ウェネトさまの館

ようこそいらっしゃいました。
ビスうさ・ウェネトと申します。
どうぞごゆるりとおくつろぎ下さいまし。

「オランダのモダン・デザイン」&「川口起美雄|野又穫」&ちょこっと昭島話

2016年10月31日 | 展覧会

先日観ていながら書きそびれていた、東京オペラシティアートギャラリーの2つの展覧会でございます。

★「オランダのモダン・デザイン リートフェルト/ブルーナ/ADO」
https://www.operacity.jp/ag/exh190/

建築家リートフェルト、グラフィックデザイナーで絵本作家のブルーナ、オランダの国民的玩具シリーズADOによるオランダの近代デザイン文化。

フライヤーも3種類。裏面の作品の写真も違うのよ。


って、ここまで凝るなら出品リストも用意して下さいまし~!
観応えあったゆえ適当なチラシの裏に必死でメモ取ったのに、そのメモを失くしてしまい、詳しく書けぬ鳥アタマ(涙)

リートフェルトは、お馴染みの《レッド・ブルー・チェア》などの家具や、スケッチ・模型・図面など。

ブルーナは、絵本原画やペーパーバックの表紙デザインやポスターなど。

ブルーナの原画は今までも他の展覧会で観ておりましたが、こんなに沢山の表紙デザインやポスターを観たのは初めてで、楽しゅうございます。
「ブラック・ベア」シリーズや、初期の少々ブサイクな(失礼)うさこちゃんの原画もあり。
広々とした空間と原画の展示の仕方など、会場デザインも素敵。

ADOは、デザイナーのコー・フェルズーのデザインと指導のもと、サナトリウムの患者達の作業療法(労働セラピー)で制作された玩具シリーズ。
シンプルなデザイン、はっきりした色使いの様々な玩具は、子供たちに人気あるのが納得じゃ。

リートフェルトの椅子に座ってブルーナの絵本を読めるコーナーもあり。
会期は11月23日まで。

★収蔵品展「川口起美雄|野又穫 ふたつのアナザーワールド」
https://www.operacity.jp/ag/exh191.php

これが非常に観応えあり、「オランダのモダン・デザイン」以上にツボだったのでございます。
おふたりとも幻想的且つ写実的ですが、受ける印象は全く違いますぞ。

野又穫の不思議建築物は、「凄い」という言葉しか出ぬほど圧倒されまする。

川口起美雄はテンペラと油彩の混合技法で、シュールで静かで美しく、より好みでございます。

会期は11月23日まで。
「オランダのモダン・デザイン」へいらっしゃったら、こちらもお見逃しなきよう。
ていうか、わたくしはこちらだけ再訪したいぞよ~。

★おまけ話

先日、お供のEの母上の希望で、また昭島へプチ旅行したのでございます。
今年もう3回目ゆえ、写真だけささっとな。
(ちなみに過去2回の日記はこちら↓)
1回目 http://blog.goo.ne.jp/unut/e/5f64821a78c70a915f1923d1851e90f5
2回目 http://blog.goo.ne.jp/unut/e/366e17f57af61ef438c3ba597bd3bfee

ロビーでフラッシュ使って撮ったらゾンビになってしもうたw


七五三のお飾り


部屋でもゾンビ


部屋からの眺め


お庭


森で魔女の集会に参加(ちがう)


インド料理店で、いつものバターチキンカレーとチーズナンとナンケーキ


★おまけ画像

昨夜遅くまでGPシリーズカナダ大会の動画を見ながら平らげたリンツ。
ミルクチョコの中にココナッツ風味のクリーム、南国チックなお味なのじゃ。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「切り絵作家 アグネータ・フ... | トップ | 「仏画・悉曇特別展」(曼荼... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。