(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々

憲法9条を守ろう!「戦争法」「共謀罪」は廃止しよう!

どこにいるか分からない・・・・・なんで、そんなとこへ行ったんや

2011年05月03日 04時36分25秒 | 山のこといろいろ
だいたい、19人のパーティで、12人が戻っているのに、7人で行くという判断はおかしいでしょ。

もともとから、状況によりベテランと初心者は行動をわけるよとかいう方針ならわかるけど、そうでないのなら、分けたこと自体が間違いです。これは、パーティでの山登りの基本からはずれてます。

みんなが、そこそこの経験を持っており、一人一人が行動の判断をできるレベルであれば、パーティを分けてもいいと思うのですが、たぶんそういう力量を持った人の集まりではないでしょう。
そんな人の集まりだったら、「自分がどこにいるかわからない」なんて事にはなりませんよ。
おかしいと思ったら、すなおに戻っているはずです。

無事に帰ってこられることを祈りたいと思います。

携帯で「元気だが…」登山客7人戻れず http://www.sanspo.com/shakai/news/110502/sha1105022352028-n1.htm

 2日午後7時5分ごろ、鳥取県西部にある大山周辺の自然歩道で、大休峠に向かった7人と連絡が取れなくなったと登山仲間の男性から八橋署に通報があった。同署が7人の携帯に電話したところ「自分たちは元気だが、どこにいるか分からない」と話しているといい、同署などが3日早朝から捜索する。
 同署によると、7人は岡山県や香川県から来た50~60代の男女。2日朝に鳥取県琴浦町のキャンプ場から大山町に向けて山道を歩いていた。食料や防寒具は持っている。もともと19人のグループだったが、12人は途中で引き返した。
 7人が泊まった旅館の男性職員は「雪が残っていたので道に迷ったのではないか」と話した。(共同)



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オイオイ、敦賀で事故はいややで | トップ | 街の特徴生かした復興を/大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。