湘南徒然草

湘南に生まれ、育ち、この土地を愛し、家庭を持ち、子育てに追われ、重税に耐える一人の男の呟き。

宗教問題は難しい・・・歴史の考察

2017-03-19 13:00:31 | Weblog
私の「歴史の考察」は、
宗教問題に至って、一時、休止とします
宗教勢力からの圧力があったわけではありません(笑)

私自身の知識不足が、どうしようも無い段階に来たからです
キリスト教どころか、仏教についてすら
私は、ろくな知識を持ち合わせていないからです

何故、ここで「歴史の考察」を一時休止するかというと
戦国時代と宗教の関係は。とても深く、重要なことであり
生半可な知識で、安易な論評をしたくないからです
宗教の深い教義にまで入り込もうとは思いませんが
やはり、基本的なところは、押さえてからにしたいのです

戦国時代と宗教問題の関係を解明しようとすると
今の私の忙しさでは、どうにもなりませんし
私の体力、気力、教養の限界を超えてしまったのです

ずっと歴史問題を考えていて
実は、このまま、もっと続けるつもりになっていたのですが
宗教問題を避けられなくなって
はたと行き止まってしまったのです

考えてみれば
人と宗教の関係は、歴史そのものかもしれません
心の問題が、人を動かし、社会を動かしていくからです
私の手に負えない世界が、歴史の本質かもしれないのです

でも、そこは悲観的にならず
今後も、私の理解できる範囲で
「歴史の考察を」を続けたいと思います

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊臣秀吉晩年の謎・・・歴史... | トップ | チャック・ベリーの死 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-03-19 19:54:03
人の心は深いですね。
Unknown (Unknown)
2017-03-21 06:52:01
根深い問題ですね。宗教の違いで戦争が起こる世の中ですから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む