うに猿歯科開業日記

痛かったら手を挙げろ!

床と壁がチラチラする

2017年07月16日 11時59分22秒 | 今日の天使

  棚の真上に完全に隠れてしまい、全く役に立たないシーリングライトを設計時はおろか施工後にも気が付いていなかったゆとり設計士が電気屋に丸投げしたまま確認を怠ったツケがまた露呈しました。

 

先日、ユニット搬入後の位置決めを暗くなるまでやっていたので夜になってからは初めて明かりを点けたのですが、待合室の床と壁にチラチラと明るさが変わる所があったのです。

 

LEDの不良品かな?吹き抜け上部の交換ってどうするんだろう?って見上げたら不良品ではなくシーリングファンの羽根と埋め込み型のダウンライトの光軸が重なっていました!

 

上司から丸投げされた下請けゆとり設計士がまたやらかしていました。

 

実務を担当する現場監督に相談したら、いずれにせよ足場を組まないといけないですねとのこと、、

 

 

設計のイロハ以前の問題で、歯科医師国家試験で例えたら100%不合格の禁忌選択肢を選んだみたいなものじゃないのかね?

 

設計に判子を押した うに猿のせいだというなら、それで良いけど、施主検査は相当厳しくなる予感ッス。

 

DAIKO シーリングファン YCF-004W6SS [YCF004W6SS]
DAIKO
DAIKO

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 客から見えないように壁を作れ! | トップ | 曳舞って知ってます? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (onisime)
2017-07-18 15:27:33
・・・・・・・一般住宅で修行を積んでから、大きい仕事に就けないとダメだと思うんですよ。
Unknown (うに猿)
2017-07-19 10:01:12
先日、初めまして副所長です。ってナンバー2らしい人が初めて現場に来ました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む