(新版)お魚と山と琵琶湖オオナマズの日々

さあ、次は、安倍自公内閣を打倒するぞ! 憲法9条を守ろう!「戦争法」「共謀罪」は廃止しよう!

(一読の価値あり)権力者を批判できなければ、報道機関としての価値がないのはナゼか?

2017年07月08日 10時00分25秒 | 政治的なこといろいろ
権力者を批判できなければ、報道機関としての価値がないのはナゼか? http://useful-info.com/journalist-should-criticize-power

日本の報道機関は、自分たちの社会的使命が何なのか、分かっていないのではないか?

 以前、バドミントンで世界的な実力を持つ選手が、違法な賭博行為をしていた件で重い処分を受けた。オリンピック出場が取りやめになっただけでなく、登録抹消、所属する会社を解雇されたりと、かなり厳しいものだった。顔や実名をさらして涙の謝罪記者会見したのは、まだ20代の若者だ。まるで殺人事件でも起こしたかのような扱いであった。

 確かに違法行為は悪いことだし、著名人であるが故、一般人よりも多少厳しい社会的制裁は避けられないかもしれない。しかし、大手メディアがこぞって朝から晩まで、しかも多くの日数をかけて大騒ぎする事案だろうか?せいぜい新聞3面のベタ記事扱いで十分ではないか?

 元プロ野球選手の清原和博氏は、覚せい剤取締法違反容疑で逮捕された。タレントのベッキーは不倫が原因で謝罪会見を行い、仕事をすべて失った(相手の男はほぼ無傷である)。「五体不満足」の著者として有名な乙武氏も複数の女性と不倫をしたことで非難され、自民党は参議院選で担ぎ上げるのをあきらめた。

 スポーツ選手、芸能人、タレント・・・。みんな著名人だが、公的な権力は持っていない。違法賭博や薬物使用は責められるべきだが、報道機関の集団リンチは明らかに行き過ぎである。不倫に至っては個人的な問題であり、警察が扱う案件ですらない。非力な個人を叩く方がマスコミにとっては楽だしリスクが少ないし、それが著名人であれば視聴率や部数を稼ぎやすいだろう。マスコミのことをマス「ゴミ」と呼んでいる人がいるが、言い得て妙である。肝心な仕事をほったらかしてゴシップ報道に奔走し、国民に必要な情報を提供できないならば社会的存在価値はない。


こぴーはここまで。続きは上記URLに入ってお読みください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  #akahata 世界大会成功へ全... | トップ |  #akahata 国連会議議長 ”世... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治的なこといろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。