ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

ご帰還!&「木々との対話」(東京都美術館)

2016年09月30日 | 展覧会

ただいま~!!!


取れた耳の接合手術を受け、両耳揃えて昨日無事帰ってまいりました。
病み上がりなれど、休む間もなく展覧会巡りでございます。

東京都美術館「開館90周年記念展 木々との対話─再生をめぐる5つの風景」
http://90th.tobikan.jp/exhibition.html
(舟越桂の作品以外は写真撮影可)

國安孝昌、須田悦弘、田窪恭治、土屋仁応、舟越桂の5名による、木を素材とした作品。
土屋仁応が大好きゆえ7月に行くはずが、会期末ギリギリになってしもうた。
作家ごとに展示空間が分かれております。

★土屋仁応

素晴らしい空間。ここに住みたいぞよ~。


13体の生き物は、360度どこから見ても美しく優しく愛らしい。
その目の多くは水晶で、玉眼という仏像の技法で嵌められております。

《ユニコーン》2010年 愛らしさ炸裂。


《森》2012年 大好きな作品。


《牡羊》2012年 美しい体に流し目が色っぽい。


《竜》2015年

 


《麒麟》2016年

 


《獅子》2016年


《鳳凰》2016年 この部屋唯一の霊鳥。凄い!惚れました~!


★田窪恭治

展示室には、廃材に金箔を貼った1980年代の作品。
非常に好みでございます。


1階の屋外には《感覚細胞-2016・イチョウ》
イチョウの下に敷き詰めた赤茶色のブロックの上は歩けるのじゃ。


★國安孝昌

《静かに行く人は、遠くへ行く》2016年 凄い迫力じゃ。


上の階から覗いたところ。


★須田悦弘

5点全て2016年の作品。

《バラ》 虫食いの穴までリアル。


《ユリ》 本当に壁に根を下ろして咲いているよう。


須田作品は、他の場所にもございます。
アートラウンジには《朝顔》


美術情報室(写真撮影不可)には《露草》が、『日本美術全集』の奥にひっそりと。
僅かな隙間に金色の背景、露草に光が当たって美しい。

★舟越桂

2003年から2016年までの彫刻作品6点と、ドローイング10点。
中でも2016年の彫刻《海にとどく手》がお気に入り。
撮影不可なのが残念じゃ。

5名の作家の全く異なる木々との対話、観応えござりました。
会期は10月2日までですが、お勧めでございます。
ちなみに明日10月1日「都民の日」は入場無料なのじゃ。

次回10月8日からは「ゴッホとゴーギャン展」が始まるのぅ。
実はわたくし・・・ゴッホは好きですが、ゴーギャンは・・・
ごめんよゴーギャン~


都美館の後も展覧会をハシゴいたしましたが、長くなるのでまた後日。

★おまけ画像

北海道物産展で、「白い恋人の旅路ぶどうパフェ」をば。


マルセイバターサンド大好物ゆえ、都内の北海道物産展は追っかけますのじゃ。
あればあるだけ食べてしまうので、今回は10個入りではなく5個入り購入。エヘ

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« お供のE日記★「人・形展」(... | トップ | 「カリエール展」(損保ジャ... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。