(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々

さあ、次は、安倍自公内閣を打倒するぞ! 憲法9条を守ろう!「戦争法」「共謀罪」は廃止しよう!

自分自身の歴史です。

2017年03月15日 18時54分01秒 | 毎日の日記いろいろ
電子データで保存した昔の写真などをひっぱりだして、こんなんを作ってみました。
年がいくことによっての変化がよくわかりますね。
「若い頃は良かった」「爺さんになってしまった」と嘆いても、それは一人の人間の歴史的経過における変化というもので、自然のものだからしかたがないのでしょう。

◎生まれたのは、1948年4月。京都市下京区の西七條商店街が故郷です。乙訓高校を卒業し、本屋さんに就職しました。
◎高校時代に民青に入り、3年の時に生徒会長をしました。
◎共産党に入ったのは20歳の時だと思うのですが、はっきりした記憶も記録もありません。
◎23歳の時に立命生協に入り、8年間、コックをしました。生協労組の委員長として活動しました。
◎31歳の時に、京都生協に移籍し、魚の担当者・店長・水産バイヤー・IT事業担当などの仕事をし、60歳(実際は、61歳の誕生日直前)で退職しました。
◎退職後は、「悠々自適」(嘘です) 年金者組合に入り、グランドゴルフ・ボウリング・パソコンなどを、みんなで楽しんでいます。


16歳の頃は痩せていて、58kgぐらいしかありませんでした。


20歳代の半ば頃は、山登りに熱中してましたね。
その後、労組の役員をやって、山登りは一服状態になり、35歳を過ぎたあたりから、また山とスキーに復帰しています。


40歳~50歳の間は、仕事が面白くて、仕事に熱中していました。魚の仕入れの関係で、全国の漁港を回りました。
49歳の写真は、アメリカ研修旅行でのものです。
50歳を過ぎて、また山に復帰していますが、50歳代前半は、冬山低山を一人で歩く力が残っていました。(いまはもう駄目ですよ。)


定年退職以降、急激に「爺様」になっているのがわかります。
61歳の写真はタイ旅行でのものですが、やっぱり「爺様」ですよね。
年輪とは言うものの、人生を生き抜くなかでの衰えはやむを得ないものではありながら、なかなか厳しいものだとも感じます。


①あとひと月で69歳。ボウリングに熱中。アベレージ160 ②20170311の集会に参加。ビデオ撮影中
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  #akahata 安倍首相「裁定」... | トップ |  #akahata 覚悟の提訴 勝利必... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。