(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々

憲法9条を守ろう!「戦争法」「共謀罪」は廃止しよう!

尾根に行くという話じゃなかったんですかねえ

2010年08月03日 06時19分17秒 | 山のこといろいろ
死んだ人をむち打つつもりはないですけどね。
ガイドが危険を感じてやめたのに、自分らだけで行くって、ちょっと判断がおかしかったんじゃないですか。
なんか、わざわざ死にに行ったみたいでねー。

一人は、山の経験がほとんど無かったらしいですね。
私も、若いときは、裏比良の沢登りをやってましたし、沢登りの危険は、ちょっとぐらいはわかります。
テレビで見ている限りでは、この山域は相当きついところのようで、初心者が入るには具合が悪いところのようです。
たぶん、それだから、ガイドさんも危険を感じたんでしょう。

ネットの一部では、止めなかったガイドさんにも責任があるような話も出ていますが、それはないでしょう。

日テレ記者らは水死…滝つぼで?流された?

 埼玉県秩父市の山中でのヘリ墜落事故を取材中だった日本テレビ記者ら2人が死亡した遭難事故で、埼玉県警は2日、司法解剖の結果、死因はともに水死だったとする中間報告を発表した。
 2人の遺体は沢の途中の滝つぼの岸で発見されたことも判明。県警は滝つぼでおぼれたか、上流で低体温症などを起こし、意識を失って滝つぼまで流された可能性などを視野に、詳しく調べている。
 県警によると、滝は高さが約3メートルで、滝つぼは直径7~8メートル。死亡した記者の北優路さん(30)(さいたま市浦和区)と、カメラマンの川上順さん(43)(東京都江東区)はあおむけになり、滝つぼの岸に寄りかかるようにして倒れていた。

このあと略
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 息子は自衛隊に殺された・・... | トップ | 「あの部屋が野球賭博に・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。