ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「芸術と魔術 オカルティズムの深層へ」(画廊珈琲Zaroff)

2017年09月16日 | 展覧会

昨日は、まちかんさん&ねこもんじくんと、画廊珈琲ザロフ「芸術と魔術 ―オカルティズムの深層へ―」を観たのでございます。
http://www.house-of-zaroff.com/ja/gallery_2nd/20170914/index.html

フランス文学者・大野英士の監修で、浅野勝美、浅野信二、坂上アキ子、衣、林由紀子、松島智里、マンタムの7名が参加。
わたくしの好きな作家ばかりで、楽しみにしておったのじゃ。

浅野勝美は、羊皮紙に描かれた鉛筆画と、桐箱に銅版画や卵の殻などを使ったオブジェ。

浅野信二は、墨と鉛筆のドローイング。

坂上アキ子は、鉛筆画2点。
どちらも細部まで美しくてお気に入りですが、特に今回のDMになっている《冥宮》にうっとり。


衣は、黒い振袖と赤い襦袢を着た青い瞳のドールが1点。

林由紀子は、鉛筆画2点。
どちらも好きじゃが、特に《魔術図書館の司書》がお気に入り。

松島智里は、コラージュ5点。
作品名をうっかりメモしそびれてしもうたが、宇宙のような作品に心惹かれましたぞ。
スパンアートギャラリーで本日から始まる個展も、後日観に行かねば。

マンタムは、呪術師の杖やら呪術師の冠やら、インパクトありありな4点で、不気味楽しゅうござります。
電球の付いている作品は、店主が電源を入れて見せて下さりました。

ツボな展覧会でありました。
会期は9月26日まで。

観終わって、新宿の果実園リーベルへ。
お店が出来て暫くはいつも空いておったが、最近はいつ行ってもほぼ満席でございます。
なれど席数も多いゆえ、並ぶ事なくテーブルに着けるのが嬉しいですのぅ。

フルーツパフェを持ってまいれ~!


おお~!毎度の事ながら、画面に入りきらぬ迫力じゃ。
季節によって変わる3種のアイスは、バニラアイスと苺アイスとメロンシャーベットじゃった。

こちらはねこもんじ君が召し上がった瀬戸ジャイアンツのズコット。
大きな葡萄がゴ~ロゴロ。


解散した後、もうひとつ展覧会を観たのでございますが、また後日、書く・・・所存・・・たぶん・・・

帰りに3日連続のマックシェイクチェルシーを飲むも、店内が混みあっておったゆえ写真は撮れんかった。

★頂き物画像

まちかんさんに頂いた、手作りのマロンパン。
中のマロンクリームも手作りで、たいそう美味しゅうござりました。


★おまけ画像

初めて入った漢方薬店で買ったナツメが巨大でびっくり。
10円玉と比較してこの大きさですぞ。
いつも輸入食材店で買う甘くてねっとりしたドライフルーツのナツメと違って、ふかふかの食感。
甘さは控え目なれど、身体には良さげじゃ。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「60の顔」後編(REIJINSHA G... | トップ | 「MISOROGI人形展」(丸善・... »

展覧会」カテゴリの最新記事