ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

ブログ開設2周年!&「さかざきちはる おしごと展」&「ミニ2おしごと展」

2017年07月14日 | 展覧会

ブログ開設2周年おめでとう自分~!!

2周年記念の日記は、大好きなさかざきちはるの展覧会でございます。
ちと長くなりまするが、よろしければ最後までお付き合い下さいまし。

まずは、市川市芳澤ガーデンギャラリー「さかざきちはる おしごと展」
http://www.tekona.net/yoshizawa/
(会場内写真撮影可)

市川へ行くのは初めてでございます。
駅からけっこうな距離歩き、住宅街の細い道を抜け、汗だくで門に辿り着き、


緑の美しい広々したお庭を通り、


到着~。


さかざきちはる5年ぶりの大型個展、150点以上の作品が展示されておりまする。
会場はこんな感じ。


楕円形にずら~り並べた台には、[ペンギンのいるところ]
10年分の「ペンギンダイアリー」のイラストから39作品を抜粋したシルクスクリーン作品なのじゃ。


こちらは原画。
《ペンギン、チーバくんを描く》と《ペンギン、てんちゃんを描く》


[白黒さんいらっしゃい]コーナーもかわゆいのぅ。
机の上に飼い猫てんちゃんの原画《てんちゃん仕事する》


そして10周年を迎えたチーバくん。グッズもいろいろ。
真ん中の原画は《チーバくん、ペンギンを描く》


他にも、ペンギンの秘密をあいうえお順に集めた[ペンギンブック]やら、日本地図をパズルにした[チーバくんと46人のなかまたち]やら、ビクターのニッパーくん、ダイハツのカクカクシカジカやら、水彩画などなど色々ございます。
さかざきちはるのお仕事を紹介したイラストのパネルもね。

絵本が読めるコーナー。


グッズ売場もありまして、既に売切れのものもございました。
会期は9月24日まで。

そして、市川市木内ギャラリー「ミニ2おしごと展」
http://www.tekona.net/kiuchi/
(会場内写真撮影可)

芳澤ガーデンギャラリーで入場料500円を払ったらば、こちらのチケットも下さりましたのじゃ。
2カ所で同時開催とは全く知らんかった。嬉しいのぅ。

しかし芳澤ガーデンギャラリーから上り坂を歩いて約10分かかるとの事。
日陰もない炎天下で行き倒れるやも・・・と帰りかかるも、勇気を出して歩き出し、意識も朦朧と行き倒れるその時、

着いたぞよ~。ここのはずじゃが・・・森かの?


進んでゆくと、おお~、羊羹!もとい洋館じゃ!


木内ギャラリーは、旧木内別邸の洋館部分を再築したお屋敷ギャラリーだったのじゃ。
お屋敷萌えなわたくし、テンション上がるのでございます。

こちらでは、[ペンギンのいるところ]の残り46作品を中心とした展示。

展示室1は、旧応接室。
付面刳型の二重天井、マントルピースは大理石とか。


壁には《アートくんとメロディーさん》


展示室2は、旧書斎。
フランクリン型暖炉の上には風景画。オリジナルの飾り戸棚。寄木張りの床。


《チーバくんができるまで》


展示室3は、旧ベランダー。
光降りそそぐサンルームでひとやすみ。


ここからは立入禁止。2階や塔屋も見たいぞよ~。


旧木内別邸について少々。
明治45年から大正3年にかけ、約1万坪という敷地の中に、当時貴族院議員だった木内重四郎氏が建築した和洋館並列型建物。
入口付近に洋館、奥はそれよりもずっと広い和館だったそうな。


が、老朽化で和館は取り壊され、洋館部分のみ再築されたのでございます。
和館も見てみたかったのぅ。

「ミニミニおしごと展」の会期も9月24日まで。
「さかざきちはる おしごと展」へいらっしゃったなら、こちらもぜひ。
ちなみに、こちらではグッズの販売はありませぬ。

帰り、木内ギャラリー近くのバス停からJR市川駅行きのバスが出ておるではありませぬか。
しもうた、最初に市川駅からバスで木内ギャラリーへ行き、その後に芳澤ガーデンギャラリーへ行った方がずっと楽だったのではあるまいか。
いつも行き当たりばったりなわたくし、ちゃんと調べてから行きなされ~。

余談でござりますが、さかざきちはるのペンギン大好きなお供のEは、やはりペンギン好きなEの母上と、池袋にあるホテルメトロポリタンの今は無き「Suicaのペンギンルーム」に2回泊まった事がありますのじゃ。

お部屋は、さかざきちはるのペンギンづくし。
大きな円形のペンギン顔ベッド、壁の額もペンギン作品、ルームランプもクッションもぬいぐるみもペンギン、窓にはペンギンシール、床にはペンギンの足あと、テーブルの上にはお土産のペンギングッズ色々、ティータイムにはペンギンケーキ、ルームサービスの朝食にもペンギンパンケーキなどなど。

そして、さかざきちはる直筆のカードも頂けましたのじゃ。


予約を取るのが難儀で、2回しか泊まれぬうちプランが終了してしもうたが、再開して下さらぬかのぅ。
いっそ、Suicaのペンギンホテルを造って下さってもよろしくってよ~(ばきっ)

さて、市川に来たからには、里帰りカップ資料館とやらも行きとうござりましたが、残念ながら土日のみの開館。
で、この資料館をやっている麻生珈琲店へ初潜入。


他にお客さんがひとりもおらぬゆえ、店主の了解を得て店内を撮影。


アンティークのカップが展示されておりまする。


蔵書票なども。


こっこれは・・・R2D2の妹かの?


わたくしが座った椅子のクッション。


ど~ん!


ケーキはパリンカ選択。
ルーマニアのパリンカというプラムのリキュールを使った、しっとりしたケーキなのじゃ。
たっぷりの生クリームは全く甘くありませぬが、ケーキがしっかり甘いので美味しゅうござります。

コーヒーは店主のお勧め、モカ・フレンチローストをば。
酸味の強いコーヒーは嫌いゆえモカは苦手じゃったが、これは酸味がなく風味よく美味しいぞよ~。

フィリピン・コルディリエーラの幻のコーヒーとやらも気になったゆえ、また市川に行く機会あらば寄ってみねば。

★追記

麻生珈琲店に鎮座ましましていたR2D2の妹の正体を、このブログをお読みになった方が教えて下さりました。
ありがとうござりまする~!
「ベルエポック」という名前も素敵なエスプレッソマシンでございました。
これね↓
http://www.daiichifl.com/products/detail.php?product_id=93

麻生珈琲店でエスプレッソ注文したら、これで淹れて下さるのじゃろうか。
それとも飾ってあるだけなのじゃろうか。
う~む、やはり再訪して確かめたいものよのぅ。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 永見由子+日野まき+こまつ... | トップ | 「Alice 2017」展(六本木ス... »

展覧会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。