湘南徒然草

湘南に生まれ、育ち、この土地を愛し、家庭を持ち、子育てに追われ、重税に耐える一人の男の呟き。

京急線の事故と我がパンタグラフ不要論

2017-05-14 15:17:42 | Weblog
金曜日(平成29年5月12日)午後6時35分頃
京浜急行生麦駅で上り線の架線が切れ
京急川崎ー上大岡間の上下線で
約3時間20分にわたり運転を見合わせました

上下線合わせて141本が運休等となり
約八万五千人の乗客が影響を受けました
幸い、怪我人等は出ませんでしたが
駅構内などは、大変な混雑と混乱に陥ったようです

私は以前に、このブログで

「パンタグラフ不要論」

を論じたことがあります

電車を蓄電池で動かし
パンタグラフも架線も無くせと主張したのです
私が心配したのは
今回のような事故ではなく、テロでした

1ヶ所切れただけで
これだけの大混乱が起きるのです
もし、同時多発テロに狙われてたら、大混乱になります
その時の対策を、政府や鉄道各社は考えているのでしょうか?

事故やテロ対策という安全面だけでなく
空気抵抗の低減や、デザインの自由のためにも
電車を蓄電池搭載型として
新しい鉄道文化の創造をして欲しいと思います
架線やパンタグラフは、どうみても時代遅れです!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 母の日 | トップ | 精神の危機をもたらすもの »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-14 20:22:08
新しい事は皆さん苦手ですね。
Unknown (Unknown)
2017-05-14 22:30:33
架線の事故への対策は進歩が見られないですよね。
Unknown (Unknown)
2017-05-15 21:25:19
電動化賛成です。景観も良くなると思いますし、未来を見据えたら今からでも遅くないので検討すべきだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む