湘南徒然草

湘南に生まれ、育ち、この土地を愛し、家庭を持ち、子育てに追われ、重税に耐える一人の男の呟き。

興福寺の謎・・・奈良の旅2017

2017-06-09 18:43:09 | Weblog
奈良の旅の目的は「快慶展」を観ることでした
それは、すでに、お話ししています
実は、もう一つ目的があったのです
興福寺を観ることです

私は、ずっと、戦国時代の事を考えていて
戦国時代の発端となった応仁の乱を調べてみたのでした
そして、興福寺が奈良の中心であったことを知ったのです
奈良は、武士ではなく、興福寺が治めていたのです
私は、驚くとド同時に、大変、興味を持ったのです

「ならば、実際に、興福寺を観てこよう」

というわけです

結論から言えば
興福寺は、奈良公園の一部となっていて
寺という体裁を維持していません
公園の中に、五重塔など、いくつかの建物が残っているだけです
なんと、私が宿泊した”奈良ホテル”は
もともと、興福寺の敷地だったところに建っているのです

これは、どういうことでしょう?

興福寺は、明治維新の時に、解体されてしまったのです!
五重塔も、焼却されるところを
地元の反対で、何とか残されたのです
仏像の多くも破壊されたらしく
”阿修羅像”が残ったのは奇跡的なことかもしれません

私は”興福寺の謎”という
新たなテーマに頭が占領されてしまいそうです
いずれ、なんとかせねばならないでしょう
興福寺は、何故、破壊されたのか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「快慶展」で印象に残った作... | トップ | 陛下の譲位に想う »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-09 19:37:44
また考察する事案が見つかりましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む