猫依存

愛猫の思い出と漫画と日々の暮らし

キングローズが咲きました

2017-05-28 22:27:35 | 家のこと


まだつぼみがたくさんあります



来年はちゃんと誘引しようと思います…
出来たら。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芍薬と雀の子

2017-05-21 22:32:43 | 家のこと
今年も芍薬が咲きました



まだ咲き始めで蕾がたくさんあります
植えっぱなしなのに春にはこうして大輪の花を咲かせてくれます
ところで…



プランターの下にちいさい雀が…
もう羽毛は生えそろっているように見えますので
飛ぶ練習をしていて落ちたのか…

じつは庭に子雀が落ちていたのは2度目で…

前のときは思わず保護してしまったのですが間違いでした…
野鳥のヒナは拾ってはいけないとのこと
「ヒナを拾わないで」で検索すると詳しく見れますが
親鳥は10分に1回給餌をしているそうでとても人間が真似できるものではなく
またこの時期は親鳥に生きていく術を教わるのでたとえ育ったとしても
野生に返せなくなるかもしれないそうです

私も昼休みに帰って餌を与えたり庭で虫をとってあげたりもしましたが
結局死なせてしまいました…
私が拾わなければ鳴き声で親鳥が見つけて育てられたはずで
余計なことをしてしまいました

なので今回はそーっと見守ることにして写真も望遠で撮りました
なるべく庭に出ないようにして見ているとちゃんと親が餌を運んできます
親以外にも何匹かで様子を見に来ているようです
ヒナもプランターの影や芝生の根の間にじーっと身を隠して
見てると親鳥もヒナも健気で可愛くて…

どうか飛べるようになるまで無事で…と祈るのみです
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

お庭作り再開しました

2017-05-14 22:53:50 | 家のこと
昨年は身近な人が大病を患ったり
自分も疝痛を味わったりで放置していた家の庭…
その間春に植えたキングローズが大変なことに…
バラって思ったより丈夫なんですね
収集がつかないほど伸びてしまった枝を
アーチを作ってどうにかまとめました



そしてふと横を見ると今年もシャクヤクの蕾が大きく膨らんで…
周りの草取りなどするうちに柵を立てたくなったり他にもお花がほしくなったり…





これきれいですよね
思わず買ってしまいました
なんて繊細な花でしょうか…
アジサイらしいです

そんなこんなで庭いじり楽しいです
お花が満開になるのが楽しみです






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イラレであくびニャン

2017-05-03 23:04:09 | 今日の落書き
このブログを見て友人が
「おめートレースばっかしてっと
そのうち怒られっぞー」
と野沢雅子の真似をして言うので
自分で描いた絵をトレースしてみました



私の描く絵の最大の特徴であり問題点は
「おめーの絵輪郭線がすかすかだぞー」
と友人に何度も指摘を受けたとおり
まあイラレで描きづらいこと描きづらいこと…

でもこれ自分用のアイコンに使います
どこかで見かけたらお声をかけてくださいね
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「ほぼおっさん」という名の病

2017-04-02 22:35:27 | 日記
激痛を超える痛み…それを疝痛という
なにゆえその試練を与えられたのか…
この限界を超えた痛みを耐えた先に
いったい何があるというのか……

そうか、とうとうそこまで中二病をこじらせたのか…
とか言わない。

じつはわたくし昨年暮れから2月にかけて
「尿路結石」という病気になりまして
あまりの痛さにのたうちまわっておりました。

ああ、あれは痛いんだよね…とたいてい言われますが
痛い病気であることは知れわたっているようですが
じっさいなったらびっくりしますよ、痛すぎて。

あの痛みを経験したらもう…
「あ、それやったことあるわ」とか言う人がそばにいたら
今すぐ手と手をとり合って目にうっすらと涙を浮かべ、
肩をたたきあいながら「つらかったね」「がんばったよね」と
すぐに友達になれるに違いない。

しかもあれってあまり女性はならないそうで…
そのせいで腸炎だとか便秘だろうとかあらぬ疑いをかけられ
本当の病に気づかないまま2か月近く内科に通い
痛みが強くなってやっと総合病院に紹介されましたが
小柄な女性ということで痛み止めを少量しかもらえず
すぐに薬を使い切っては救急に駆け込む(ちょうど年末年始でした)と
いうことを繰り返しておりました。

泌尿器科の先生に言いたい。
あの痛みは体の大きさで変わるものではないと。
「大の男が転げまわる痛み」と言われるじゃないですか。
なんかものすごく損した気がする。
見た目が不利だった気がする。
味わわなくてすんだ痛みを無駄に味わったと言える。。。

今は痛みもなく元気に過ごしていますが
またあの痛みが来たら嫌だなあ…と思う日々です。
もうそろっと「男でも女でももうどっちでもいいや」と思えるような
お年頃ですが、病気までおっさん化するのはどうしたものかと。。。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加