Shell 収蔵庫 in goo

日本の貝を中心に世界の貝も収集。
マイコレクションを厳選して投稿しています。
採取旅行や貝仲間との交流も。

収集した貝の整理

2017年02月23日 | 

nerita系の整理を始めます。
大量にある同種のものは地域別、色彩別に ケースに入れ表示する。

ニシキアマオブネ1

コシダカアマガイ

ゴシキカノコ

ヌリツヤアマオブネ

マルアマオブネ

イナズマカノコ

アマオブネ

ニシキアマオブネ2

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショクコウラの展示

2017年02月14日 | 

ショクコウラを集めてみました。
左上からチヂミショクコウラ、バライロショクコウラ、ミサカエショクコウラ、ベニオビショクコウラ、
左下から ウネショクコウラ、ショクコウラ、カワムラショクコウラ。
この他ショクコウラには10cmクラスのものもあります。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本三大名宝

2017年01月27日 | 

左からオトメダカラ、ニッポンダカラ、テラマチダカラ。

2017.1台湾貝旅で購入。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エゾアワビのクリーニング

2016年08月11日 | 

エゾアワビをクリーニングしました。

仕上げにワセリンを少し塗ってみました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エゾアワビ

2016年07月29日 | 

エゾアワビをいただきました。
刺身になって登場。
思わずやったーって。

 

クリーニング後がどんな姿になるのか。
楽しみですねー。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平貝と大あさり

2016年02月11日 | 

近くのスーパーで平貝と大あさりなる新鮮な生き貝を見つけさっそく買いました。

平貝とはタイラギガイのことでかなり大型の貝でした。

大あさりは貝の内側が紫色でウチムラサキガイと呼ばれるものです。

北海道ではもっと大きな貝を見たことがあります。

さて食べ方ですがタイラギは貝柱は刺身で他はバター炒めにしました。

大あさりことウチムラサキは二つに割ってバター炒めに合流。

さて貝殻のほうはしっかり処理も完了しています。

スーパーにこの種の貝が出ているのは珍しいと店の方も言われてました。

ラッキーでした。( ^Ω^ )

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イモガイ系とタカラガイ系が大量に

2016年02月09日 | 

山口の貝友Fさんからゆうパック大箱で貝が届きました。

事前予告通り大量のイモガイとタカラガイ他が入っておりました。

ほとんどFさんのラベルつきです。ラベルがないと素人の私にはお手上げになる所でした。

ガンゼキボラのクリーニング未処理はきっと私を試しておられるのかもしれません。

3段目写真は私のお好みをよくご存知でとても嬉しい貝ばかりでした。

全部で245袋あり個体数ではそれ以上になると思います。

ほとんど綺麗なものばかりなので私のコレクションと入れ替えようかと思っています。

Fさんはいったん貝のコレクターとしての活動を休止すると言うことで手持ちの貝を私に託されました。

私もいずれ同じ運命になるわけで、今から託せる人を探さねばなりません。( ^Ω^ )

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーでエッチュウバイをゲッツ

2016年02月05日 | 

先日近くのスーパーでかなり標本として欠けの少ないエッチュウバイを見つけ買いました。

地元の石川産とあるので能登沖だとおもいます。

もちろんボイルして身は美味しく頂きました。

刺身で食べると実が抜きづらいのでいつもさっと湯がいています。

これも台湾へのお土産にしようかな。

( ^Ω^ )」

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サザエ

2016年01月22日 | 

近くのスーパーでかなり形のイイサザエをゲットしました。

 日本ではあるふれた貝ですが台湾の貝友には喜ばれているようです。

北方系の貝は台湾では採れないからかもしれませんね。

もちろんクリーニングしてから渡します。

あと産地のラベルですがスーパーのラベルでイイかも。

日付や産地の長崎はもちろん時価の値段も分かることだし。

( ^Ω^ )

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ショウジョウガイ

2016年01月03日 | 

2016年

 謹賀新年

  今年もよろしくお願いします。

今年の干支はさるです。

月刊沖縄と貝さんを見習ってショウジョウにひっかけました。

→漢字で書くと「猩々貝」で、 猩々と言えばオランウータンの漢名です。

なるほど・・・と言うことでこれもありかなと。

後出しですいません。

( ^Ω^ )」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丁貝

2015年12月20日 | 

地元のスーパーに「丁貝」という巻貝がパック入りで売られていました。
見た目はエゾバイ系ですがはっきりとは確信が持てずとにかくお持ち帰りしました。

どうやらエゾバイガイ系らしいのですがその先がイマイチ・・・・。

地元の漁連では「丁貝」と呼ばれており美味しい貝らしい。

今のところ「エゾバイモドキガイ」ではないかと思っております。

ところで貝の先端あたりが黒っぽいのは何かあるんでしょうか。
刺身で食べるのが美味いらしいのですがボイルして内蔵まで出す必要があり云々。

食べてみたかったー。次回はキット食べましょう。

( ^Ω^ )」 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アケミ貝大量にゲット

2015年08月16日 | 

いかだ釣りで黒鯛釣りの餌に使ったアケミ貝の残りを頂きました。

この貝の標本は殻が薄いので完品がなかなか無いようです。

釣具店で買った餌なので冷凍状態でした。おそらく韓国あたりからの輸入かな?

まずは鍋でゆでてみます。

 

まあまあ開いたので貝柱を丁寧に取り乾燥させます。

剥き身は次回の釣り餌にでも使いましょう。→冷凍

 

殻が薄いので完品は貴重でしょう。欲しい人に分けてあげることにします。

通称 アケミ貝

和名 イソシジミ

学名 Nattallia japonica

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ストアで貝採取

2015年07月19日 | 

いつものストアにこんな貝が並んでいました。
「あずき貝」?
見た目はただのバイガイなんですが。
とにかく試食をしてみました。

味付けはたまり醤油とみりん、お酒です。
なかなか美味でこれならまた食べたいと思う味でした。

さっそく残骸いや貝殻を標本にします。

バイガイはどれも味が美味しくて人気の貝ですね。
近海の水揚げが少ないので時々しか店頭に並ばないようです。

それでは自己採取の記録をとります。

はやく海に行きたいナー。
体調も回復していることだし計画だけでも・・・・・。

( ^Ω^ )」 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウロコフネタマガイ

2015年06月12日 | 

深海の巻貝です。

中央インド洋海嶺の海底深く、黒ずんだ柱から熱湯が吹き出る「かいれいフィールド」と呼ばれるエリアに生息しているらしい。

スケーリーフットと呼ばれている深海の貝です。

もちろんそんな高級で高価な貝を標本できるはずもないのでフィギュアの標本となります。

では。

 

借り物の写真から。 

ウロコフネタマガイ(スケーリーフット)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同定に活路2

2015年04月17日 | 

やはり活路のようでした。

新たな不明貝の出現にヘルプメールを送信。

それはこんな貝でした。

オトヒメザル

クイチガイサルボウ

標本ケースに入れてラベルが無いというのは手抜きです。

やはり何としてでも同定すべきでしょう。

shellsに対して失礼ってもんです。

( ^Ω^ )」 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加