎地における公営集客施設の計画など様々な建築プロジェクト、まちづくりプロジェクトに携わってきた橘さん。勉強会では「まちを変える仕組みの造り方~リノベーションまちづくりのすすめ~」と題して講演した。講演では、橘さんがこれまで携わってきた仕事を紹介しながら「まちづくりの基本で一番大事なのは誰のためのまちづくり、何のためのまちづくりなのか。あるべき姿、まちのビジョンを描くこと」と指摘、「時代は急速に変化。通勤時間が短く、豊かに暮らせる地方にこそチャンスが生まれる」と話していた。
 また、講演の後の質疑応答では、参加者から「堀之内の強みはどこにあるのか」などの質問があり「宿場町の歴史と街並が残っていること。裏の通りも魅力的」と答えられていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

魚沼市議選の日程決まる

2017-02-15 | 17'魚沼市のニュー...

6月18日告示、25日投票



 魚沼市選挙管理委員会は2月2日に委員会を開き、任期満了に伴う魚沼市議会議員選挙を6月18日告示、同25日投票という日程で行うことを決めた。
 同市議会は昨年9月の定例会で、議員定数を現行の20人から2人削減し、18人とする条例改正案が議員発議により提案されたが、賛成少数で否決されており、議員定数は現行の20人のままとなっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小出高スキー部が市長を訪問

2017-02-15 | 17'魚沼市のニュー...
インターハイ優勝を報告


 全国高等学校スキー大会(インターハイ)クロスカントリースキー男子リレーで初優勝を果たした小出高校スキー部の生徒が2月8日、魚沼市役所を訪れ、佐藤雅一市長に優勝を報告するとともに今後も続く大会に向けて市長から激励金を受け取った。
 同スキー部は、2月2日から6日まで群馬県片品村で開かれた全国高等学校スキー大会のクロスカントリースキー競技男子10㎞×4リレー(郷翔一朗さん・上村祐輔さん・中島夕和さん・坂詰健太郎さん)が初優勝するとともに、坂詰さんは10㎞フリーで3位、クラシカルで6位入賞した。同校のインターハイでのリレーの優勝は男女を通じて初めての快挙。
 この日は6人の生徒が宮沢豊彦監督とともに市役所を訪れ、リレーでの優勝を報告、今後の大会に向けての意気込みを語った。
 キャプテンの坂詰さんは「個人種目での優勝を狙っていたので、悔しい思いを残したままリレーに臨みました。リレーではアンカーとしてみんなの思いを繋げて優勝できたので最後に良い成績が残せました。今後の大会では個人でも優勝出来るように体調管理に気をつけて戦いたい」と話し、他の生徒からも「個人では思うような成績は残せなかったが、これからも国体など全国大会があるので、そこで優勝、入賞できるように頑張ってきたい」など意気込みが語られた。
 佐藤市長からは今後の大会に向けて「大きな大会が続いているので、体調管理をしっかりしてもらって、インターハイで悔しい思いをした部分のリベンジをする気持ちで頑張ってください。リレーでは追われる立場ですが、2度目、3度目のてっぺんを取る気持ちで向かっていってほしい」と激励の言葉が送られていた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪洞まつりがスタート

2017-02-04 | 17'魚沼市のニュー...
魚沼の冬を楽しもう




 雪と灯りを活用するイベント、結の灯り「魚沼雪洞(ゆきんどう)まつり」のスタートイベントが1月28日、小出商工会館で開催された。
 魚沼雪洞まつりは、中越地震後行われてきた「結」8万8千の雪灯りに代わって昨年から実施されているもので、地域でかまくらなどをつくり、ロウソクを灯して雪国の冬を楽しむ。
 スタートイベントには約80人が集まり、「結の灯り」実行委員会の三友泰彦実行委員長が「魚沼市では市を挙げてのまつりが無いことからイベントを繋げて雪洞祭りとして取り組んでいます。皆さんからこの後行われるイベントに合わせて灯りを灯していただきながら、この取り組みを広げてほしい」とあいさつ。点灯式では三友実行委員長らがイベントのシンボルである「結ロウソク」に点火、参加者が一人2本ずつロウソクに火を灯し、会場の外に並べていった。
続くコンサートでは、魚沼市在住の人たちによるバンド「PLUS NINE」が「フライ ミー トゥ ザ ムーン」、「ナイト アンド デイ」などのジャズナンバーから「海の声」、「365日の紙飛行機」、「ホテルカリフォルニア」など様々なジャンルの曲を披露、会場ではアルコール類などの販売も行われ、会場を訪れた人たちはほろ酔い気分で演奏を楽しんでいた。
 同実行員会では、1月28日から3月11日までに市内で開催される地域のイベントに参加しロウソクを灯すことが呼びかけており、雪洞まつりイベントは次のとおり。
▼2月10日=小出小学校青空子供会雪まつり▼11日=小出雪祭りスキーカーニバル、国際雪合戦前夜祭▼11日=雪中花水祝▼24日=小平尾天満宮まつり▼25日=大湯温泉スキーカーニバル、吹雪の神湯昔語りの夜▼26日=ごんげん冬物語▼2月下旬=上条コミュニティ協議会雪まつり▼3月4日=湯之谷薬師スキーカーニバル▼5日=湯の里雪まつり「百八灯」、うかぢ春よこいまつり▼11日=須原スノーカーニバル、目黒邸雪灯籠、東方稲荷春季例祭大百八灯
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目黒邸で防火訓練

2017-02-04 | 17'魚沼市のニュー...
けが人の誘導や放水




 1月26日は「文化財防火デー」であり、魚沼市須原の国重要文化財「目黒邸」で同日、消防本部、消防団、市職員、地域住民、警察ら61人、消防車両10台が参加して防火訓練が実施された。
訓練は午前10時に目黒邸内部より出火という想定で行われ、管理人は現場を確認後、発煙筒の煙の中けが人一人を含む入場者を避難させるとともに、消防機関、市役所などに火災発生を連絡。
けが人を建物から避難させ救急車で搬送すると、管理人は目黒邸の消火栓で初期消火にあたり、通報により消防署、消防団が到着すると放水が行われた。
この日は午前中、小雪の降る寒さとなったが、駆け付けた署員、団員は雪の中で機敏にホースを延ばし、目黒邸前の庭に水のアーチを描いていた。
また、訓練ではこの後、目黒邸管理人、近くのまたたびの家の利用者ら近隣住民が消火器の使い方を学ぶ消火器訓練も実施された。
消防署員から消火器の使い方の説明を受けた参加者は、水が入れられた消火器を使ってコーンに水をかけ使い方を練習していた。
 訓練修了後、魚沼市教育委員会生涯学習課の星野崇課長は「国の重要文化財である目黒邸は地域の宝であり、地域住民と一緒になって守っていきたい」と話していた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手洗いと恵方巻き習う

2017-02-04 | 17'魚沼市のニュー...

小出食品衛生協会が講習会


 小出食品衛生協会(永山和夫会長)では、ノロウイルス食中毒などによる食中毒予防の啓発普及事業の一環として「プロに習う恵方巻き作りと手洗い講習」を1月28日、小出ボランティアセンターで開催した。
 この催しは、同協会の啓発事業と魚沼市の「食まちうおぬま」の取り組みを合せて行われたもので、市内から9組の親子が参加した。 
 最初に行われた手洗い講習では、同協会の4人の「手洗いマイスター」の指導により参加者が正しい手洗いを実践。手の平と甲、指の間、親指洗い、指先、手首などをそれぞれ5回ずつ洗うよう指導された。
 洗い終えた参加者は、ブラックライトで手がきれいになったかをチャックして、もう一度洗うなど丁寧に手の洗い方を学んでいた。
 手洗いが終わるとお待ちかねの恵方巻き作り。鮨処清水家の森山良二さんを講師に迎えた講習ではサラダ巻と海鮮巻の2種類の恵方巻きを作った。
 講習ではまず、森山さんがごはんの広げ方や具の並べ方、巻いてからの形の整え方などお手本を示しながら指導し、その後は子どもたちが野菜を切るなどして材料を用意して恵方巻き作りに挑戦した。
 講習の後は試食となり、参加した人たちは自分で作った恵方巻きの出来を確認。協会員によるユーホニウムのミニ演奏会も楽しんだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一店逸品開発・集客向上事業

2017-02-04 | 17'魚沼市のニュー...
参加店が成果を報告



 魚沼市では、市内商店の商品やサービスの質を高め、売り上げ向上を目指し今年度取り組んできた「一店逸品開発・集客向上事業」の成果報告会が1月27日、小出ボランティアセンターで開催された。
 この事業は、参加店舗が意見交換しながら、サービスや技術も含む各店の逸品商品づくりを進め、それを情報発信して売り上げ向上を目指すもの。
 事業には市内の18店舗が参加。事業の委託を受けた株式会社ラフィネット総合企画の水井澄人氏を講師に7月から毎月1回程度「店づくり」と「逸品商品づくり」についてのワーキング(研修会)を行うとともに、5店舗については講師が直接店舗をまわり、店舗改善の指導も行われた。
 成果報告会では、事業の概要説明に続いてまず、店舗の改善指導を受けた店舗が成果を発表。このうちセキノヤの関和雄さんは、店内のレイアウトの改善、野菜商品の充実、季節を意識したラッピング商品などに取り組んだことを紹介し、その成果として子連れの若い客が増えてきたことやプチギフトの需要が増えていること、客単価が上がってきているなどの成果を発表。「一番変わったのは自分自身の意識」と語った。
 引き続き行われた逸品の発表では参加店が取り組みの中で新たに開発した商品などが発表され、道の駅「いりひろせ」は、車内や屋外で食べやすいスティック型おにぎりで旬の野菜、山菜、キノコを使った「雪割街道 道の駅弁」、清花園からは季節のプリザーブドフラワーをあしらった「花のフォトフレーム」が紹介されていた
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新春小・中学生書道展

2017-02-04 | 17'魚沼市のニュー...
児童生徒の力作一堂に



 平成28年度魚沼市新春小・中学生書道展(魚沼市教育委員会ら主催)が1月28、29の両日、魚沼市の小出郷福祉センター1階で開催された。
 この書道展は魚沼市の小学3年生から中学3年生までを対象に毎年開かれているもので、26年度から県立小出特別支援学校からも出品されている。書道展には合計2217点の出品があり、このうち入賞作品56点はじめ入選作品、小出特別支援学校からの作品合計730点が一堂に展示された。
28日10時からは小出郷福祉センター2階第1研修室で表彰式が行なわれ、書道展の会場には児童生徒や父母らが訪れ、自分の子どもの作品を写真に収める姿も見られていた。入賞者は次のとおり。
【大賞】秋元慈央(広神東小3年)、小宮山昊生(堀之内小4年)、髙橋心音(広神東小5年)、梅田利幸(伊米ヶ崎小6年)、皆川彩葉(小出中1年)、髙橋七夏(広神中2年)、吉田莉珠(湯之谷中3年)
【準大賞】渡邉耀(堀之内小3年)、坂大日胡(伊米ヶ崎小4年)、佐藤珠花(井口小5年)、角屋潤(小出小6年)、星琴莉(湯之谷中1年)、中澤駿太(広神中2年)、佐藤優衣(守門中3年)
【優秀賞】金澤紗也(広神西小3年)、櫻井悠姫(堀之内小4年)、五十嵐麻有(広神西小5年)、青山悠聖(広神東小6年)、佐藤玲奈(湯之谷中1年)、金澤大空(広神中2年)、坂大今日子(小出中3年)
【奨励賞】小学3年生=内山沙空(広神東)、貝瀬暖(同)、青柳瑠花(井口)、森山なつめ(堀之内)、星野めい(宇賀地)▼小学4年生=飯濱真帆(広神東)、瀬下なずな(井口)、星七美(同)、荒井日向(伊米ヶ崎)、五十嵐新薫(堀之内)▼小学5年生=名達琴音(井口)、星凛歩(同)、櫻井千尋(小出)、井口莉子(堀之内)、酒井優衣(同)▼小学6年生=佐藤琴乃(広神西)、五十嵐志帆子(広神東)、櫻井瑠那(井口)、石田咲愛(同)、小宮山芽生(堀之内)▼中学1年生=鈴木志歩(広神)、関俊傑(同)、関龍哉(湯之谷)、湯本香菜恵(同)、諏佐優衣(小出)▼中学2年生=五十嵐真奈華(守門)、佐藤友里加(広神)、高橋あさみ(同)、杉山亜理沙(小出)、角屋優(同)▼中学3年生=山口結子(守門)、小林隆輝(広神)、秋元真愛(同)、星風花(湯之谷)、渡邉咲希(小出)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア「スコップ」

2017-02-01 | 17'魚沼市のニュー...
高齢者宅で除雪作業




 新潟県が県内外に広く募集している除雪ボランティア「スコップ」による高齢者世帯等の家屋周りの除雪活動が1月21、22の両日、魚沼市大栃山で行われた。
 除雪ボランティア「スコップ」は、県内の雪処理の担い手が不足する地域での要援護世帯などの雪処理の負担軽減、都市との交流拡大、地区内のつながりの強化を目的に平成10年度から新潟県が県内外に広く募集しており、昨年12月現在で1864人が登録、このうちの約6割が県外からの登録となっている。
 豪雪地である魚沼市では毎年受け入れを行っており、今年も1月21日から2月26日まで6回の受け入れを予定している。
 今回の活動には県内外から21人が参加。農林会館で行われたオリエンテーションでは県地域政策課の職員が「皆さんの活躍ぶりには頭が下がります。ボランティアだけでなく地域の人と交流して魚沼の魅力に触れ、年間を通じた交流をお願いします」とあいさつ、地元の担当者から日程の説明などが行われた。
 この後参加者は大栃山地内の高齢者宅へ移動、家の周りにたまった屋根から落ちた雪の除雪作業を行った。
 山梨県甲府市から参加した山岡壮志さん(43)は「雪が見たい」と4年前から「スコップ」に参加、今回が6回目の活動。「雪が見られるのはこの時ぐらい。夜の懇親会も楽しみ」と笑顔を見せていた。
 また、今回は除雪技術の向上を図る「スキルアップ講習会」も活動に併せて開かれた。講習では、除雪作業の基礎を習う初級に6人、屋根雪下ろしの技術を学ぶ中級を7人が受講。越後雪かき道場指南役、野村防災の野村祐太さん、野村卓也さんを講師とした講習では約1時間の座学に続いて実技が行われ、中級の講習では安全帯をつけての屋根の雪下ろしも体験していた。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野生動物問題とビジネスチャンス

2017-02-01 | 17'魚沼市のニュー...

長岡技科大が技術開発懇談会

 長岡技術科学大学の平成28年度「技術開発懇談会」が1月19日、堀之内公民館で開催された。
 技術開発懇談会は、地域社会との連携・交流を深め、より積極的な技術開発等の推進につなげようと同大が毎年、県内各地で開いているもの。
 今回の懇談会では同大生物機能工学専攻准教授の山本麻希氏が「野生動物問題とそこに見出すビジネスチャンス」と題して講演、市内から参加した24人が耳を傾けた。
 山本氏はこの日の講演でシカ、イノシシ、サルなど野生動物による農林水産業の被害や人的被害の状況やその対策について紹介。被害対策の3本柱として、野生動物の数を管理して被害を減らす「個体群管理」、電気柵などで農作物を守って被害を減らす「被害防除」、集落周辺の森林の伐採等による「生息地管理」の3点を示した。
 イノシシについてはその繁殖特性から「減らすには7割以上の捕獲が必要」とし、具体的な捕獲の方法などについて説明した。
 また、被害防除のメインとして電気柵を紹介するとともに、サルやクマの新しい警戒システム、レーザー光を用いたカラスの飛来防止装置、ドローンでのカワウ対策なども紹介し、今の科学技術を利用した里山の循環利用についても説明していた。
 講演に続いては大学と参加者による情報交換会も開かれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪と灯りでアートを

2017-02-01 | 17'魚沼市のニュー...

コンテストの作品募集



 魚沼市では、雪を利用したロウソクの灯りアート作品の出来栄えを競う第11回結の灯り「魚沼雪洞(ゆきんどう)まつり」アートコンテスト」が今年も実施される。
 「結の灯り」実行委員会の主催、魚沼市共催。魚沼市内で1月1日から3月12日までに制作された雪を使ったロウソクの灯りアートが対象で、作品の大きさ、応募点数に制限はない。
 応募は、雪とロウソクの灯りによる作品を写真に撮って申し込むことになっており、規格は作品の大小に関わらず四つ切(ワイド可)またはデジタルカメラカラープリントA4。その他に側面などアピールしたい写真の添付可(サービス判など)。
一般部門とファミリー部門が設けられ、金賞には賞金2万円(ファミリー部門1万円)、銀賞には賞金1万円(同7千円)、銅賞には賞金5千円(同5千円)が贈られるほか、審査委員長特別賞などが選ばれる。
審査員は画家の早津剛氏を審査委員長に行われる。参加費は一般2000円、ファミリー1000円。
応募は、応募先などに用意してある所定の応募用紙に必要事項を記入し写真の裏面に添付して「結の灯り」実行委員会事務局(〒946-0041魚沼市本町1-2・NPO法人魚沼交流ネットワーク内)または(一社)魚沼市観光協会(〒946-0075魚沼市吉田1144)へ。応募締め切りは3月18日(必着)。
審査結果は4月に入賞者に直接通知されるほか、本紙などで発表される。問い合わせはNPO法人魚沼交流ネットワーク☎792-1336、(一社)魚沼市観光協会☎792-7300まで。

※写真は昨年金賞を受賞した上条コミニュティ協議会の作品

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3市町が共同で運動展開

2017-02-01 | 17'魚沼市のニュー...
宴会での食べ残し減らそう



 魚沼市、南魚沼市、湯沢町では食品ロスの削減を推進するため今年度から共同で「食べ残しゼロ運動」を実施している。
 この2市1町では、新たなごみ処理施設を共同で建設する計画が進められており、ごみの減量化についても共同で取り組むもの。
 まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間約632万㌧(家庭系約302万㌧、事業系約330万㌧)とされており、1人当たり茶碗約1杯分の食べ物が毎日捨てられていることになる。
 「食べ残しゼロ運動」は、食べ残しなどにより発生する生ごみの削減を推進するため飲食店や宿泊施設などに協力を依頼して実施されており、特に宴会の食べ残し量は、ランチ・定食の5倍と言われることから「宴会の予約時には、参加者の年齢層や男女比、好みや食べられる量を伝えましょう」、「宴会時は、開始から15分程度は席を立たず、料理を楽しみましょう」、「お開きの前の10分間は席に戻り、食べ残しをなくして気持ちよくお開きにしましょう」などの取り組みが呼びかけられている。
 また、宴会時は幹事の一言で食べ残しが減ることから「そろそろお開きの時間が近づきました。お席に戻って目の前のお料理を食べつくして、気持ちよくお開きにしましょう」など幹事への声掛けの協力も呼びかけている。
 3市町では運動の啓発のためポスター、コースター、幹事用チラシを作成し協力店を募集しており、魚沼市ではこれまでに8店が協力店となっている。運動についての問い合わせは環境課廃棄物対策室☎025-792-3055へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加