ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「オールドノリタケ 近代輸出磁器の煌めき」やら、「五十川満 写真展 世界一美しい猫たち」やら

2017年03月15日 | 展覧会

お供のEが持病の扁桃腺で熱を出し、ここ数日間どこへも行けておりませぬゆえ、先週観て書きそびれた展覧会の中から3つほど書きまする。

アクセサリーミュージアム「企画展Vol.30 オールドノリタケ ~近代輸出磁器の煌めき~」
http://acce-museum.main.jp/exhibitions.html

アクセサリーミュージアムを訪れたのは久々なのじゃ。
祐天寺の閑静な住宅街にある個人の邸宅がミュージアムになっており、コスチュームジュエリーや美術品などが各部屋に常設展示されているのでございます。

企画展は最後のお部屋(企画展のみ写真撮影可)


オールドノリタケは、明治18年頃から昭和10年頃までノリタケカンパニーの前身の森村組と日本陶器で作られ、主にアメリカへ輸出された磁器。

こじんまりとした展示で、構成は時代別に3つのテーマに分かれておりまする。

【近代磁器の黎明】

近代輸出磁器の黎明期は、産業界の外貨獲得・殖産興業の方針のもと、技術やデザインの向上や改良が進んだのですな。


初代宮川香山の釉下彩香炉。


大正時代のベビードール(森村組MB)もおる。


【煌めきと輝き】

アメリカで好まれるようなデザインで、様々な花器や壷など作ったのでございます。


ままま眩しいっ。運気も上がりそうな黄金色のコーヒーセットじゃ。


わたくしの故郷、エジプトがモチーフの化粧セット。


【アールデコの光】

大正11年、日本陶器はアール・デコラインの生産を開始。
ノリタケ・アール・デコの重要なデザインのモチーフのひとつは女性。
デコレディの香水瓶やパウダー入れ。


シスターズボウル。


ピエロも、ノリタケ・アール・デコで多く用いられたアイテム。
ヒール靴を履いた女性のピエレッテの灰皿と小物入れ。


アール・デコは鉱物のイメージも。ジュエルコーヒーセット。


右はエジプト文様ボウル。


会期は4月29日まで。常設展も素敵でございます。

そして、フジフイルム スクエアの2つの展覧会。

富士フイルムフォトサロン スペース2「五十川満 写真展 世界一美しい猫たち」
http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s2/17030302.html
(会場内写真撮影可)


おお~、見た事もない高貴で美しい猫たちじゃ。
猫の個性を際立たせるよう、背景やライティングもこだわったそうな。


ご来場記念キャンペーンでポストカード頂きました。ありがとうござりまする~。


会期は3月16日、明日まででございます。

同フロアの写真歴史博物館では「入江泰吉 作品展『心の原風景 奈良大和路』」開催中。
http://fujifilmsquare.jp/detail/17010404.html

奈良大和路を写したカラー写真が24点。
いずれも美しく、うっとり見入ったのでございます。
こちらの会期は3月22日まで。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「ミュシャ展」(国立新美術館) | トップ | 「アートフェア東京2017」(... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。