ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「美祭 BISAI」&「美祭特別企画 伊藤若冲展」(加島美術/和田画廊)

2017年04月24日 | 展覧会

加島美術和田画廊で同時開催の「美祭 -BISAI-」「美祭 特別企画 伊藤若冲展」、初日に観たのでございます。
http://www.kashima-arts.co.jp/events/index.html

若冲大大大好きゆえ、まずは若冲8点のうち7点が展示されておる和田画廊「伊藤若冲展」
(写真撮影は許可を得ておりまする)


和田画廊は初めてですが、加島美術同様ガラスケースなしでごく近くから観られるのが嬉しゅうござります。
他にお客さんはおらず、この空間を独り占めとは贅沢な事よのぅ。


お気に入りの鳥3連発。アップも載せまする。

《釣瓶に鶏図》


《蘆鴨図》


《双鶴図》


その他の作品。

《鯉図》


《関羽図》


《布袋図》


《伏見人形図》


そして、加島美術「美祭 -BISAI-」


日本画だけでなく、洋画、墨蹟など、1階2階合わせて100点近くの作品が。
若冲の残りの1つ、《笹下双鶏図》は2階の床の間に。

他にも円山應挙、酒井抱一、鈴木其一、河鍋暁斎、渡辺省亭、白隠慧鶴、富岡鉄斎、横山大観、菱田春草、下村観山、竹内栖鳳、上村松園、前田青邨、鏑木清方、東山魁夷、加山又造、藤田嗣治、山下清などなどなど、ここは美術館?と錯覚するような作品が展示販売されておりまする。

いつもの如く『1つだけお持ち帰りできるならどれじゃ?』と自問自答しつつ観るも、選びきれぬ~。
でもでもお部屋に飾るなら、加山又造の《華》にしようかのぅ。
お値段は・・・1800万・・・
たっ、宝くじが当たったら買うんだからねっ(肝心の宝くじも買っておらぬがw)
ちなみに和田画廊の若冲《釣瓶に鶏図》は、1200万でありました。

展示されておらぬ作品も色々あり、カタログで気になった作品があれば見せて下さるそうな。
400点以上も掲載されたこのカタログがまたゴージャス~。

2つのギャラリーは道路を隔ててすぐ近く。
どちらも会期は5月7日まで。ご興味ある方はぜひ。

★おまけ画像

昨日買ってみたPABLO監修チョコパイプレミアムチーズケーキ、1つだけ食べるつもりが、夜放送された結弦くんのインタビュー見ながらいつの間にか3つ食べてしもうた。エヘ
フィギュアスケートのシーズンが終わってしまい、寂しいぞよ~!

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ブリューゲル「バベルの塔」... | トップ | 「福ねこat百段階段」展(ホ... »

展覧会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。