ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「少女たちの領域 ephemeral 2017」(みうらじろうギャラリー)

2017年09月20日 | 展覧会

昨日の日記の続きでございます。

スパンアートギャラリーの後、小伝馬町へ移動。
みうらじろうギャラリー「少女たちの領域 ephemeral 2017」を観ましたのじゃ。
http://jiromiuragallery.com/exhibition/past/20170916ephemeral.html
(写真撮影は許可を得ておりまする)

好きな作家が多数参加で初日に行きたかったのじゃが、土日はお供のEが多忙で月曜になってしもうた。

実は行くのが初めてのギャラリー、31名の作家の62作品がずらり。


撮った写真はガラスに室内が写り込んで見辛うござりますが、お気に入りや気になった作品の一部をリスト順に。

★ニコレッタ・チェッコリ《Good Girls Go Bad》 アクリル、鉛筆
今回初めて知った作家。赤白黒の色彩と、可愛い少女がお気に入り。


★深瀬優子《プールスの森曲芸団》 油彩、アルキド樹脂絵具
少女とウサギとフクロウも、色あいもお気に入り。
他の小さ目2点は、ガラスが光りすぎて撮影失敗(涙)


★濱口真央《充たされた気持ちを運ぶ香り》 アクリル
以前からネットで観て気になっていた作家。
初めて実際に観たらば、やはり美しくて見とれました。


★くるはらきみ《訪れ》 油彩
天使が訪れる家、少女たちの足元の床下には、別の小さな家族も。


★桑原聖美《ドルチェ・マリア・バンビーナ》 日本画
8月に観た《小さな金星》の少女もあどけなくて可愛うござりましたが、同じ女の子がモデルかの?


★松本潮里《まだ啼かぬ鳥》 油彩、金箔
このお方もネットでしか観た事なく、気になっておったのじゃ。
人物や鳥も、華やかな色彩も、細部まで本当に綺麗でうっとり。


★むらいゆうこ《一千光年、かなたの君へ》 絹本着彩
作家ご本人が在廊なさっており、この作品の物語や技法について説明して下さりました。


★小川香織《髪飾りⅡ》《こっちの蜜は甘いぞⅡ》 鉛筆、色鉛筆
蝶も描かれた2作品、どちらもたいそう繊細。


★Amy Sol《Lei》 油彩
今回初めて知った作家。もっと作品観てみとうござります。


★高田美苗《展翅Sreading Wings》 油絵具、アルキド樹脂絵具
蝶の少女の遠くを見るような表情も印象的。
脇に置かれていたご本人の名刺にも、この作品が使われておりました。


★吉井千恵《少女崇拝》 油彩
このお方も以前からたいそう気になっておるも、ネットでしか観た事なかったのじゃ。
色彩が物凄く美しく、眼福眼福。


好きな作家は勿論、初めて観る作家も好みな作品揃いで、楽しゅうござりました。
会期は10月9日まで。

3階にも小さな展示室がございます。
「少女たちの領域」展ではないですが、8名の作家の14点の作品が展示されておりました。


さて、この日はこの後日本橋まで行ったのに、高島屋で「浅田真央展」をやってる事を昨晩になって知ったのじゃ。
25日までに行けるかのぅ・・・

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「松島智里コラージュ 個展 ... | トップ | 「レイモン ドゥパルドン写真... »

展覧会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。