ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「鳩山郁子『寝台鳩舎』刊行記念プチイベント」(GALLERY-SAGA)など

2016年11月20日 | 展覧会

昨日は、GALLERY-SAGA(ギャラリーサガ)「鳩山郁子『寝台鳩舎』刊行記念プチイベント」へお出かけしたのでございます。
http://www.gallerysaga.com/
(会場内撮影可ですが、作品の写真はSNSなどには掲載不可)


太田出版から刊行された鳩山郁子『寝台鳩舎』の、19日.20日の2日間だけのイベント。
鳩山作品大好きでござりますゆえ、開廊前に駆けつけたのでございます。

『寝台鳩舎』の素晴らしい原画が展示販売(カバー原画は非買)され、美麗な直筆イラストサイン入りの『寝台鳩舎』や、手刷りカードなども販売。
この手刷りカードの原画や、列車のチケット型しおり(一部店舗での購入特典)の原画もございます。

初日の昨日はご本人もおいでになり、サイン会もございました。


封筒のような直筆画2点もたいそうツボ。
1枚には鳩が、もう1枚には羽のアップが、細密に美しく描かれ、鳩の切手が貼られておりますのじゃ。
欲しくてジタバタいたしましたが、整理券番号の早い方々がお迎えなさったのでございます。

面白かったのが、実際には使われなかった直筆原稿を切って箱に納めたもので、箱の表にも綺麗なサイン入りで10数点ほど出ておりました。
これは購入するとその場で持ち帰る事が出来まして、こちらの美少年と手刷りカードを連れ帰ったのでございます。


ドリンクなども用意され、美味しいぶどうジュースと手作りポテトサラダ頂きました。ごちそうさまでござりまする。


初めて食べた貴腐ワインの金平糖、めっちゃ美味じゃ。
ひと瓶丸ごと食べたいぞよ~!でもこれ、1万円くらいするそうな。


ご本人や、鳩山ファンの方々ともお話でき、たいそう楽しいひと時でありました。

『寝台鳩舎』、ネタバレになるので詳細は書けませぬが、素晴らしいですぞ。
ご興味ある方は、ぜひぜひお読みなさりませ。
ちなみに今、こちらで第1話のみお試し読みが出来まする。
http://www.poco2.jp/comic/dovecote/

昨日は、GALLERY-SAGAの前に、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション「秋の浜口陽三展 日々ぐるぐる 静物と30の『ことば』」も観たのでございます。
http://www.yamasa.com/musee/exhibitions/201609101127/


浜口陽三の銅版画約50点(油彩も1点あり)と、詩、短歌、俳句、落語、伝承あそびなどの「ことば」が約30点。
「ことば」と並んで展示されている浜口作品は、そのように見えてしまうのが面白うござります。

例えば、カラーメゾチントの《うさぎ》の隣に、八木重吉のことば「雪がふっている さびしいから何か食べよう。」
《ロビーナのさくらんぼ》の隣に、サラ・ミッダのことば「実が欲しければ花を摘まないで」などなど。

会期は11月27日まで。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「森 天飛 展」(わたなべ画... | トップ | 「荒木愛展」(画廊くにまつ... »

展覧会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。