ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「トンドの夢想家達展vol.4」(オル・テール)&「北見隆・齋藤賢司 展」(あらかわ画廊)

2017年01月11日 | 展覧会

昨日は、京橋と銀座のギャラリーを回ったのでございます。

まずは京橋。
ギャラリー オル・テールで初日の「トンドの夢想家達」展 vol.4
https://or-terre.jimdo.com/
(写真撮影は許可を得ておりまする。会場全体のみ可)


毎年恒例の「トンドの夢想家達」展は、いつも好きな作家さん方が参加されている事と、全作品が丸いというのもツボで、欠かさず観に行っておりますのじゃ。

今回は29名の作家の、約50点の作品が展示。
お気に入り多数でございますが、一部を作家名50音順で挙げておきまする。

★井関周《ガラテア》
大き目トンドで幻想的な作品。

★岡田富士子《ほっぱぁ》
薔薇の上の妖精とバッタ。柔らかい透明感。

★北見隆《アリス》
トンドの絵が入ったオブジェ。貼り付いたトカゲ(?)はヨーロッパの蚤の市で見つけたブリキのおもちゃだそうな。

★桑原聖美《蝶と蜜》
桑原作品独特の美しい女性にうっとり。

★高田美苗《幼薔薇》
直径10cmほどの小さな作品。色合いがとても綺麗。

★建石修志《少女は狭間に立つ》
チェスの駒に囲まれた少女の頭部。ツボな世界。

★田中信子《春の気配》
冬の夜の森のフクロウ王。他の2点も好み。

★長谷川桑知子《DNA》
つがいの鶏と卵から飛び出したヒヨコが楽しい。
もう一点の《パラドックス》も好み。

★松宮直子《Night and Day》
卓上の植物を描いた美しいトンド2点が1つの額に。

会期は1月10日~14日、1月19~21日の全8日間でございます。

そしてオル・テールのすぐ近く、あらかわ画廊でこちらも初日の「北見隆・齋藤賢司 展」
http://あらかわ.jp/kyobashi/


「トンドの夢想家達」にも1点出品している北見隆は、タブロー、ドローイング、リトグラフ、オブジェなど16点の展示。
《春の旋律》や《迷子の子鹿》などお気に入り。
オブジェは本を使ったものが多く、特に《天使篇1》がお気に入り。

齋藤賢司は、小さな作品から天井に届くくらい大きな作品まで、油彩24点の展示。
会期は1月21日まで。

銀座のギャラリー話は、長くなりますゆえまた後日。

ギャラリー巡りの途中のランチは、久々に銀座の隠れ家カフェで食べたのじゃ。


大好きな豚バラに釣られて、豚バラ肉と根菜の和風煮込みをば。


しかし煮込みは、濃い味好きのわたくしにも塩辛く感じる程で残念。
野菜たっぷりスープは美味しゅうござりました。

セットのデザートはちまいのよ。

★おまけ画像

銀座を歩いてて見かけた「贅沢お芋のパフェ」が気になるも、注文する勇気がなかった・・・
本当に美味しいのじゃろうか・・・(失礼)


★おまけ話

いつも持ち歩いてるカメラを何気なく見たら、オートにしていたダイヤルがずれてた~!
今年に入ってからずっとずれてたのに、全く気付かず撮っておったのじゃ。
いっそガムテープで固定しようかのぅ。オートしか使わんし。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« アートは「福笑い」展(ガレ... | トップ | 「WASHI 紙のみぞ知る用と美 ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。