ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「根付 江戸と現代を結ぶ造形」(三鷹市美術ギャラリー)&スイーツ食べ放題話

2017年03月08日 | 展覧会

書きそびれておる展覧会の中からひとつ、今月中に終わってしまうツボな展覧会話でございます。

三鷹市美術ギャラリー「根付~江戸と現代を結ぶ造形~」
http://mitaka.jpn.org/ticket/170114g/


小さいもの緻密細密なもの大好きなわたくし、根付も大好きなのじゃ。

これは凄い展覧会ですぞ。
「京都 清宗根付館」所蔵の、江戸から近代にかけての伝統的な根付が約60点と現代根付が約245点、計300点もの根付(印籠も含む)がずら~り展示されているのでございます。

今まで主に古い根付を観ておりましたが、現代にもこんなに多くの根付作家がいらっしゃるとは知らなんだ。
現代根付はテーマ別に展示されておりまする。
作風も素材も多種多様ですが、遊び心溢れる根付は楽しゅうござります。

5名の現代作家は個別に展示で、作品だけでなく制作道具や愛用品なども。
例えば、ヨーロッパの雰囲気な及川空観の根付コーナーでは、根付に合わせた作家私物の洋装(ヨージ・ヤマモト)がオシャレ~。

ロビーでは、ビデオ「根付技術の伝承」で8名の作家が紹介されております。
放映時間約110分で全部は観られませんでしたが、宮澤良舟の根付制作がツボ。
様々な工程を経て出来上がった細密なスズメは、まるっとした形も笑っておるような顔も愛らしさ炸裂。

本展では、身分証提示でビクセンの単眼鏡を無料で貸して下さります。
しかも嬉しい事に、4倍と6倍を選べるのじゃ。

4倍は持っておるゆえ欲しかった6倍をお借りしたところ、慣れぬせいか手ブレしてしまい、わたくしには4倍のほうが使い勝手が良いような・・・
やはり実際に使ってみねば分からぬものよのぅ。

そしてショップでは、庭園美術館の時と同様、ケースも可愛いビクセンの赤が激しく誘惑するのでございます。
やっぱり買っちゃおかな・・・
https://www.vixen-m.co.jp/item/11301_9.html

会期は3月20日まで。

話変わりまして昨日は、「しらとあきこ◎神宮字光 2人展 うさぎさくら」会期途中の打ち上げ的な会にお誘い頂き、九品仏へ。
スブニールのスイーツビュッフェ初潜入でございます。

(因みに2人展の日記はこちら↓会期は3月12日までですぞ。)
http://blog.goo.ne.jp/unut/e/f92b3cf3cce687797c37aae9d3e9f6fe

神宮字さん、しらとさん、ビスうさの素敵なお洋服を作っているミヒルさん、画家の羽住さん。
そして神宮字家のベビうさちゃんと、ミヒル家の2人の小さなうさちゃん。(それぞれご本人の作)


食べ放題のお時間は90分。食べるのじゃ食べるのじゃ。
わたくしの胃袋は、甘いものなら底なし沼なのじゃ。


お口直しのキッシュや塩味系のパンやトマトスープも、ドリンクも色々ございます。


食べ疲れて眠る方々。


和気あいあいとお喋りしながら数え切れぬ程のスイーツ食べ、たいそう楽しくあっという間の90分でありました。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「日本酒マニアック博 in 東... | トップ | 「ミュシャ展」(国立新美術館) »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。