(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々

憲法9条を守ろう!「戦争法」「共謀罪」は廃止しよう!

山岳ヘリ救助有料化の件・・・これが、安易な登山行動への警鐘になればいいのですが。

2010年12月28日 19時56分58秒 | 山のこといろいろ
埼玉県議会が、山岳ヘリ救助有料化を賛成多数で議決しました。
このニュースを赤旗で見ましたが、他のニュース・新聞サイトではみつかりませんでした。この話題、一般には関心が低いのでしょうか。
なお、この問題についての私の考えは下記にあります。赤旗に掲載されている内容とは少し違い、私は「現状においては」有料化やむなしという立場です。

山岳”へり救助有料化”のうごき・・・今日の赤旗記事より http://blog.goo.ne.jp/uo4/e/3fc91f014450b07d9b32034320701e37

下記が、赤旗日刊紙12月23日掲載の記事です。

山岳ヘリ救助 有料に/埼玉県議会可決 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-12-23/2010122304_02_1.html

22日の埼玉県議会で山岳遭難者に防災ヘリコプター出動費用負担を求める条例案が自民、民主、公明各党の賛成多数で可決されました。防災ヘリ出動で、遭難者に費用負担を求める条例は他の都道府県にありません。
 条例案は県防災ヘリの緊急運航の要件などを定めたもので、自民党が提出しました。7月に秩父山中で起きた防災ヘリ墜落事故を理由に、事故の再発防止が目的としていますが、すでに存在する防災ヘリ運航の要綱に問題があったわけではなく、条例化の必要性はありません。
 自民党は当初、条例本則に遭難者負担を明記しようとしましたが、党内外から批判があがり、遭難者負担について「早急に対応する」と付則への記述に変更しました。
 本会議で反対討論を行った日本共産党の、やぎした礼子県議は「費用負担を求められることになれば、生命に関わる緊急事態でも救難要請をちゅうちょせざるを得なくなる。遭難救助の大きな障害になりかねない」と主張しました。
--------------------------------ーーーーーーーーー
★解説 再発防止に反する恐れ
 自民党が9月県議会に提出しようとした当初の条例案は、山岳遭難で登山者に責任がある場合は費用を請求できるというものでした。しかし、どこまでを山岳遭難とするのか、第三者が通報した場合や本人が支払いを拒否した場合はどうなるかなど、運用上の線引きが難しく、国に制度もないことから、県執行部は難色を示していました。そうした難題を残したまま無理やり付則に盛り込み、県に対応を求める今回のやり方は無責任だといわざるをえません。
 そもそも、防災ヘリの有料化は自民党が主張するように「山岳遭難等の発生の抑止」になるのかという疑問があります。増え続ける山岳遭難を減らすために登山界ではさまざまな取り組みがされていますが、ヘリ有料化が有効だという主張はほとんどありません。それどころか、救助要請をためらって死亡事故が増加したり、費用負担を恐れて山岳スポーツそのものが抑制されたりしかねないと、多くの専門家は否定的な影響の方を懸念しています。
 自民党は提案理由にヘリ墜落事故の再発防止を掲げました。そうであるならば山岳地帯での救助実績を積み、技術水準を上げることが欠かせません。しかし、有料化になれば救助要請は減少し、出動回数が少なくなることにつながります。それは再発防止に反する結果となるでしょう。(青山俊明)


Webでいろいろ探してみましたら、下記のようなのが見つかりましたので、リンクしておきます。

平成22年12月定例会  「警察危機管理防災委員長報告」 http://www.pref.saitama.lg.jp/page/gikai-gaiyou-h2212-4-8.html

埼玉県議会で失速 防災ヘリ有料化の再検討を http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1167?page=1

きちんとした準備、きちんとした装備などをしていたが、不可抗力と言えることでの遭難の場合、救助を要請するのにお金を取ることを条件とするのはいかがかと、もちろん私も思います。
しかし、最近の救助要請は、あまりにもいい加減なものが多いというのを見聞きします。こういう事例をすべて無料、無条件で受け入れるには、経費的な問題があるうえに、そういう行動を助長するという事もあるのではないかと思います。
したがって、状況に寄れば「救助にかかった費用を頂く」という条件をつけておくことが、とりあえずは「現時点での次善対策」かなと思うわけです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日航不当解雇許さない/国民... | トップ | 奥飛騨慕情の竜鉄也さんが亡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。