ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「ロマンティックなおもちゃ箱」(画廊珈琲Zaroff)

2017年07月31日 | 展覧会

昨日は、画廊珈琲ザロフ「ロマンティックなおもちゃ箱」初日を観たのでございます。
http://www.house-of-zaroff.com/ja/gallery_2nd/20170730/index.html


お供のEの仕事の合間を縫って頑張って駆けつけるも、開廊時間を1時間ほども過ぎてしもうた。

13名の作家のグループ展、「ロマンティックなおもちゃ箱」のお題通り、可愛い雰囲気満載でございます。

お気に入り作品を、作家名50音順で。

★コリスミカ《オヘソチャン》
ツボな鳥のぬいぐるみ。
在廊されていたご本人によるとツバメだそうな。
壁に掛かっておるゆえ後ろ姿は観られませぬが、なるほど燕尾が見えておる。

★Noe《エクウス》
鳥の顔の、馬ですかの?
面白くて可愛いぬいぐるみじゃ。

★ぴこうさ《memento mori》
両手で流れ星を持つ片耳のウサギで、可愛さとダークさ加減が良い感じ。
在廊されていたご本人から、この人形のストーリーもお伺い出来ました。

★ヒロタサトミ《ぺっちゃんこなCoco》
両手が小鳥の可愛い少女のパペット。
もう1点の《猫のパペット cat life》は、猫がオルゴールに合わせて動くようになっており、嬉しい事に店主が動かして見せて下さりました。

★深瀬優子《room》《森のなか》
小さな作品2点、どちらも可愛くてお気に入り。
特に《room》は、額に扉のようにドアノブが付けられ、アリスを描いた小さな絵の上には鍵が、下にはウサギが描かれておるのもツボ。
赤ずきんちゃんが描かれた《森のなか》は、額にも木が描かれております。
実は深瀬作品狙いで頑張って行ったのじゃが、2点ともとっくに売約済で涙。

★まちゅまゆ《箱夢》
まちゅまゆも好きな作家。
夜の窓辺、少女の頭に羽が生え船が浮かび、手元から白いライオンも飛び出す油彩。

他にも可愛い作品色々ございます。
いつものザロフとは違った雰囲気もまた楽しゅうござりました。
会期は8月8日まで。

観終わって少し時間があったゆえ、1階カフェでひとやすみ。
いつも美味しいホットココアを飲むつもりが・・・
アイスクリームをお願いいたしまする~!


久々のザロフ、屋外インスターレーションは、マンタム《残骸に在るべき夜》になっておりました。


昨日が最終日だったCASE B「バーバリー ケープ リイマジンド」展や、FALL「トリノコ ねむる作品展」や、レントゲンヴェルケ「満田晴穂個展 JIZAI」も観とうござりましたが、残念ながら時間切れで行けず残念無念。
今月末はバタバタして色々大変だったのじゃ。
来月は落ち着くとよいのぅ。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「土屋 仁応展」(日本橋高島... | トップ | 「藤原舞子展 13月のメランコ... »

展覧会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。