(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々

さあ、次は、安倍自公内閣を打倒するぞ! 憲法9条を守ろう!「戦争法」「共謀罪」は廃止しよう!

31日の裏山での遭難は知りませんでした

2009年11月09日 03時37分59秒 | 山のこといろいろ
湖南アルプスにせよ金勝アルプスにせよ、ガレ場が多いですからねえ。
それに、低山で里山だから、枝道、獣道がいっぱいあって、慣れない人なら正規の登山道と間違えることが多いでしょう。
甘く見たらダメなんですけど、経験不足な人はそのあたりがわからないのでしょうね。
マスコミの宣伝が安易すぎるんですよね。

比良は、北比良のリフト・ロープウェーがなくなってからは、登山者数がガクッと減っただろうし、荒れた道が増えてるんじゃないですか。
比良はけっこう怖いところなんですが、そういう認識がない素人が入り込んで事故を起こすんでしょうね。これも迷惑な話ですよ。

“にわか登山者”急増で遭難多発…滋賀・比良山系など

1週間で5人救助要請…滋賀県内
 秋の行楽シーズンを迎え、比良山系などで、山岳遭難が相次いでいる。10月25~31日のわずか1週間で、4件5人の救助要請があり、1人が死亡。滋賀県内の山は標高1000メートル前後で初心者向けのコースも多く、4人が70歳以上の高齢者だった。紅葉が見頃となれば、さらに入山者が増える。このため、県警などは7日、比良山系の登り口の大津市葛川坊村町で、登山客らにチラシを配って注意を呼びかけた。(川崎陽子)

 県警地域課によると、山岳救助の要請は2002年以降は20件を超え、昨年は35件。今年も10月末までで28件となっている。例年9~11月の紅葉狩りのシーズンに増え、昨年は15件、今年もすでに10件にのぼる。
 10月25日午後4時半頃、大津市の蓬莱山(1174メートル)にハイキングに来た京都府宇治市の男性(74)は仲間とはぐれ、「道に迷った」と携帯電話で救助を要請した。
 県警と大津市消防局は約20人、救助ヘリ2機態勢で捜索。しかし、26日未明から断続的に雨が降ったこともあり、捜索関係者が「震えた」と言うほど、気温が下がった。29日午後、遺体で発見された男性は綿の長袖シャツにズボン、ジャンパー、スニーカーの軽装で、死因は凍死だった。
 同月29日には、同山に単独で登っていた大阪府枚方市の男性(71)が遭難。救助されたが、「日が暮れ、周りが暗くなり、道がわからなくなった」と話したといい、県警は下山の遅れが原因とみている。
 また、同月31日には、高島市の嘉嶺ヶ岳付近と、大津市の湖南アルプスの山中で、京都市の男性ら計3人が道に迷って遭難、救助されている。
 県警などによると、県内の山は、京阪神や中京地域から日帰りできるため、ハイキングに訪れる人も多い。最近は「団塊の世代」の退職などで、山の事情に疎い中高年の“にわかクライマー”が急増。登山ルートや日程、装備を書いた登山計画書を提出しない人も多く、遭難時の捜索を困難にしているという。


“にわかクライマー”って、、、、、、
そりゃないわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 彦根城玄宮園 | トップ | リニア、、、、、、、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。