(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々

現代の治安維持法「共謀罪」絶対反対!

槍ケ岳で迷惑撮影

2010年09月12日 04時44分37秒 | 山のこといろいろ
たとえば、地下の電話線とかの工事(公共のための工事)で、車を一方通行にしてても、最近では警備のガードマンは「めいわくかけてすみません」という態度ですよ。

それなのに、自分らの営利的な行動で、登山者を規制するなんて、まったくおかしな話です。
「規制はしてない」と言ってるらしいけど、実際、ヘリコプターが飛んできて、撮影をしてるなら、その登山コースには行けないのだから、明文で規制して無くても、実質は規制しているのと同じですよ。

まして、関係官庁からは、自粛要請を出されているのに、それを無視してやってるわけで、非難されて当然の行為です。

山に登ってる人は(裏山とかの低山は別にして)、だいたいの人がきっちりと計画を立てて行動します。
槍岳山荘往復が何分、横尾での休憩は何分、上高地までは何時間、何時のバスに乗って、何時のJRに乗って帰る。
そういう計画を立てて、できるだけそれに沿うように行動するのです。
それなのに、CMの撮影ごときで登山行動を規制されるなんて、論外。腹の立つことですよ。
天候の状況などで、それが事故につながる可能性もあるかもしれないですからねえ。

ラ王CM、槍ケ岳で迷惑撮影 登山者遮り、ヘリ強行使用 asahi,com

2010.09.10 弊社が「槍ヶ岳山頂」において行ったCM撮影に関するお詫び 葵プロモーション

弊社商品のCM撮影に関するお詫び

このたび弊社商品「日清ラ王」のCM撮影に関連し、多くの皆様に多大なご迷惑をお掛けいたしましたことをお詫び申し上げます。
弊社および広告代理店は、2010年8月3日に槍ヶ岳の頂上において、男性タレントが同商品を食べるシーンの撮影をおこないました。
撮影にあたっては、地元山岳ガイドの方からの情報も得て、なるべく登山者の少ない時間帯を選びました。
また、ヘリコプターによる空撮を約30分間行いましたが、その際には頂上付近で撮影クルーが登山者の皆様に撮影へのご協力をお願いし、一部の方々には登頂をお待ちいただくこととなりました。
ご協力のお願いは、一部で言われているような、登山者を排除しようとする意図はございませんでした。
しかしながら、お待ちいただいた登山者の皆様には、事前の説明不足から予定の変更等、大変なご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。また、多くの皆様には、ご心配をおかけするとともに不快な思いをさせてしまいましたことを重ねてお詫び申し上げます。
弊社では、コンプライアンス委員会において、当CMの放送自粛と新たな内容への変更を決定するとともに、今後の再発防止体制の強化に努めてまいります。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 全鰻連会長の意見について思... | トップ | 自転車を甘く見てはいけません »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。